【BHオークション】 AE86レビン2ドアクーペGT-APEX

この記事は3分で読めます

【BHオークション】 AE86レビン2ドアクーペGT-APEX

あわせて読みたい記事:【BHオークション】希少ハコスカ4ドアGTRレース仕様スペック

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

世界中の名車、旧車が登場し注目される「BHオークション」。中でも今回は様々なタイプの日本国産の旧車が登場。今回は、AE86型レビン/トレノのチューニングマシンに注目。


「AE86型レビン/トレノ」:概要

あわせて読みたい記事:【トヨタAE86ブラックリミテッド】限定車のスペック・特徴・価格

AE86型のレビン/トレノは、今や世界的にも人気の旧車。魅力は、車両重量は1,000kg以下、エンジンはDOHC16バルブの1,600ccというコンパクトなモデル。といっても現行車と比べると130PSのパワーは非力に感じ、実際には1980年代の後半においては「スズキ:アルトワークス」などの軽4ターボ、タービン交換でもしているカスタム仕様ならば、シグナルグランプリや峠の登りでは、負けてしまうポテンシャルでした。エンジンのフィーリングとしてはDOHCのレスポンスが3,500rpmからパワーが出てくる。それ以下のエンジン回転数はパワー、トルク共に皆無に等しい。古典的なツインカムエンジンらしく、パワーバンドにエンジン回転数が入っているかいないかで違いが劇的な印象。しかし、そこに初期の4A-Gエンジンの魅力が詰まっている。アイドリングからレッドゾーンまで約1秒というエンジンレスポンス。甲高い4A-G特有のエンジンサウンド。そして、実際の数字よりも軽く感じる車体の動き。今となってはオリジナル車両を見つけることは困難ですが、まさにFRスポーツの魅力があふれたモデルとしてファンを魅了し続けています。


「1986年式:トヨタ・スプリンタートレノ(AE86)」:スペック

  • 全長×全幅×全高(mm):4215×1625×1335
  • ホイールベース(mm): 2400
  • トレッド前/後(mm):1355/1345
  • 車両重量(kg):960
  • エンジン型式:4A-GEU型
  • エンジン種類:直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量(cc):1587
  • ボア×ストローク(mm):81.0×77.0
  • 圧縮比:9.4:1
  • 最高出力(ps/rpm):130/6600
  • 最大トルク(kg-m/rpm):15.2/5200
  • 変速比:1速3.587/2速2.022/3速1.384/4速1.000/5速0.861/後退3.484
  • 最終減速比:4.300
  • ステアリング:ラック&ピニオン
  • サスペンション前 / 後:ストラット / 4リンク
  • ブレーキ前 / 後:ベンチレーテッドディスク / ディスク
  • タイヤ:185/60R14(前後とも)

「BHオークション出品のAE86型レビン/トレノ」:スペック・価格

あわせて読みたい記事:【名機と呼ばれたエンジン】トヨタ4A-G搭載車リスト・スペック

トヨタAE86は、1983年5月から1987年5月まで生産され、スプリンタートレノ、カローラレビンの2車種をあわせ通称ハチロクと呼ばれ親しまれてきた。発売当時、ターボや前輪駆動などの先進性や利便性を追求した新メカニズムを取入れる事が日本車の主流だった。

AE86はノンターボ(NA)の1.6Lエンジンと後輪駆動にこだわり開発が勧められた。

搭載された4A-GEU型エンジンは、4バルブツインカム化されたことで吹き上ががよく、動力性能は130ps/6600rpm、15.2kg-m/5200rpmと当時としては充分な動力性能にチューニング志向の強い層の支持を受け、長く愛され続けてきた。

当個体は、1987年式のカローラレビン “AE86” GT-APEX。シャシーナンバーAE860276800。走行距離は139,000km。当時トップグレードだったGT-APEXには、パワーステアリング、パワーウィンドウが純正で装備され、定番の白黒の「パンダカラー」は、ステップの耳に錆・腐食は無くしっかりとした状態が維持され、オリジナルペイントを保っている。

内装に関しては、当時定番であったナルディ製にステアリングが交換れている以外はオリジナルを保ち、エアコンの効きも申し分もない。


オリジナルエンジンはインジェクション仕様だが、ソレックス40口径のキャブレターへと変更され、公認を取得済み。 戸田レーシングのハイカム・強化バルブスプリング が組み込まれ、エキゾーストマニホールド、マフラーも交換されている。

足回りにはテインの車高調、デフはクスコのLSD、ストラットタワーバーが装備され、足元にはワタナベ製のアルミホイールをを装着するなど、高回転になればなるほどカムに乗る感覚が感じられ、インジェクションにはない、突き抜けるような心地よいフィーリングを体感出来るモディファイが施されている1台となる。予想落札価格:¥1,500,000 – ¥2,500,000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。