【東京リベンジャーズ】吉沢亮(マイキー)のCB250Tバブの仕様・価格

この記事は7分で読めます

【東京リベンジャーズ】吉沢亮(マイキー)のCB250Tバブの仕様・価格

あわせて読みたい記事:【佐藤健】歴代彼女と上白石萌音と交際状況、愛車や人気の秘密とは

あわせて読みたい記事:【志尊淳】歴代彼女と永野芽郁との交際状況、初恋相手や愛車に注目

あわせて読みたい記事:【伊藤健太郎】愛車は旧車の理由と歴代彼女と山本舞香との交際状況

大人気のマンガ「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化され、話題となっています。その中でもマイキー役を演じる「吉沢亮」さんの愛車「ホンダ・CB250T」、通称バブの神風スペシャル仕様のカスタムが渋いと注目されています。今回は、「東京リベンジャーズ」のあらすじやキャストも含め、マイキーの愛車「バブ・神風スペシャル仕様」のスペックや価格に注目です。

あわせて読みたい記事:【小島瑠璃子】現在の愛車や原泰久とキングダムへの愛の経緯と過去


「吉沢亮さんのプロフィール」

  • 本名:吉沢亮(よしざわ りょう)
  • 生年月日:1994年2月1日
  • 年齢:26歳(2020年2月下旬時点)
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 身長:171cm
  • 体重:不明
  • 活動内容:俳優
  • 所属グループ:なし
  • 事務所:アミューズ
  • 家族構成:父・母・兄・弟2人

「実写版:東京卍リベンジャーズ」

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

累計発行部数300万部超、週刊少年マガジンで連載されるやいなや、かっこ良すぎる登場人物たちや、タイムリープと共に成長を遂げていく主人公タケミチの姿、熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、今最も10代・20代男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化されました。


「東京卍リベンジャーズ」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【シャコタンブギ】登場車種の1980年代仕様カスタムを振り返る

主人公・花垣武道(ハナガキタケミチ)は壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では年下の店長からバカ扱いされるどん底人生真っ只中のダメフリーター。ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタ、その弟・ナオトが、関東最凶の組織”東京卍曾”に殺されたことをニュースで知る。その事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落する。死を覚悟した瞬間、タケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまった。過去に戻ったタケミチはヒナタの弟ナオトに遭遇、ナオトに「10年後ヒナタは殺される。」と伝えたことにより、未来が変化した。ヒナタは救えなかったがナオトは死を避け10年後刑事になっていた。現代に戻り、刑事になったナオトに「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい!」と言われる。タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑む。


「実写版:東京卍リベンジャーズ」:キャスト・コメント

あわせて読みたい記事:【賀来賢人】愛車と半沢直樹や今日から俺はに出演するまで振り返る

北村匠海・山田裕貴・杉野遥亮・鈴木伸之ら主要キャスト7名解禁

先月解禁となった同プロジェクト発表時、原作ファンからは「キャスティングに全てがかかっている」、「タケミチ、マイキー、ドラケンはいったい誰だ!」とキャスト予想が過熱している中、今回主要キャスト7名が解禁となった。

『君の膵臓をたべたい』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、2020年1月公開『サヨナラまでの30分』をはじめ、『とんかつDJ アゲ太郎』、『思い、思われ、ふり、ふられ』など映画の公開が目白押し、若者から絶大な支持を受けている一方、ダンスロックバンド「DISH//」のボーカル&ギターとしても幅広い活躍を魅せている北村が主人公・花垣武道を演じる。

東京卍會副総長・龍宮寺堅、通称ドラケンには、昨年主演を務めた舞台「終わりのない」で令和元年度(第74回)文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞した山田が挑み、物語のカギを握る存在の橘ナオトには、『キセキ -あの日のソビト-』で俳優デビュー以降、話題の映画、ドラマ、CMだけでなくバラエティにも幅を広げ活躍中、日経トレンディによる“2020年の顔”にも選出され注目を集める杉野が決定、タケミチの天敵でキヨマサこと清水将貴を、『今日から俺は!!』劇場版の公開を控え、映画、テレビドラマ、舞台、CM と精力的に活動を続けている劇団EXILEメンバー鈴木が務める。

さらに、タケミチの親友・千堂敦を2018年第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞した「今日から俺は!!」の劇場版公開が今夏に控えている磯村が演じ、裏で暗躍する東京卍曾幹部・稀咲鉄太に昨年11月に公開した主演作『殺さない彼と死なない彼女』での好演が記憶に新しい間宮が抜擢、タケミチが挑む東京卍曾の総長・佐野万次郎、通称マイキーを昨年4月に公開しヒットを記録した『キングダム』で第62回ブルーリボン賞で助演男優賞、エランドール賞新人賞を受賞した吉沢が務めるという、豪華キャストが集結した。


「実写版:東京卍リベンジャーズ」:キャスト

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】実写版映画に登場のブラックバードのスペック

「北村 匠海 KITAMURA TAKUMI」

花垣 武道(はながき たけみち)/タケミチ 役

リアルタイムで「面白い漫画№1」と思っているほど大好きな原作だったので、武道役でお話をいただいた時は今までとはまた違った高揚感がありました。特に武道が一番好きなキャラクターでもあったので、「もし映画化されるなら絶対僕がやりたい!」と思っていましたが、原作を好き過ぎるあまり少し不安でもあります(笑)。でも共演する仲間の皆が”超強力”メンバーなので、リアルな絆や繋がりを大事にしつつ、映像の『東京リベンジャーズ』としてベストなものを叩き出せたらと思っています。


「山田 裕貴 YAMADA YUKI」

龍宮寺 堅(りゅうぐうじ けん)/ドラケン 役

最高に嬉しいです。原作が大好きでずっと読んでいましたし、中でもドラケンが断トツで一番好きなキャラクターです。原作を読みながら、勝手にドラケンのシーンで自分の声をあてて読んでいたくらいです(笑)。髪型もドラケンをやるなら(原作の)あの髪型にしたい!と本当に剃り上げることになりました。実際に仲良しでもある吉沢亮がマイキー役をやるということで、最強のマイキー&ドラケンコンビが見られると思います。期待して下さい!


「杉野 遥亮 SUGINO YOSUKE」

橘 直人(たちばな なおと)/ナオト 役

橘直人を演じます。武道がタイムリープをする中でナオトの世界線は僕が想像する以上の歪みや苦しみを伴っているんではないかと思います。今を必死に生きようと奔走するナオトと、「ナオトの今」を創っていきたいと思います。そして、24年間の中のベストオブ握手を北村匠海と交わしたいと思っています。よろしくお願いします。


「鈴木 伸之 SUZUKI NOBUYUKI」

清水 将貴(きよみず まさたか)/キヨマサ 役

原作を知ったきっかけは、周りの友達がこぞって「面白い!」と言っていたことです。だからお話をいただいた時は嬉しかったですし、実際読んでみるとただの不良漫画ではなく、主人公が時代を行き来したり、人間関係もしっかり描かれていて確かにすごく面白かったです!映画化に今自分もワクワクしています。キヨマサというキャラクターは悪役ですが、せっかく演じさせてもらうからには皆さんの記憶に残るような際立った“ワル”にしたい。外見もできる限り原作に忠実にしていくつもりなので、是非楽しみにしていて下さい。


「磯村 勇斗 ISOMURA HAYATO」

千堂 敦(せんどう あつし)/アッくん 役

お話をいただいてから原作を読ませていただきましたが、物語自体の面白さと魅力的なキャラクター達に引き込まれて、読む手が止まらなくなりました。僕が演じる千堂敦=アッくんは、未来と過去の間で“陽”から“陰”へと同じ人物なのに異なるキャラクターへと大きく変貌を遂げます。過去では赤髪リーゼント、未来ではやせ細った(トーマンの)幹部になったりと、外見の変貌も多い。大切な仲間=武道の心に何を投げられるかを考えながら、外見も内面もしっかり変化させて挑みたいです。


「間宮 祥太朗 MAMIYA SHOTARO」

稀咲 鉄太(きさき てった)/キサキ 役


原作は俳優仲間に薦められて、一気に読ませて頂きました。決していい子たちの話ではないですが、“男を学ぶ漫画”だなと思いましたし、彼らなりの信念や価値観がきっちり描かれている作品だなとも思いました。登場人物は皆、喧嘩が強くて心の中に覇気を持っているけれど、僕が演じる稀咲(キサキ)にはその中でも特に容赦の無さみたいなものがある。不良、仲間、友情。シンプルで熱いお話なんですが、そこには暗い影も確実に落ちていて。その象徴が稀咲だと思いますし、この群像劇の中で1人だけ独立したような存在になればいいなと思っております。


「吉沢 亮 YOSHIZAWA RYO」

佐野 万次郎(さの まんじろう)/マイキー 役


大人気漫画の実写化はやっぱりプレッシャーが凄いので、最初は悩みました。でも主演が別の作品でもご一緒した北村匠海君で、周りのキャストも素敵な役者さんが集まっていたので、楽しい現場になるだろうと思い、やらせて頂くことになりました。マイキーの純粋過ぎるが故の危うさと、時折見せる刺すような冷たい目。その辺を映画として見た時にオーバーになり過ぎないように、ちゃんと落とし所を見つけて演じられればと思います。あとハイキック。柔軟頑張ります。


「監督: 英 勉」

HANABUSA TSUTOMU
真正面から撮らせていただきます。生身の武道、マイキー、ドラケンはじめ愛すべきキャラクター達がみんなの為に命を張れる場所を提供してあげたいと考えてます。何卒宜しくお願いします。


「プロデューサー: 岡田 翔太」

OKADA SHOTA
楽しみにして下さっていた皆様、お待たせいたしました。今、日本を代表するキャスト&スタッフ陣が映画「東京リベンジャーズ」の為に集結致しました!英監督に「絶対面白くなるので映画化しましょう!」と飛び込んでから構想数年、、やっとここまで辿り着きました。人の為に思いっきり泣けて、人の為に思いっきり悔しがれる、ダサくてもみっともなくても諦めない。そんな”泣き虫のヒーロー”タケミチと、そんな主人公を支える最強で最高な仲間たちの物語です。誰が観てもアツくなれて、笑って、泣ける!今まで観たことの無いような最高のエンターテインメント作品にしたいと思います。タケミチのようにそれだけは私達も諦めません。10月9日が決戦です。皆様、続報をお楽しみにお待ちください!!


「東京リベンジャーズ・神風スペシャル仕様のCB250T」:概要・スペック・価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

「東京リベンジャーズ」で「吉沢亮」さんが演じるマイキーの愛車として登場するのが、「ホンダ・ホークCB250T」です。「神風スペシャル仕様」のこのモデルは、超ショートストローク型の空冷並列2気筒3バルブエンジンを搭載したホークシリーズの250cc版として、1977年7月に発売された。

2か月前の5月に登場していたホーク2(CB400T)の姉妹モデルだが、ホーク2がコムスターホイールだったのに対し、ホークCB250Tはスポークホイール。この点は、海外向けのみ販売されたホーク1に近い仕様だった。とはいえ、1年も経たない78年4月にマイナーチェンジを受け、ホーク2同様のコムスターホイールを得るとともに、タンク形状やリアサスも変更された。79年、80年も小変更をうけながら、250ccホークシリーズのベースモデルとして生産された。250ccホークシリーズには、ヨーロピアンスポーツスタイルで6速ミッションのホークCB250N(1979年)と、トリプルディスクブレーキのスーパーホーク(1980年)がラインナップされた。


「ホンダ・CB250Tホーク」:スペック

  • 全長(m) 2.135
  • 全幅(m) 0.840
  • 全高(m) 1.170
  • 軸距(m) 1.395
  • 最低地上高(m) 0.160
  • 車両重量(kg) 180
  • 燃費(Km/L) (50Km/h定地走行テスト値) 40
  • 登坂能力(tanθ) 0.42
  • 最小回転半径(m) 2.2
  • 燃料タンク容量(L) 13
  • エンジン形式 空冷4サイクルOHC2気筒
  • 総排気量(cm3) 249
  • 最高出力(PS/rpm) 26/10,000
  • 最大トルク(kg-m/rpm) 2.0/8,500
  • 潤滑方式 圧送式・飛沫式併用
  • 潤滑油容量(L) 3.0
  • 始動方式 キック式・セルフ式併用
  • クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
  • 変速機形式 常時噛合式5段
  • フレーム形式 ダイヤモンド式
  • タイヤサイズ (前)3.60S18-4PR
  • タイヤサイズ (後)4.10S18-4PR
  • ブレーキ形式 (前)油圧式ディスク
  • ブレーキ形式 (後)ロッド式リーディングトレーリング

「ホンダ・CB250T東京リベンジャーズ神風スペシャル仕様」:スペック・価格

あわせて読みたい記事:【Z10型ソアラ改】シャコタンブギ・ハジメのソアラ仕様スペック

「東京リベンジャーズ」仕様に仕上げられた「ホンダ・CB250T神風仕様」のマーキーの愛機。そのカスタム内容と価格に注目。

  • カスタム内容:カバー類メッキ、カミカゼ管、強化クラッチ、強化メインハーネス、CB400Fメーター、当時物マーシャルヘッドライト、K0テール(LED)、強化イグニッションコイル、神風ブラック塗装、カミカゼサイドカバー、カミカゼシート、メッキスイングアーム、前後バフ&パウダーコートホイール、前後ウエーブローター、ブレンボキャリパー、バブしぼりハンドル、カミカゼOWハンドルスイッチ、アジャスタブルクラッチホルダー、Z2グリップ、ハイスロ、K0ミラー、フレーム各部パウダーコート、ホリゾンタイプライトステー、HONDA三又カバー、MDIサスペンション…etc。

  • 価格:188万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。