【湾岸ミッドナイト】実写版映画に登場のブラックバードのスペック

この記事は2分で読めます

【湾岸ミッドナイト】実写版映画に登場のブラックバードのスペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【首都高速トライアル1】劇中車TBO製R30スカイラインの仕様
「湾岸ミッドナイト」は、クルマとクルマを愛する人間ドラマでファンを魅了し続けている名作です。そして、その初期から「S30型フェアレディZ:悪魔のZ」ととも登場するのが、「ポルシェ911:ブラックバード」。今回は、実写版Vシネマ映画「湾岸ミッドナイト」のブラックバード役として使用されたマシンに注目。


「パワーユニット:フルチューンフラット6」

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】 ブラックバードのモデルの人物の過去と現在

巨大なインタークーラーが鎮座する心臓部は、腰下をRUF BTRキットで3.3Lから3.4Lにスケールアップし、ヘッドもDougherty Racing製ハイカムの投入を軸にくまなく手が入る。

そこにワンオフのEXマニを介してウエストゲート式のボルグワーナーS300SXEタービンを装着。モーテックによる綿密な制御によって、ブースト1.4キロ時に最高出力600psを発揮するハイスペック。


「足回り:サスペンション、ブレーキも抜かりなし」

あわせて読みたい記事:【湾岸MIDNIGHT(ミッドナイト)】悪魔のZに挑んだ名車1

足回りもフルチューン仕様となる。930型のポルシェは特殊なトーションバー式を純正採用しているが、そのままではセッティング幅が狭すぎるため一般的なコイルオーバー式に変更。そして、ビルシュタイン改エナペタルショック+ハイパコスプリングをセットして、600psを受け止めるサスペンションを構築している。

ホイールはSSR RWB(F9.5J R11.5J)で、タイヤにはクムホV700(305/30-18)をセット。ブレーキは、ブレンボのアルミモノブロックレーシングキャリパーにディクセルローターを組み合わせて、パワーに見合ったストッピングパワーを手にしている。オートガレージTBKの“湾岸”バンパーとカーボンボンネットに確認できる飛び石の跡が本気仕様を物語る。リヤまわりは、ベルグリヤスポイラーやワンオフのGTウイングを装備して超攻撃的なフォルムを演出。なお、軽量化のためにルーフはカーボン製とし、リヤウインドウもアクリルを奢る。


「インテリア:軽量スパルタン仕様」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

内装はエアコンレスのフル軽量仕様でRWBの溶接留めロールケージを装着。車重は1150キロと超軽量。

インパネに120φのオートメーター(タコ)を埋め込み、ブリッドの海外モデル“エディルブ”のフルバケ1座というスパルタン仕様のインテリア。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。