【AppleEV】KIAと提携でアップル電気自動車関連の株価が上昇

この記事は3分で読めます

【AppleEV】KIAと提携でアップル電気自動車関連の株価が上昇

あわせて読みたい記事:【Clubhouse・クラブハウス】SNS人気の理由や注意点、株価に注目

あわせて読みたい記事:【前澤友作】総額9.5億円の愛車ゾンダZOZO、ブガッティの価格

あわせて読みたい記事:【ゆきぽよ/木村有希】彼氏や愛車、実は努力家のすっぴん画像も綺麗

アメリカが誇るIT企業の「Apple」。そして初の自動車としてかなり前から噂されていたにがアップルカーです。最近になり韓国の「ヒュンダイKIAグループ」とパートナーシップを結び生産するのでは?と噂されており、ヒュンダイの幹部も実際にアップルと話し合いがあった事を認め株価もこの30年で一番上ったりしもしていました。ヒュンダイの発表では数ある候補の内の一つで名前が上がったそうですが、「ロイター」が報じるところによると、「Apple(アップルコンピュータ)」と「韓国キア(起亜)自動車」が提携を行い、アップルが36億ドルの投資をキアに対して行なう、とのことが明らかになりました。加えて「2021年2月17日に契約を締結し、その後、アメリカのジョージア州にあるキアの工場にてアップルの電気自動車が生産される」とも述べています。


「Apple(アップルコンピュータ)のEV生産開始は早い」

あわせて読みたい記事:【マスタング・マッハE 1400プロトタイプ】1400PSのEVマッスルカーがデビュー

生産開始は早くなる見込みで、「2024年までに年間10万台を同工場で生産する」と報じられているので、生産開始はその1年前の2023年あたりとなるのかもしれません(年間40万台まで生産を増やす計画があるらしい)。※ロイターは取材先について「ソースが明らかではない」としているので、ガセネタの可能性もあるようです。比較して考えると、2020年における「テスラ」の生産台数が約50万台なので、「アップル」の掲げる「40万台」はかなり大きなスケールでもあります。


「KIA(起亜自動車)とアップルEVの関係」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935EV仕様】Bisimoto935モビーXで登場

今回、提携が明らかになった「起亜自動車」は現在「ヒュンダイ(ヒョンデ)」傘下にあり、主に普及価格帯のクルマを生産する自動車メーカーです。最近では、アウディTTのデザインに関わった「ペーター・シュライヤー」が社長を務めることでも知られ(キアには社長が3人いるらしいです。)、つい最近もBMWほかからデザイナーを引き抜いたことも報道されました。

現在のキアのラインアップとしてはモーニング(Morning)、レイ(Ray)、K3、K3GT、K5、K7、スティンガー(Stinger)、THE K9(これだけTHEがついてる)、ニーロ(Niro)、ストニック(Stonic)、ソウル(Soul)、セルトス(Seltos)、スポルテッジ(Sportage)、ソレント(Sorento)、モハーヴェ(Mohave)、カーニバル(Carnival)などのモデルラインアップ。モデルによってはハイブリッドとEVもラインアップされ、ソウルとニーロにはEVが揃います。

EVに関する経験もそれなりに持っており、これがアップルとの提携に結びついたのだと思われますが、おそらくアップルはキアのEVのバッジエンジニアリングを行なうつもりはなく、新規に開発するものと思われます。ただしキアには新規にアップルのためにEVを開発するだけのスキルに乏しく、もちろんアップルとしても自社でEVを設計するわけではなさそうです。ですからヒュンダイがキアに力を貸し、ヒュンダイの開発したE-GMPプラットフォームを共有することで、ヒュンダイとしてはE-GMPプラットフォームの開発費用を引き下げるのかもしれません。


「ヒュンダイ/KIAグループの提携企業の株価」

あわせて読みたい記事:【0-100km/h最速 ランキング】FRで加速最速ベスト10

「ヒュンダイ/起亜グループ」は、「リマック」と技術提携もしており、中国の検索大手「Baidu」や米国のチップメーカー「Nvidia」と協力して自動運転の開発に取り組んでいます。下記は「ヒュンダイ/起亜グループ」が提携している「リマック」、「Baidu」、「Nvidia」、「Apple」のそれぞれの株価チャートなっています。どの企業も上昇傾向にあります。やはり「Apple」との提携が噂される前後から上昇しているようにも見られます。

「ヒュンダイ/起亜グループ」:(GMB)の株価チャート

独立系自動車部品メーカー。駆動系の新車用部品と補修用部品が柱。現代自動車向け3割強

今回の「Apple」との提携によって上昇傾向ですが、今後の開発によって躍進していくのか期待されています。


「Baidu」の株価チャート

バイドゥ(百度)は中国でインターネット検索エンジンとオンライン広告サービスを提供。「Baidu.com」は中国語のウェブサイト、ニュース、画像、マルチメディアファイルのインターネット内の情報検索サービスを提供。コミュニティーサイト「Post Bar」、クラウド型写真ストレージ・共有「Baidu Album」などオンラインツールも展開。

今後も躍進が期待される「Baidu」。さまざまな分野でシェアを獲得して大きくなりそうです。


「Nvidia」の株価チャート

エヌビディアはグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)などのビジュアルコンピューティング技術を提供。PC向けグラフィックプロセッサ「GeForce」とメモリ製品を販売する。そのほかワークステーション向け「Quadro」、高性能コンピュータ向け「Tesla」や「3DVision」、モバイル通信向けに「Tegra」を展開。

コロナ禍の影響を若干受けたものの、2020年5月以降は上昇しています。


「Apple」の株価チャート

アップルは米国のIT機器大手。メディアデバイス、PC、スマートフォン、タブレット端末などのデザイン・製造・販売に従事し、主要製品は「Mac」、「iPhone」、「iPad」、「iPod」、「Apple Watch」、「Apple TV」などの消費者製品で、「iOS」や「iCloud」、「ApplePay」なども展開する。デジタルコンテンツやアプリも販売する。

2020年の業績は過去最高と報道されていましたが、2021年も上昇傾向が継続していきそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。