【東京リベンジャーズ】北村匠海(花垣武道)の愛車CB250Tバブ

この記事は4分で読めます

【東京リベンジャーズ】北村匠海(花垣武道)の愛車CB250Tバブ

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】山田裕貴(ドラケン)の愛車ゼファーの仕様

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

大人気のマンガ「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化され、話題となっています。その中でも主人公の「花垣武道」役を演じる「北村匠海」さんの愛車「ホンダ・CB250T」、通称バブのカスタムが渋いと注目されています。今回は、「東京リベンジャーズ」のあらすじや「花垣武道」の愛車「ホンダ・CB250T(バブ)」のスペックや価格に注目です。


「実写版:東京卍リベンジャーズ」

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】堀家一希(林田春樹)の愛車ホンダCBX400F

累計発行部数300万部超、週刊少年マガジンで連載されるやいなや、かっこ良すぎる登場人物たちや、タイムリープと共に成長を遂げていく主人公タケミチの姿、熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、今最も10代・20代男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化されました。


「東京卍リベンジャーズ」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】松野千冬の愛車スズキGSX250E(ゴキ)

主人公・花垣武道(ハナガキタケミチ)は壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では年下の店長からバカ扱いされるどん底人生真っ只中のダメフリーター。ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタ、その弟・ナオトが、関東最凶の組織”東京卍曾”に殺されたことをニュースで知る。その事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落する。死を覚悟した瞬間、タケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまった。過去に戻ったタケミチはヒナタの弟ナオトに遭遇、ナオトに「10年後ヒナタは殺される。」と伝えたことにより、未来が変化した。ヒナタは救えなかったがナオトは死を避け10年後刑事になっていた。現代に戻り、刑事になったナオトに「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい!」と言われる。タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑む。


「花垣 武道(はながき たけみち)/タケミチ 役(北村匠海)」

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】吉沢亮(マイキー)のCB250Tバブの仕様・価格

「花垣 武道(はながき タケミチ)」:声 – 新祐樹 / 演 – 北村匠海

「東京リベンジャーズ」の主人公。 1991年6月25日生、身長165センチメートル(過去)、血液型A型。バイクは名車「ホンダ・CB250T(通称:バブ)」。

タイムリープ前はボロアパートに住み、毎日頭を下げる最低な日々を送るダメフリーターだったが、ある日中学2年時に交際していた橘 日向が「東京卍會」の人間に殺され、自らも何者かに電車のホームで突き飛ばされ、殺されかけたことがきっかけでタイムリープに目覚める。喧嘩の実力は強者相手では敵わないほどの最弱だが、タイムリープを繰り返すうちに強靭な精神力を身に着け、さらに友情の絆を糧にすれば清水や稀咲のような相手と渡り合えるほどになった。


「ホンダ・CB250T」:概要・スペック・価格

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】黒川イザナの愛車ホンダCBR400F黒龍仕様

「東京リベンジャーズ」で「北村匠海」さんが演じる主人公「花垣武道」の愛車として登場するのが、「ホンダ・ホークCB250T」、通称バブです。このモデルは、超ショートストローク型の空冷並列2気筒3バルブエンジンを搭載したホークシリーズの250cc版として、1977年7月に発売されました。

2か月前の5月に登場していた「ホーク2(CB400T)」の姉妹モデルになりますが、「ホーク2」がコムスターホイールだったのに対し、「ホークCB250T」はスポークホイール。この点は、海外向けのみ販売されたホーク1に近い仕様。とはいえ、1年も経たない78年4月にマイナーチェンジを受け、「ホーク2」同様のコムスターホイールを得るとともに、タンク形状やリアサスも変更された。79年、80年も小変更をうけながら、250ccホークシリーズのベースモデルとして生産された。250ccホークシリーズには、ヨーロピアンスポーツスタイルで6速ミッションのホークCB250N(1979年)と、トリプルディスクブレーキのスーパーホーク(1980年)がラインナップされていました。

中古車価格:80万円〜100万円


「ホンダ・CB250Tホーク」:スペック

  • 全長(m) 2.135
  • 全幅(m) 0.840
  • 全高(m) 1.170
  • 軸距(m) 1.395
  • 最低地上高(m) 0.160
  • 車両重量(kg) 180
  • 燃費(Km/L) (50Km/h定地走行テスト値) 40
  • 登坂能力(tanθ) 0.42
  • 最小回転半径(m) 2.2
  • 燃料タンク容量(L) 13
  • エンジン形式 空冷4サイクルOHC2気筒
  • 総排気量(cm3) 249
  • 最高出力(PS/rpm) 26/10,000
  • 最大トルク(kg-m/rpm) 2.0/8,500
  • 潤滑方式 圧送式・飛沫式併用
  • 潤滑油容量(L) 3.0
  • 始動方式 キック式・セルフ式併用
  • クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
  • 変速機形式 常時噛合式5段
  • フレーム形式 ダイヤモンド式
  • タイヤサイズ (前)3.60S18-4PR
  • タイヤサイズ (後)4.10S18-4PR
  • ブレーキ形式 (前)油圧式ディスク
  • ブレーキ形式 (後)ロッド式リーディングトレーリング

「花垣 武道(北村匠海)のホンダ・CB250T(バブ)」:スペックと価格

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】乾青宗の愛車ヤマハRZ350ナナハンキラー

「東京リベンジャーズ」の主人公である「花垣 武道(北村匠海)」の愛車は名車「ホンダ・CB250T(バブ)」です。「東京リベンジャーズ」仕様に仕上げられたバブ、「ホンダ・CB250T花垣武道仕様」のカスタム内容と価格に注目。

  • カスタム内容:カバー類メッキ、カミカゼ管、強化クラッチ、強化メインハーネス、CB400Fメーター、当時物マーシャルヘッドライト、K0テール(LED)、強化イグニッションコイル、神風ブラック塗装、カミカゼサイドカバー、カミカゼシート、メッキスイングアーム、前後バフ&パウダーコートホイール、前後ウエーブローター、ブレンボキャリパー、バブしぼりハンドル、カミカゼOWハンドルスイッチ、アジャスタブルクラッチホルダー、Z2グリップ、ハイスロ、K0ミラー、フレーム各部パウダーコート、ホリゾンタイプライトステー、HONDA三又カバー、MDIサスペンション…etc。

  • 価格:188万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。