【伊藤健太郎】愛車は旧車の理由と歴代彼女と山本舞香との交際状況

この記事は6分で読めます

【伊藤健太郎】愛車は旧車の理由と歴代彼女と山本舞香との交際状況

あわせて読みたい記事:【賀来賢人】愛車と半沢直樹や今日から俺はに出演するまで振り返る

あわせて読みたい記事:【広瀬すず】愛車と映画いのちの停車場のあらすじや出演者コメント

あわせて読みたい記事:【秋元才加】愛車と山猫は眠らないのあらすじとハリウッドについて

今夏最大ヒット『今日から俺は!!』で注目されている「伊藤健太郎」さん。『今日から俺は!!劇場版』は2020年公開邦画作品で“初”の興行収入40億円を突破しています。(※公開31日間 8月16日時点)また2019年9月~2020年3月に放送された、朝のNHK連続テレビ小説『スカーレット』にも出演して話題となりました。その「伊藤健太郎」さんの愛車や交際相手、最新作の映画に注目します。


「伊藤健太郎さんが語る愛車」

あわせて読みたい記事:【山本美月】結婚を発表した彼女の旧車への思いと真夜中のスーパーカーAE86のスペック

「伊藤健太郎」さんは憧れの車として旧車について語っているインタビューがあります。その中で、「昔から、車が大好きで。子どもの頃の写真を見返しても、手にしているおもちゃがほぼ車なんですよ。その理由は、どうやら爺ちゃんにあるらしい。僕がまだ幼い頃、爺ちゃんは『ジェンセン・ヒーレー』という真っ赤なオープンカーに乗っていて。なかなか寝つかない僕をその車に乗せてドライブに行ったり、エンジン音を聞かせて寝かしつけていたらしいんです。その記憶が潜在的に残っているのか、今も車に乗るとソッコー眠れるんですよ(笑)。エンジン音とか気にならないし、むしろ心地よくて爆睡」とコメントしています。「伊藤健太郎」さんは旧車好きだということで愛車もこだわりの旧車でしょう。憧れの「ジェンセン・ヒーレー」については下記をご覧ください。


「伊藤健太郎さん憧れの旧車」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード6】 劇中車両のジェンセン・インターセプター

「伊藤健太郎」さんが憧れる旧車は、かなり渋い「ジェンセン・ヒーレー」という車。この車はイギリスの自動車メーカー、ジェンセン・モーターズが1972年から1976年まで製造販売した2座席オープンスポーツカー。オースチン・ヒーレー3000(ビッグ・ヒーレー)など、イギリス製スポーツカーの輸入販売で成功したアメリカの自動車販売業者、ジェル・クヴェール(Kjell Qvale )が、1970年代のビッグ・ヒーレーを自ら生産することを夢見てジェンセン・モータースの株を買い取り、ドナルド・ヒーリーを会長に招聘、息子のジェフリーも役員に迎え入れて開発したスポーツカー。1972年3月、ジュネーブショーでデビュー。当時の時流をそつなく採り入れた、やや没個性的なデザインはジェフリー・ヒーレーのデザインで、当時北米市場で人気上昇中であった初代日産・フェアレディZ(S30系)に近いボディサイズ。

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

ジェンセン・ヒーレー最大の魅力はエンジンで、当初はフォードやBMWの各種ユニットが試された後選ばれたのはロータスがボクスホール・ヴィクターのユニットをもとに新開発したコッグドベルト駆動、16バルブの直4DOHC1,973cc(LV220型)であった。ヨーロッパ向けのデロルト・ツインキャブ付きでは142馬力/6,500rpm、18.0kgm/5,000rpmを発し、最高速度は195km/hに達した。このユニットはロータス・エリート(第二世代)、ロータス・エスプリにも搭載され、その後排気量拡大やターボ化も行われ、1970年代から1980年代にかけてロータスの基幹エンジンとなった。エンジン以外の機構はオーソドックスで、ギアボックスはサンビーム・レイピアH120用の4速ギアボックスであり、前後サスペンションやステアリング機構はボクスホール・フィレンザから、フロントブレーキはモーリス・マリーナの流用と、英国スペシャリストメーカーの定石通り、量産車のコンポーネントを巧みに利用していた。初期モデルは“オーナーがフィニッシュするクルマ”と皮肉られたほど仕上げが悪かったことも、またスペシャリストメーカーの製品の定石通りであった。

ジェンセン・ヒーレーは1970年代前半にまったく新たに開発された数少ない英国製スポーツカーであり、それにふさわしい豪快な動力性能と洗練された運動性能を有していた。日本仕様は米国輸出仕様同様ストロンバーグ製ツインキャブ付きとなり、若干のパワーダウンを余儀なくされて当時の輸入元コーンズにより輸入された。日本仕様車をテストした当時のカーグラフィック誌1973年2月号によると、最高速度は185.56km/h、0-400m加速15.55秒、0-100km/h加速6.21秒という俊足で、2,000ccながらフェアレディZのトップモデル・240ZGに匹敵する性能。

あわせて読みたい記事:【S30型240Z】 奇跡のノンレストア極上車のスペック・価格

1973年秋にはMk2に発展、側面にサイドモールが追加され、工作水準もダッシュボードにウッドパネルが追加されるなど高級車メーカー、ジェンセンにふさわしく改善され、エア・コンディショナーやハードトップも装着可能となった。1974年以降のアメリカ輸出仕様車にはゴム製の大型バンパーが追加され、1975年型からはギアボックスがゲトラグ製5速MTに変更された。しかし、1973年の第一次石油危機で大型モデルの売れ行きが不振となったジェンセンは1975年夏に経営危機に陥り、事実上の倒産に追い込まれ、バックオーダーを抱えていたため管財人の元でしばらくは操業を続けたものの、1976年5月についに廃業に追い込まれ、ヒーレーも消滅することとなった。

生産台数はMk1(1972年3月–1973年5月、シャシー番号10000 – 13349)が3,356台、Mk2(1973年8月–1975年9月、シャシー番号13500–20504)が7,142台の、計10,498台であった。姉妹車として2+2スポーツワゴンのジェンセン・GTが1975年にデビュー、翌年の操業中止までに509台生産された。


「伊藤健太郎さんと北村匠海のとんかつDJアゲ太郎」

あわせて読みたい記事:【長瀬智也】愛車とジャニーズ退所の理由やこれまでの恋愛について

「猫」のYouTube再生回数3,800万回越えも話題の「北村匠海」さんと「伊藤健太郎」さんが夢の共演を果たす映画『とんかつDJアゲ太郎』。共に1997年生まれ、プライベートでも親交があるという2人。本作で主人公・勝又揚太郎(通称・アゲ太郎)を演じ、コメディに初挑戦した北村さんと、アゲ太郎のライバルであり、大人気DJの屋敷蔵人を演じた伊藤さん。 アゲ太郎は、渋谷の老舗とんかつ屋「しぶかつ」の跡取り息子だが、ひと目惚れした山本舞香演じる苑子を射止めるため、「とんかつDJ」を目指すことを決心する、勢いと勘違いが持ち前のお調子者のキャラクター。反対に屋敷は、IT企業の社長でありながら、人気DJとしても活躍する天才的な才能を持つキャラクターだ。 解禁されたのは「しぶかつ」の制服に身を包んだアゲ太郎と、ニット帽に眼鏡姿の屋敷がDJブースで並んでいるカット。 さらに、サングラスに手作りのDJセットでノリノリのアゲ太郎や、打って変わってヘッドホンを片耳に当て、クールにDJをこなす屋敷の姿など、彼らのキャラクターが伝わるカットとなっている。 北村さんと伊藤さんは同い年であり、ドラマ「仰げば尊し」(2016)で初共演してからプライベートでも仲が良いという。北村さんは「公私ともに付き合いのある健太郎といいライバル関係を演じられたのは感慨深かったです」とコメント。また、伊藤さんも「17、8歳から『売れような』って切磋琢磨してきた匠海とこんないい形で共演できたことは夢のようです」と感激しており、盟友として活動してきた2人の念願の再共演作となる。 「仰げば尊し」以来、北村さんは『君の膵臓をたべたい』や『君は月夜に光り輝く』『サヨナラまでの30分』、ドラマ「グッドワイフ」など、コンスタントに映画・ドラマに出演、「DISH//」でのアーティスト活動でも、アーティストが一発撮りのパフォーマンスを届けるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」であいみょんが作詞作曲を手掛けた「猫~THE FIRST TAKE ver.~」が大反響を呼んでいる。 伊藤さんも映画『コーヒーが冷めないうちに』『惡の華』や、劇場版が大ヒットとなっている「今日から俺は!!」、NHKの時代劇ラブコメ「アシガール」や連続テレビ小説「スカーレット」での好演も記憶に新しい。さらに、北村さんが出演する映画『思い、思われ、ふり、ふられ』と伊藤さんが出演する映画『弱虫ペダル』が8月14日(金)より同日公開、2人とも話題作への出演が絶えず、芸能界に欠かせない存在となっている。 そんな勢いの止まらない2人が満を持して再共演する本作。プライベートでも切磋琢磨し、お互いに高め合ってきた彼らだからこそ出せる、アゲ太郎と屋敷の熱いライバル関係に注目。 『とんかつDJアゲ太郎』は10月30日(金)より全国にて公開。


「伊藤健太郎さん交際相手遍歴」

あわせて読みたい記事:【滝沢秀明】 ジャニーズ副社長としてのこれまでの改革活動と愛車

  • 歴代彼女1人目【田中日奈子】→噂止まり
  • 歴代彼女2人目【広瀬すず】→噂止まり
  • 歴代彼女3人目【黒島結菜】→噂止まり
  • 歴代彼女4人目【橋本環奈】→噂止まり
  • 歴代彼女5人目【玉城ティナ】→噂止まり
  • 歴代彼女6人目【山本舞香】→交際

「伊藤健太郎さんと交際している山本舞香さん」

あわせて読みたい記事:【永山瑛太】愛車と木村カエラと注目の交際相手の関係の実情と今後

「伊藤健太郎」さんは交際している「山本舞香」さんですが、すでに同棲しているという報道があります。交際スタートからの馴れ初めや交際の確証を見てみましょう。「伊藤健太郎」さんと「山本舞香」さんの馴れ初めは「共通の友人だった女優を介して、グループで食事する仲になった」と言います。そして2019年に撮影された2020年夏公開予定の「とんかつDJあげ太郎」での共演が更に2人の仲を縮めたようです。また「今日から俺は!!劇場版」でも2人は共演していると言います。ちなみに「とんかつDJあげ太郎」の主役である「北村匠海」さんと「伊藤健太郎」さんはプライベートでも親しく、その「北村匠海」さんが女優の「石井杏奈」さんと仲がよいと言うことで、「山本舞香」さんも含めて4人で頻繁に食事をするようになったことも2人の距離が縮まった要因の1つです。では、交際の確証はあるのでしょうか。


「伊藤健太郎さんと山本舞香さんの交際の確証」

あわせて読みたい記事:【手越祐也】愛車ランボルギーニの価格と実名本で公開された芸能人

「伊藤健太郎」さんと「山本舞香」さんの匂わせ疑惑とはお揃いのアクセサリーを付けた画像を堂々とSNSなどに載せていると言うものです。「伊藤健太郎」さんの薬指に「山本舞香」さんが着けていた指輪と同じものが着いています。また、SNSで明らかに同じ店で食事している画像をそれぞれが載せています。双方の事務所は「プライベートは本人にまかせております(山本舞香さんの事務所)」、「親しい友人だと聞いております(伊藤健太郎)」と肯定はしないものの、特別否定もしていません。


「伊藤健太郎さんと山本舞香さんは同棲している」

あわせて読みたい記事:【山下智久】愛車のスペックと恋愛相手モデルのマリア愛子について

2020年1月2日の夕方に都内の住宅街で普段着姿の山本舞香さんと伊藤健太郎さんが目撃されており、2人はキャップとマスクで顔を隠し、近所のスーパーへ向かいました。そして買い物を済ませた2人は連れ立ってマンションの中へ消えていったようです。2人が同棲を始めたのは、2019年の末頃と言われており、お互いの愛犬を連れて散歩したり、同棲しているマンションから仕事へ向かうなど人目もはばからず同棲生活を楽しんでいるようです。同棲中のマンション周辺では2人は良く目撃されているようです。


「山本舞香さんのプロフィール」

  • 名前:山本舞香(やまもとまいか)
    生年月日:1997年10月13日(2020年現在22歳)
    出身地:鳥取県米子市
    血液型:B型
    身長:155cm
    体重:推定40kg
    趣味:人間観察
    特技:空手
    資格:空手初段
    所属事務所:インセント

「伊藤健太郎さんのプロフィール」

  • 名前:伊藤健太郎(いとうけんたろう)
    別名義:kentaro(旧芸名)、健太郎(旧芸名)
    生年月日:1997年6月30日(2020年現在22歳)
    出身地:東京都
    身長:179cm
    体重:推定65kg
    趣味:料理、スノーボード
    特技:バスケットボール、ドロップキック
    所属事務所:aoao
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。