【ワイルドスピード9】最新作ジェットブレイクの劇場公開について

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピード9】最新作ジェットブレイクの劇場公開について

あわせて読みたい記事:【レディ・ガガ】MVの911に登場のウラカンEVOがオークション

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】ベストヒット映画興行収入ランキング

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】北村匠海(花垣武道)の愛車CB250Tバブ

映画史に残る大ヒットのカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズ。振り返って見るとキャストも使用される劇中車両も素晴らしい。特に車は、世界的な名車、旧車、スーパーカー、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げます。初期の「ワイルドスピード」では日本の国産スポーツカーが多く登場しスポコンカスタムを流行させました。シリーズの9作目にあたる最新作の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は予告編が公開されるとわずか24時間で5億回の再生回数を突破。シリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、新型コロナウイルスの影響によって2度の公開予定日延期を経て、当初の予定より約1年後の2021年5月28日に公開となった。これまでにスピンオフを含めて9作品が公開されている「ワイルドスピード」シリーズですが、主人公ブライアンを演じた「ポール・ウォーカー」の不慮の死を乗り越え、全世界に熱烈なファンを持つシリーズへと成長しています。そして、「ワイルドスピード」の魅力といえばど迫力のカーアクション。アメリカ車はもちろんのこと、日本の国産車からヴィンテージカーまで様々な車が登場し、キャラクターたちが乗りこなしてきたことでも人気となりました。


「劇場公開のワイルドスピード9/ジェットブレイク」:コメント

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェイコブの設定についてジョン・シナがコメント

多くの新作映画がストリーミング配信となる中で「ワイルドスピード9/ジェットブレイク」は劇場公開となっています。今回の劇場公開に際してドミニク(ドム)を演じる「ヴィン・ディーゼル」は、イギリスの「Total Film」のインタビューで次のようにコメントしています。

「劇場での経験というものに力を注いできた。俺はこの人生をそれに捧げてきたんだ。みんなが一緒に見に行きたいと思う作品とともに5月28日に劇場に戻れると分かっているのは最高の気分だよ」

また「ジョン・シナ」が演じるドムの弟ジェイコブが登場する予定ですが、「ジョン・シナ」も、「『Fast 9』は間違いなく映画館に行く理由だ」とファンにメッセージを送っています。

ちなみに「ワイルド・スピード」は、アメリカのフロリダ州オーランドにあるユニバーサル・オーランド・リゾートのなかの1つであるユニバーサル・スタジオ・フロリダに、本シリーズがテーマの「Fast&Furious: Supercharged」というアトラクションがあります。3Dメガネによって時速100マイルを超えるカーチェイスを全身で体験できるもので、映画館での映画鑑賞に引けを取らない経験が出来るアトラクションです。アトラクションがオープンした時には、「ヴィン・ディーゼル」も喜んでプレミアイベントに参加していたようです。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード】スピンオフスーパーコンボシリーズ2を製作

世界的大ヒットとなっている「ワイルドスピード」シリーズの最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のあらすじとは?

舞台は前作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の5年後という設定。ドミニクは以前交際していたエレナとの間にできた息子ブライアンの良き父となるために、レティと共に平和な毎日を過ごしていた。ところがある日、何者かによってブライアンが誘拐される…。誘拐犯を追った先で見つけたのは、ドミニクの実弟ジェイコブ。彼はなんと、過去の敵であったサイファーの部下となっていた。自身の兄を越えるため、ドミニクの仲間に攻撃し始めるジェイコブ。自分の本当の家族との再会に動揺を隠せないドミニク。しかしドミニクは、苦楽を共にしてきたファミリーが危険にさらされることに憤慨し、実弟との戦闘に踏み切る!


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:キャスト

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ワイルドスピード×3に登場人物たちが復活

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」には、主人公の「ヴィン・ディーゼル」が演じるドミニク・トレットはもちろん、ローマン・ピアース役の「タイリース・ギブソン」、レティ・オルティス役の「ミシェル・ロドリゲス」、ミア・トレット役の「ジョーダナ・ブリュースター」、サイファー役の「シャーリーズ・セロン」、ラムジー役の「ナタリー・エマニュエル」、テズ・パーカー役の「クリス・“リュダクリス”・ブリッジス」といったレギュラーメンバーが続投しています。さらに、「ジョン・シナ」がドミニクの弟役ジェイコブ・トレットとして参加することに。また、アーティストの「カーディ・B」も出演しているという豪華キャスト陣となっています。しかし、ルーク・ホブス演じる「ドウェイン・ジョンソン」と「デッカード・ショウ」演じるジェイソン・ステイサムは、今回の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」には参加していません。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

また「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で最も人々を驚かせたのは、2006年に公開されたシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で命を落としたと思われていたキャラクター、ハンのカムバック。

予告編で何事もなかったかのようにファミリーの基地を訪ねてくるハンの姿に、ファンは大歓喜しました。ハンの生存がわかった日、何者かがすぐさまハンを演じる俳優「サン・カン」の英語版のウィキペディアを改変して、「サン・カンは死から逃れられるアメリカ人俳優。映画『ワイルド・スピード』シリーズの不死身の男、ハン役として知られている」と記述。 ハンだけでなく、ハンを演じる「サン・カン」まで不死身とするかのような書き方に変えられた。もちろんその後修正されましたが、いち早くその記述を発見したファンはSNSで大喜びの様子だったということです。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ハン復活でサン・カン不死身伝説が築かれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。