【佐田正樹】愛車カワサキ350SS(S2A)マッハⅡ佐田ビルダーズ仕様

この記事は4分で読めます

【佐田正樹】愛車カワサキ350SS(S2A)マッハⅡ佐田ビルダーズ仕様

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

お笑い芸人のバッドボーイズで有名で総長系YouTuberとしても人気がある「SATAbuilder’s(佐田ビルダーズ)」の「佐田正樹(作田晴男)」さん。10代の頃は元暴走族でバイクを族仕様に仕上げて乗り回していたこともありバイクが大好きということです。そして、そのバイク愛が凄いということで注目となっています。今回は、「佐田正樹」さんの愛車のバイク編として「カワサキ・350SS(S2A)」に注目です。


「佐田正樹さんのプロフィール」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車の日産ブタケツローレル佐田ビルダーズ仕様と価格

  • 名前:佐田 正樹(さた まさき)
  • 生年月日:1978年9月13日
  • 職業:日本のお笑い芸人、俳優、YouTuber。吉本興業所属。バッドボーイズのツッコミ担当。
  • 出身地:福岡県糟屋郡篠栗町出身(2013年11月「篠栗町ふるさと観光大使」に就任)
  • 身長:173cm
  • 体重:67kg
  • 血液型:A型
  • 出身校:福岡第一高等学校卒業
  • 経歴:元・福岡連合二代目総長及び暴走族「幻影」の元総長で、当時の福岡では最大勢力を誇った。かつて福岡少年鑑別所に1か月収容されていた。楽しみはビデオ鑑賞であり、この時に観た『ジュラシック・パーク』に衝撃を受け、現在でも最も好きな映画だという。逮捕されても高校を卒業できた理由は、親が「卒業させてほしい」と要望し、先生が鑑別所にいるということではなく、入院ということにしたためであった。
  • 暴走族を引退してどうしようもない毎日を送っていた佐田が、担任の教師に「将来何がしたいんだ?」と訊かれ、俳優か歌手になりたいと答えると、「お前は歌手ってガラじゃないし、俳優は台詞を覚えるのが難しい[5]から、清人とお笑いやれ」と促され、福岡第一高等学校の同級生で同じく暴走族の「福岡連合」出身の大溝清人と1997年4月に「バッドボーイズ」を結成。小学生から芸人になるまでを描いた自伝著書デメキンに詳しいことが書かれている。

「カワサキ・350SS(マッハ)/KH400(ケッチ)」:概要

あわせて読みたい記事:【神崎恵】愛車の旧車カワサキKH250湘南純愛組!水無月沙也仕様

カワサキの名車マッハシリーズの後継車。2ストトリプルのミドルクラスモデル。独特の排気音と白煙、2サイクルエンジンの特徴的なエンジン回転数がパワーバンドに入った時に爆発的なパワーを生み出すパワーユニット。シルエットは流麗なデザインに右2本、左1本出しチャンバーがポイント。初期型となる「SS」は1971年から後継モデルとなる「KH」の最終型は1982年まで販売。


「Kawasaki 350-SS(S2)」:スペック

あわせて読みたい記事:【村沢寿彦】湘南爆走族に登場の愛車カワサキKH400丸川角児仕様

3気筒マッハシリーズのミドルモデルとして「40年間お待たせ致しました。ウシロまで気を配ったクルマ。はじめて。テールアップGT」「にっぽんの高速GT」などのキャッチコピーと共に1971年4月に登場したにが「カワサキ 350SS」。海外では「マッハⅡ」の愛称で呼ばれたモデルです。ほとんどないような短いリアフェンダーにアップハンドルが国内、北米仕様で、欧州仕様はロングリアフェンダーに全高50mm、全幅が60mm低く短いフラットバーハンドルを装備。車体色は国内、海外共にレインボーと呼ばれるグラフィックにレッドとホワイトの2色展開。

●エンジン型式:空冷2ストローク3気筒 ●総排気量(内径×行程):346cc(53×52.3mm) ●最高出力:45ps/8000rpm ●最大トルク:4.25kg-m/7000rpm ●変速機:5段リターン ●全高×全幅×全長:2010×820×1095mm ●軸距離:1330mm ●乾燥重量:149.5kg ●タイヤ前・後:3.25-18・3.50-18 ●発売当時価格:228000円


「Kawasaki 350-SS(S2T)」:スペック

あわせて読みたい記事:【芸人ヒロシ】2スト旧車カワサキ250SSマッハのカスタム仕様

フラッグシップモデルの750-SSと同じようにフロントフォークアウターがアルミ製に変更され、油圧式フロントディスクブレーキ、キー付きタンクキャップなどを新たに装備し、シート形状やテールカウルデザインも変更。車体色はキャンディオレンジ、キャンディブルー、キャンディゴールドの3色。リアフェンダーは一般的な長さまで延長されると共に、1馬力ダウンなど初代に比べ大人しめの印象に。国内では1973年3月にキャンディゴールドのみが発売された。

●エンジン:空冷2ストローク3気筒 ●総排気量(内径×行程):346cc(53×52.3mm)●最高出力:44ps/7000rpm ●最大トルク:4kg-m/7000rpm ●変速機:5段リターン ●全長×全幅×全高:1970×820×1130mm ●軸距離:1330mm ●乾燥重量:152kg ●タイヤ前・後︰3.25-18・3.50-18 発売当時価格:238000円


「Kawasaki 400-SS(S3)」:スペック

あわせて読みたい記事:【千原ジュニア】 愛車バイクのカワサキH2型750SSマッハⅣ

1974年に登場した「カワサキ400 SS」。「カワサキ350-SS」のボアを4mm拡大し54cc排気量をアップ。キャブもφ2mm拡大のVM26で、冷却増強のためにシリンダーヘッドが大型になり、振動対策としてエンジンもラバーマンウト化、安定性重視のためにスイングアーム延長などと、最高出力は2馬力ダウンし使いやすさ重視のトルク型となったモデル。車体色はキャンディレッドとキャンディスカイブルー。翌年グラフィックを変更してS3Aとなるが国内では発売されずこのS3が継続販売された。翌年には、「カワサキKH400」へスイッチしたので、国内で販売された「カワサキ400-SS」はこのS3のみです。

●エンジン:空冷2ストローク3気筒 ●総排気量(内径×行程):400cc(57×52.3mm) ●最高出力:42ps/7000rpm ●最大トルク:4.32kg-m/8000rpm 変速機:5段リターン ●全長×全幅×全高:2025×820×1180mm ●軸距離:1365mm ●乾燥重量:159kg●タイヤ前・後︰3.25-18・3.50-18 ●発売当時価格:300000円


「Kawasaki KH400(A3)」:スペック

あわせて読みたい記事:【岩井勇気】愛車のカワサキ500ssカミナリマッパハライチ仕様

2ストトリプルのカワサキ400シリーズもSSからKHとなって電装系を一新しているにが「カワサキKH400」。バッテリー点火式からフライホイールマグネット式CDI点火に変更。最高出力は4馬力ダウンしてよりマイルドな性格に。グラフィックはKH500と同系で、メタリックディープオレンジとダークグリーン。国内では1976年1月からメタリックディープオレンジのみが発売された。排出ガス規制の関係で北米仕様はこの年限りで終了となった。

●エンジン:空冷2ストローク3気筒 ●総排気量(内径×行程):400cc(57×52.3mm) ●最高出力:38ps/7000rpm ●最大トルク:3.9kg-m/6500rpm ●変速機:5段リターン ●全長×全幅×全高:2025×820×1130mm ●軸距離:1365mm ●乾燥重量:162kg ●タイヤ前・後︰3.25-18・3.50-18 ●発売当時価格:300000円


「Kawasaki KH400(A7)」:スペック

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

「カワサキKH400」の最終型はKH250と同一のグラフィックで1979年11月に発売。新しくシートにKHの文字が入り、クランクケースカバーのロゴも小文字タイプとなり、カワサキのイメージカラーであるライムグリーンで有終の美を飾った。販売は1982年まで。


「佐田正樹さんの愛車カワサキ350SS」:スペック/価格

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真島秋生のKH400ケッチレインボースペシャル

「佐田正樹」さんの愛車は、伝説の2サイクル3気筒エンジン搭載のマッハシリーズ、「カワサキ・350SS」。年式は1973年式の「S2A」。マッハシリーズでは、後期型モデル。ボディカラーは、キャンディブルー/イエローライン。極上フルノーマル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。