【ポルシェ911GT3】スペックとニュルブルクリンクタイム発表

この記事は4分で読めます

【ポルシェ911GT3】スペックとニュルブルクリンクタイム発表

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2020年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【スバルBRZ】ニュルブルク最速アタックのタイムはNSXレベル

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンクタイム】メルセデスAMG GTRが最速更新

レーシングマシン、市販車にとどまらず、自動車メーカーご開発する上で世界的基準ともなりつつある「ニュルブルクリンクサーキット」でのテスト走行。その中でも注目されるのが「ニュルブルクリンク最速ラップタイム」。上位の常連で名があがるのは、「ポルシェ」と「ランボルギーニ」でしょう。今回は、「ポルシェ」が新型モデルの「911GT3」を発表。そのスペックとして搭載されるのは4リッター・フラットシックス、最高出力は510PS。しかも、このエンジンの許容回転数はなんと「9,000回転」であり、市販車としては高回転型エンジンということになります。その他の特徴としては、「ポルシェ」のレーシングカーである「911RSR」譲りのダブルウィッシュボーン形状を持つフロントサスペンション、そしてエアロダイナミクスが挙げられ、スワンネック型リアウイングやディフューザーにその面影が見られます。


「ポルシェ・911GT3の最高速度は320km/h」

あわせて読みたい記事:【ディエゴ・マラドーナ】愛車ポルシェ911カブリオレのスペック

新型モデルの「ポルシェ911GT3」のトランスミッションには7速PDKもしくは6速マニュアルが用意されますが、6速MTを選択した場合の最高速度は320km/h(先代の911GT3 RSよりも速い)、PDKだと318km/hということです。さらに、そのポテンシャルは、0-100km/h加速は3.4秒と公表。

エンジンのレスポンスは「究極の速さ」にあるといい、6連スロットルボディ(2019年の911スピードスターにも採用されている)にもその秘密があるようです。そのほか、新設計のピストン、ドライサンプ化、PDKについては911GT3専用にチューンされていることが公表されています。ピストンについて、「ポルシェ」は「マーレー」社、「トルンプ」社との共同開発によって「3Dプリンタによって製造した」新ピストンを実用化しており、「ポルシェ911GT2RS」に続いての採用なのかもしれません。


「ポルシェ911GT3のニュルブルクリンクのタイム」

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ・ウラカンSTO】レーシング仕様の市販車のスペックと価格

ニュルブルクリンクは1927年に作られた古い20.832kmの北コース(Nordschleife、ノルトシュライフェ)と、1984年に新設された5.1kmのGPコース(GP-Strecke)の2つのサーキットに分けられるが、単に「ニュルブルクリンク」という場合は北コースのNordschleifeを指す場合が多い。北コースの愛称は「グリーン・ヘル(緑の地獄、あるいは単にヘルとも)」で、1960年代後半ジャッキー・スチュワートにより名付けられた。

「コースの特徴」

コース全体で約300mの高低差がある。
超高速から超低速まで多種多様なコーナーがある。
コーナーの数が172もある。
コーナーの多くがブラインドコーナーとなっている。
バンクが付いているすり鉢状のヘアピンがある。
ウイングによるダウンフォースがない車両だとジャンプする箇所がある。
コース全体の平均スピードが高い。
路面が波打ち、ほこりっぽく滑る。
コース幅が狭い。
エスケープゾーンが狭い(黄色旗での減速が十分でない車両のルーフをガードレールの外にいるマーシャルが棒で叩いて警告を行えるほど狭い)

「ポルシェ」が今回、新型モデルの「ポルシェ911GT3」のニュルブルクリンク走行タイムについて公開し、6:59.927(20.8kmのフルラップ、以前の20.6kmだと6:55.34)と記録しています。このラップタイムは公道走行可能なタイヤ、無改造で達成しています。ちなみに現時点では市販車のニュルブルクリンク走行タイムは、7位になります。


「ポルシェ911GT3の速さの秘密」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935 JLP-2】2億円以上のスペックとレース経歴

「ポルシェ911GT3」の速さの秘密は、「エアロダイナミクス」。フロントだと調整式スポイラーとディフューザーの採用が挙げられます。サイドスカートとリアディフューザーは大型化しており、スワンネック式リアウイングも「調整式」を採用。このスワンネック式リアウイングについて、「ノーマル」ポジションでは先代911GT3比で+50%、「パフォーマンス」ポジションでは+150%ものダウンフォースを発生するということです。しかし、このパフォーマンスモードは、公道での使用が推奨されていません。また軽量化も新型モデルの「ポルシェ911GT3」のポイント。

911RSRより譲り受けたフロントダブルウィッシュボーン式サスペンションを持ちますが、これによってフロントトレッドが2.5センチ拡大。この「フロントにダブルウィッシュボーン」は911のロードカーとしては初採用とのことです。リアはマルチリンクをさ採用。リアフェンダーも拡大しているものの、車体重量は991.2世代の911GT3同様に1,418kg(MT)、1,435kg(PDK)に抑えられているのです。この軽量化のためにポルシェは新型911GT3のフロントフード、リアウイング、ウイング下の固定式スポイラー等にカーボンファイバーを用いており、ウインドウも軽量仕様となっています(ポリカーボネート製ではなく軽量ノイズ吸収ガラス)。さらに軽量ホイール、軽量仕様の内装パネル(リア部分)、軽量エキゾーストシステム(10kg程度軽い)も採用されています。


「新色のボディカラーを採用」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935EV仕様】Bisimoto935モビーXで登場

ポルシェはニューモデル発表時には「新色」を採用するのが通例となっていますが、この新型911GT3のボディカラーは「シャークブルー」。これまでポルシェは「マンバ」「リザード」「パイソン」など爬虫類系のボディカラー名を採用することが多く、「シャーク」という海洋系は珍しいということです。


「ポルシェ911GT3のインテリア」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・カレラGT-R】生産1台のモデルが販売そのスペックと価格

基本的に911シリーズと同様のデザインですが、タコメーター(レブカウンター)の表示は「1万回転」まで刻まれます。メーターや車両データの表示は「サーキット走行に適した」内容へと変更されているようです。

ステアリングホイールの直径は360ミリ、表面素材はレーステックス(スウェードのような生地)が採用され、GT3としてははじめてドライブモードスイッチがステアリングホイール上にセットされています。

シートはについては18ウェイ調整式スポーツシート、フルカーボン製のシェルを持つバケットシート(標準シートに比較して11.8kg軽い)をオプションにて選択可能。


「ポルシェ911GT3のオプション」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ911GT3Cup】992ベースの新型のスペックと価格

新型モデルの911GT3のオプションは大量に用意されており、重量を軽減できるカーボン製ルーフやカーボン製ドアミラー、ダーク仕上げのLEDマトリクスヘッドライト、ダーク仕上げのテールランプ、ガーズレッドもしくはシャークブルーのホイールアクセント(外周)、インテリアだとボディカラーにマッチしたアクセントなどとなっています。


「ポルシェ911GT3の価格」

あわせて読みたい記事:【サイバーパンク2077】登場車種ポルシェ911・930ターボの仕様

現時点では具体的な納車時期や価格、オプション詳細については公開はなく、しかし2022年モデルとして2021年秋あたりからのデリバリーになると予想されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。