【ワイルドスピード・アイスブレイク】 登場車種カスタム内容一覧

この記事は8分で読めます

目次

【ワイルドスピード・アイスブレイク】 登場車種カスタム内容一覧

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】破壊された車の台数と車両損失合計額

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】劇中車両の高額車両ランキングの公開

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・シリーズ】劇中車両の人気車種総合ランキング

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。今回は、「ワイルドスピード8 アイスブレイク」の劇中車両のマシンスペックに注目です。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・ユーロミッション】登場車種カスタム内容一覧


「ワイルドスピード・ICE BREAK」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 スカイミッション後に続編が製作された理由

「ワイルドスピード(The Fast and the Furious)」シリーズは、2001年に第一作が公開された、ストリート・レーシングをテーマとしたカーアクション映画。これまで世界的な大ヒットを遂げてきましたが、今回は映画「ワイルド スピード・ICE BREAK」についてです。あらすじとしては、誰よりも仲間を愛し大切にしてきた「ドミニク(ヴィン・ディーゼル)」の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。しかし、彼の行動には謎の「サイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)」が関与していることがわかり、「レティ(ミシェル・ロドリゲス)」や「ローマン(タイリース・ギブソン)」らはドミニクを取り戻すため、最大の敵「デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)」と手を組むことにするものの、どのようになっていくのかというのが流れです。


「ワイルドスピード8劇中車両/メルセデス AMG GT」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両メルセデスAMG・GTのスペック

「ワイルドスピード8」の劇中車両として登場したのは「メルセデスAMG・GT S 」。年式は2016年式ボディカラーはシルバー。テズとラムジーが搭乗。ニューヨークでドミニクの確保に用いられました。エクステリアはAMG製のカーボン仕様。エンジンはAMGチューンのV8ターボで最高出力は503hpというスペック。トランスミッションはAMG製7速スピードシフト。ブレーキシステムは、6ピストンキャリパー、サスペンションはアルミ製ダブルウィッシュボーンを採用。ホイールはブラックダイヤモンド製20インチ。

あわせて読みたい記事:「ワイルドスピード7」初期設定のスカイミッションシナリオが存在


「ベントレー・コンチネンタルGT ヴォルシュタイナーBR9エディション 」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車ベントレーGTローマン仕様のスペック

年式は2004年式。ボディカラーは茶/白。ドライブするのはローマン。そしてニューヨークでドミニクの確保に用いられるシーンで登場。

エクステリアはVorsteiner Body Kit,Offwhite with Candy Burgundy paint。エンジンは6.0L V12 ツインターボ。駆動系は、AWD、Close Ratio ZF 8-Speed Automatic w/Quickshift paddle shifters、ABS And Driveline Traction Control、ブレーキ系はCarbon-composite vented 4-Wheel Disc Brakes w/4-Wheel ABS。ホイール、タイヤは、Aristo Forged Wheels,22×8 Front,22×10 RearにPirelli P-Zero,255/35R22 Front,305/25R22 Rearを組み込んでいます。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】実は1作目と2作目を繋ぐ作品が存在していた


「ワイルドスピード8劇中車両/ジャガーFタイプ」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車デッカード・ショウのジャガーFタイプ

「ワイルドスピード アイスブレイク」のニューヨークでドミニクを確保するシーンで登場した、ショウの「ジャガーFタイプ」。

ボディカラーはブリティッシュレーシンググリーン、エンジンは最高出力550PSを発生させるスーパーチャージャー搭載のV8エンジン。組み合わされるトランスミッションは8速AT。ホイールは、22” Forgeline Racingを装着。ブレーキシステムなどはジャガースーパーパフォーマンス製。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 実はヴィン・ディーゼルは続編を断っていた


「ワイルドスピード・アイスブレイク劇中車両/ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両ムルシエラゴLP640のスペック

映画ワイルドスピード・アイスブレイクでローマン・ピアースがドライブする「ランボルギーニ・ムルシエラゴ」。フロントセクションが「ランボルギーニ・レヴェントン」のようなバンパーにカスタマイズされた車両。

劇中では、「ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640」のレプリカが製作され使用されています。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 制作初期設定でのメイン車種一覧と登場人物


「ワイルドスピード アイスブレイク劇中車両・ランドローバー・ディフェンダー」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両のランドローバー・ディフェンダー

「ワイルドスピード8」の劇中車両として登場する「ランドローバー・ディフェンダー」。この車両もカスタムマシンとして注目です。

ボディカラーはミリタリーグリーン。そして、パワーユニット、ドライブトレインはLand Rover Turbo Diesel Engine,Land Rover Military Transmission,Factory dana 60 r axle,King Shocks。インテリアもミリタリー仕様。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】実は3作目と4作目を繋ぐロス・バンドレロス


「ワイルドスピード・アイスブレイク劇中車両/インターナショナル・MTX」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車インターナショナルMTXのスペック

劇中では、ホブスがニューヨークでドミニクを確保するために登場した「インターナショナル・MTX」。

このMTXモデルは、インターナショナルのヘビーデューティトラックとして生産されていますが、とても大きなサイズに見えますが、アメリカでは小さな部類に入ります。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】ヴィン・ディーゼルが出演の復帰の理由とは


「ローカルモーターズ・ラリーファイター」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両ラリーファイターのスペック・価格

「ワイルドスピード8」の中でレティがドライブするマシンが「ローカルモーターズ・ラリーファイター」です。このマシンのメーカーは、多くに人にとっては映画「トランスフォーマー ロストエイジ」で知ったという方が多いようです。

しかし、このマシン、実力派でラリーファイターのパフォーマンスは圧倒的なのです。エンジンはGM製の6.2リットルv型8気筒エンジン。しかもマウントはフロントミッドシップに配置し、同じくGM製の4速オートマチックトランスミッションでギアを切り替える仕様。そして、このラリーファイターのエンジンは、最高出力430馬力も出力し、約575Nmという強大なトルクを発揮します。オフローダーでありながら4輪駆動ではなく後輪駆動の2WDで、最高速度は210km/h。0-100km/h加速はなんと6.0秒というパフォーマンスを誇ります。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】全く違っていた初期設定の脚本でのレティとは


「ワイルドスピード・アイスブレイク劇中車両:フォード・フェアレーン」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両フォード・フェアレーンのスペック

「ワイルドスピード8」の中でドミニクが乗る「シボレー・フリートライン」のドラッグレース仕様とバトルするシーンで登場したのが、「フォード・フェアレーン・クラウン・ヴィクトリア」のカスタムマシン。

ドライバーはラルド。ボディカラーは艶消しブラック。エンジンはフォード製ビッグブロック428コブラジェットエンジン。トップローダー製4速トランスミッション。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】出演者が結んだ映画契約の条項内容が明らかに


「ワイルドスピード8劇中車両:シボレー・フリートライン・レース仕様」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車シボレー・フリートラインのスペック

「ワイルドスピード アイスブレイク」で登場する「シボレー(シェビー)フリートライン」。年式は1950年式モデル。ボディカラーはグレー、サーフェイサー。オーナーはフェルナンドでした。

しかし、ドミニクがラルドとのレースで借り、元々あったボンネット、フロントバンパー、フロントフェンダーを取り外し、エンジンにニトロタンクを取り付ける。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】キャスト2人が映画のために取得した免許とは


「ワイルドスピード8劇中車両/シェビー・インパラ・スポーツクーペ」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車ドムのシェビー・インパラのスペック

「ワイルドスピード8 ICE BREAK」の劇中でドミニク(ヴィン・ディーゼル)」がキューバで乗っていたのが、1961年式のシェビー・インパラ・スポーツクーペ。

ドミニク曰く、「遅いクルマ」のようですが、美しい優雅なエクステリアはアメリカンドリームの象徴的なデザインです。劇中車両の個体は、大幅なカスタムは施されておらず、ホイール変更程度のお洒落な仕様です。劇中使用の主なスペックは下記の通りです。

年式:1961年式

エクステリア:インパラレッド、アメリカンレーシング製20×9 Front, 20x 11 Rears、コンチネンタルタイヤ

エンジン/ドライブトレイン:409キュービックインチエンジン、T-10 4速トランスミッション

最高出力:400PS

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】スピンオフ含めたシリーズ人気ランキング公開


「ワイルドスピード・アイスブレイク劇中車両:プリムスGTX」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両ドムのプリムス・GTXのスペック

「ワイルドスピードICE BREAK」の中で「ドム(ヴィン・ディーゼル)」がドライブしているのが、「プリムス・GTX」です。年式は1971年式。

エンジンは383キュービックインチMOPARエンジンを搭載。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】大ヒットシリーズが全10作品で終了する理由


「劇中車両:ワイルドスピード・ダッジ・アイスチャージャー」:スペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車アイスチャージャーのスペックと価格

イギリスで「ワイルドスピード・アイスブレイク」の劇中車両として使用された「ダッジ・チャージャー」が、中古車としてオークション販売されていました。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】池田美優みちょぱオススメのシリーズとキャラ


「ワイルドスピード8・コルベット・スティングレイ」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車のレティのC2コルベットのスペック

「ワイルドスピード8(ICE BREAK)」で登場した「シボレー・コルベット・スティングレイ」。ニューヨークで活躍することになりましたが、この車両はスペシャルカスタムが施されていました。まず、ベースとなったモデルは、年式が1966年式ではなく1965年式だったということです。ベースモデルを製作したのは「Brian Hobaugh」氏。ハリウッドの基準に忠実に「Brian Hobaugh」氏の「コルベット・スティングレイ」は、「レティ・オルティス」の1966年式のコルベットと同じヒーローカーの役を演じていて、モデルイヤーを変えているのです。では、もしこの車が本当に1965年式ならば、なぜみんなはこの車を1966年式と呼ぶのでしょうか?

「Brian Hobaugh」氏によると、「Bピラーのサイドベントは1966年に成形されたものです。この車は65年式ですが、元のオーナーが見た目をすっきりさせるためにそうしたので、1966年式のように見えます。映画のためにコピーを作るときには、人々を混乱させないために’66年式と呼んでいます」と「Brian Hobaugh」氏は説明。ということで1966年式仕様にカスタムされており、あえて見た目のエクステリアから1966年式モデルとして説明され、映画を観る人の認識も1966年式となっているということです。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 エイザ・ゴンザレスの水着姿に隠された秘密


「スバル・WRX STI/劇中車」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・ICE BREAK】劇中車WRXのスペック
「ワイルドスピード・ICE BREAK」に登場した劇中車のボディカラーは白。ポイントはラリー仕様のエアロとGTウィングを装着していることです。登場シーンとしては、ロシアでの決戦で「リトル・ノーバディ」が搭乗して活躍しました。この個体ののスペックは下記の通りです。


「ワイルドスピード・ICE BREAKの劇中車」:スペック

  • 名称:Subaru WRX STI
  • 年式:2015年モデル
  • パワーユニット:2.5L Turbocharged and intercooled flat-4
  • 燃料供給装置:Bosch
  • ドライブトレイン:AWD
  • トランスミッション:6-speed manual
  • ブレーキシステム:RMR Racing製
  • サスペンションシステム:RMR Racing製
  • インテリアデザイン:Sparco EVO 2 seats
  • エクステリアデザイン:Crystal White Pearl(ボディカラー)、リアウイング
  • ホイール:STR Racing Wheels 20×10
  • タイヤ:Continental 265/35r20 265/60r18 Front, 295/35r18 Rear

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格


「スバル・BRZ/劇中車両」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・ICE BREAK】劇中車BRZのスペック

劇中での「スバル:BRZ」は、ボディカラーは青でニューヨークでドミニクの確保に用いられ、ドミニクを追跡しようとするも、ドミニクが倒した工事現場の足場に直撃し、立ち往生の状態になってしまうことになりました。エクステリアデザインの大きなポイントは、TRA京都ロケットバニーボディキット装着していることでしょう。スペックは下記の通りです。


「ワイルドスピード・ICE BREAKの劇中車」:スペック

  • 名称: Subaru・BRZ
  • 年式:2016年モデル
  • パワーユニット:水平対向4気筒DOHC16バルブ デュアルAVCS(FA20型)Turbonetics 35psi turbo kit
  • ドライブトレイン:6-Speed Close-Ratio Manual Transmission、4.30 Rear Axle Ratio、Front And Rear Anti-Roll Bars
  • ブレーキシステム:4-Wheel Disc Brakes w/4-Wheel ABS、Front And Rear Vented Discs
  • サスペンションシステム:Strut Front Suspension w/Coil Springs / Double Wishbone Rear Suspension w/Coil Springs
  • インテリアデザイン:Sparco harnesses、Sparco race seats
  • エクステリアデザイン:LAPIZ BLUE、TRA京都ロケットバニーボディキット
  • ホイール:Aristo Forged Wheels 18×9 Front, 18×11 Rear
  • タイヤ:TOYO 265/60r18 Front, 295/35r18 Rear

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。