【ワイルドスピード】実は3作目と4作目を繋ぐロス・バンドレロス

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード】実は3作目と4作目を繋ぐロス・バンドレロス

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】実は1作目と2作目を繋ぐ作品が存在していた

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本では『ワイスピ』という略称で親しまれている。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作となる『ワイルド・スピード /ジェットブレイク』が公開予定もあり期待が高まっています。『ワイルドスピード / ジェットブレイク』の予告編は、公開後24時間でなんと累計5億回の再生数を突破して衰えぬ人気ぶりを世界に示しました。これまで「ワイルドスピード」シリーズは多くのファンを魅了してきました。しかし、シリーズを最初から順を追って観ていくと「ワイルドスピード3 tokyo drift」と「ワイルドスピード4 max」の間が繋がっていないように感じる方も多いようです。しかし、実は繋ぎとなる作品が存在していたのです。それが『ロス・バンドレロス〜盗賊たち』(原題:Los Bandoleros)です。


「Los Bandoleros」:作品の目的

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 制作初期設定でのメイン車種一覧と登場人物

「Los Bandoleros」は、 「ワイルド・スピード」シリーズの作品のひとつです。タイトルは『ロス・バンドレロス〜盗賊たち』(原題:Los Bandoleros)となっています。前述のように「ワイルドスピード3」の舞台である日本、そして登場したキャラクターが「ワイルドスピード4」へと自然な流れとはいかないために作られた作品です。

つまりこの作品は、ワイルド・スピード シリーズの3作品目(ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT)と4作品目(ワイルド・スピードMAX)をつなぐショート・ストーリーとなっています。内容は、『ワイルド・スピードMAX』でドミニク達がガソリン強盗のためにタンクローリーを襲う前の作品。この作品の後半に、ドミニクとレティが海辺でデートをするシーンが出てきます。

これに繋がるものとして、のちに公開される『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年公開)の中のドミニクのセリフで、この海辺のデートの事と思われる会話が出てきます。ですから「ワイルド・スピード EURO MISSION」のドミニクが必死にレティに語り掛けているシーンが何度もありますが、そのシーンの中で浜辺のシーンについて話しているシーンがあるんですが、それは、この 「los bandoleros」の終盤のシーンということになります。「ワイルド・スピード EURO MISSION」を見直してから、「los bandoleros」を観ても「ワイルドスピード」シリーズの理解を深めることができます。


「los bandoleros(ロス・バンドレロス〜盗賊たち)」:収録

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 スカイミッション後に続編が製作された理由

2009年に制作された。約20分の映像で、英語版が『ワイルド・スピード MAX』Blu-rayの特典映像に収録されいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。