【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

この記事は4分で読めます

【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2018】BHオークション落札結果ランキング

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション・スカイライン編1

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション・スカイライン編2

2018年1月に初開催した「東京オートサロンオークション with BH AUCTION」。「1969年式:Nissan Skyline GT-R(PGC10型)」、「トヨタ・2000GT」などの国産旧車から「1972年式:De Tomaso Pantera Group4」、「1990年式:Nissan R90CK」、「2007年式:Spoon NSX-R GT Version」なども出品され、国産希少車を中心に16台(内1台は事前出品取り消し)が出品され、13台が落札成立となりました。最終落札総額は4億5067円(成約率86.7%)。国内初のコレクタブルカー・オークションとして初回より大きな成功を収めることができました。そんな「東京オートサロンオークション with BH AUCTION」が2019年もさらにパワーアップして開催されます。


「BHオークション出展車」:スペック

開催は2日間となり、出品台数も第一回を大きく上回る予定です。そして、今回のオークション登場予定の出展車両(随時更新予定)は下記の通りです。

「日産:スカイライン GT-R(KPGC10型)」

あわせて読みたい記事:【日産・スカイラインGT-R】ハコスカから始まったRの連勝伝説

国内ツーリングカーレースにおいて無敵の強さを誇った「スカイライン2000GT-R(PGC10 型)」は、4 ドアセダンとして1969 (昭和44) 年に発売されました。 翌1970 年(昭和45 年)には、旋回性能向上と軽量化のためにホイールベースを70mm 短縮した2 ドアハードトップ(KPGC10 型)へ進化。リヤに黒いオーバーフェンダーが純正装着されたハードトップ2000GT-R の姿は、こんにちの愛称で「ハコスカGT-R」といえば誰もが思い浮かべる定番として愛されました。純粋レーシングカー・ニッサンR380 用エンジンの技術を遺憾なく投入した2ℓ直列6 気筒・DOHC4 バルブの「S20 型」エンジン、大容量100ℓの燃料タンク、リクライニング機構のないバケットシート、快適装備が省かれたスパルタンな内装などの特徴は、セダンからそのまま引き継がれました。 戦闘力を増したハードトップの投入によって、レースではGT-R の勢いに拍車がかかり、1972(昭和47)年3 月、ついに前人未到の累計50 勝を達成。同年10 月のワークス活動休止までに通算52 勝という大記録を打ち立てました。日本の国産旧車の王道ともいえる「ハコスカGT-R」が登場します。「ハコスカGT-R」は、「スカイライン伝説」と呼ばれるモータースポーツでの49連勝の記録や当時において非常に珍しいDOHC直列6気筒24バルブの「S20」型エンジンを搭載しラジオ、ヒーター、時計、助手席ヘッドレスト、助手席3点式シートベルトさえ標準ではオプション設定だったほどスパルタンな仕様でした。

今回の個体は非常に価値ある個体で走行距離僅かに2万2300km、稀少なフルオリジナルコンディション(リアのオーバーフェンダーは純正ではブラック)の個体となっています。

 

 

 

「1972 NISSAN SKYLINE GT-R(KPGC10)」:スペック

  • 年式:1972年
  • 型式:KPGC10型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,330mm × 1,665mm × 1,370mm
  • ホイールベース:2,570mm
  • トレッド(F/R):1,370mm / 1,365mm
  • 車両重量:1,100kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • 最高出力:160PS / 7.000rpm
  • 最大トルク:18.0kgm / 5.600rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ディスク / ドラム
  • タイヤサイズ(F/R):165SR14 / 165SR14
  • 生産台数:1,197台

「BMW 320 Racing」

1995 BMW 320ST Nur24h & Spa24h Overall winner car

1995年のニュルブルクリンク24時間レースで総合優勝
1996年と1997年のスパ24時間レースで総合優勝

BMWモータースポーツのワークスカー

エンジン:S42 FIA 2.0L 315hp 260Nmクラッシュ経験なし


「日産:240RS(BS110型)」

あわせて読みたい記事:【日産・S12型シルビア】WRC・シルエットフォーミュラで活躍

日産がWRC参戦のために開発されたスペシャルマシンが今回、オークションに登場する「日産:240RS」です。

1979年(昭和54年)に登場の3代目モデルの「シルビア(S110型)」は、姉妹車として誕生した「ガゼール」も含め、スポーツ&スペシャリティを志向したクルマですが、同時にスーパーシルエットレースや「WRC(World Rally Championship:世界ラリー選手権)」など、モータースポーツに縁の深いモデルでもありました。

この「日産:240RS」は、WRCへの参戦をにらんで、当時のグループB規定に基づく競技用車両として「S110型:シルビア」をベースに開発され、グループBの最低生産台数である200台あまりが生産されました。海外での販売を念頭においたため、大半が左ハンドル仕様でした。搭載されるFJ24型の排気量2,340ccの自然吸気エンジンは、50Φソレックスキャブレター2基を装着した仕様で240馬力、ワークスカーのFJ24改に至っては275馬力に達しました。優勝こそなかったものの、1983年ニュージーランドラリーで2位、1985年サファリラリーで3位などの戦績を残しています。

「1983 NISSAN 240RS(BS110)」:スペック

  • 年式:1982年
  • 型式:BS110型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,330mm × 1,800mm × 1,310mm
  • ホイールベース:2,400mm
  • トレッド(F/R):1,480mm / 1,490mm
  • 車両重量:1,020kg
  • エンジン型式:FJ24
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ
  • 排気量:2,340cc
  • 最高出力:250PS / 7.600rpm
  • 最大トルク:25.5kgm / 6.000rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / 4リンクリジット
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):200-525-14 / 220-525-14
  • 生産台数:200台

「東京オートサロンオークション with BH AUCTION」:日程

オークション2019年1月11日-12日 金曜日-土曜日

場所幕張メッセ(日本コンベンションセンター)イベントホール千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。