【ダッジ・チャージャー】ジャミロクワイ等セレブ所有歴の車が競売

この記事は2分で読めます

【ダッジ・チャージャー】ジャミロクワイ等セレブ所有歴の車が競売

あわせて読みたい記事:【フォード マスタング】映画ブリット劇中車が北米オートショーに

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【ローワン・アトキンソン】マニアックな愛車2台がオークションに

かつて「ブルース・ウィリス」氏、そして「ジェイ・ケイ(ジャミロクワイ)」も所有していたとされる、アメリカンマッスルカーである1969年製の「ダッジ・チャージャー」がイギリスで開催されるオークションに登場予定とのことです。この「ダッジ・チャージャー」というモデル名は、映画:「ワイルドスピード」シリーズで有名になったモデルでもあります。ちなみに、今回の個体がイギリスのオークションに登場するのは初めてだとされていますが、排気量:8.2リッターV型8気筒OHVエンジン搭載という文字通りのアメリカンマッスルカーです。「ダッジ・チャージャー」といえばブラックのボディカラーのイメージが強いですが、この個体も美しいブラックのボディです。そして、インテリアは「ジェイ・ケイ(ジャミロクワイ)」によって現在の仕様にアップデートされています。ウッドのステアリング以外は、ブラックで統一されており、硬派なイメージの空間となっています。

このアップデートの仕様というのは、「スティーブ・マックイーン」主演の映画:「ブリット」にて、「スティーブ・マックイーン」の運転する1968年型:「フォード・マスタングGT390」とカーチェイスを繰り広げた1968年型の「ダッジ・チャージャー」をイメージしたもののようです。なお、「ブリット」に登場した「フォード・マスタングGT390」の方は映画に撮影された個体が偶然にも発見され、レストアされたうえで公開されました。なお「ジェイ・ケイ(ジャミロクワイ)」の前の所有者が「ブルース・ウィリス」となり、これは彼の最初の妻である「デミ・ムーア」によって贈られたもので、約10年ほどこれを所有していたようです。アメリカの車は同じ車であっても生産された年によって大きくスペックが変わる場合があります。

  • 1969-dodge-charger-bullitt3

そして、「ダッジ・チャージャー」においては1969年式が最も価値が高いとされていて、特にこの個体はセレブの所有歴があるうえ、さらに「ジェイ・ケイ(ジャミロクワイ)」は、400万円近くをかけてエンジンのリビルト、さらにカスタムを施していることを考えると将来的にもその価値が下がることはなさそうです。

  • 1969-dodge-charger-bullitt2

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。