【ローワン・アトキンソン】マニアックな愛車2台がオークションに

この記事は2分で読めます

【ローワン・アトキンソン】マニアックな愛車2台がオークションに

名車「MINI」を運転する変わり者の『Mr.ビーン』役や、狡猾な貴族の『ブラックアダー』役で知られるイギリスのコメディー俳優である「ローワン・アトキンソン」氏はカーエンスージアストとしても有名な方ですよね。実に彼が所有する「マクラーレン F1」をはじめとする素晴らしい名車の数々は、これまで幾度となく自動車メディアに取り上げられてきたことは多くの人にとってご存知のことです。そして彼は、必要がなくなると時々愛車を手放すということもすることで知られています。また2018年2月にイギリスで開催される「レース・レトロ・インターナショナル・ヒストリック・モータースポーツ・ショー」のオークションには、「ローワン・アトキンソン」氏が所有する2台の興味深いスポーツ・サルーンが出品されるということで注目されています。


「メルセデス・ベンツ 500E」

まず1台目は、評判の高い1993年型の「メルセデス・ベンツ 500E」です。通常の「W124型 Eクラス」よりもワイドに張り出したフェンダーアーチが、このクルマに最高出力330ps、最大トルク50.0kgを発生する、排気量:5.0リッターV型8気筒エンジンが搭載されていることを示しているといえるでしょう。当時、「ポルシェ」社の工場において手作業で製造された「メルセデス・ベンツ 500E」には、「型式コード 2758」という「ポルシェ」の正式名称まで存在するのです。「ローワン・アトキンソン」氏はこのクルマを2015年に購入しており、シートの座面と背面が布張りなのは、彼が滑りやすいレザー・シートよりもクロスを好むからだということです。現在までの走行距離は8万500kmとなっています。「ローワン・アトキンソン」氏は1990年代に「メルセデス・ベンツ 500E」に乗っていたのだが、その素晴らしさを思い出してもう一度乗りたくなり、見付けることのできた中で一番状態の良いクルマを購入したということです。


「ランチア テーマ 8.32」

  • そしてもう一台のサルーンは、さらに興味深いイタリアのモデルとなる、1989年型「ランチア テーマ 8.32」です。由緒ある「アルファロメオ 164」と「サーブ 9000」の兄弟車となるモデルで、フェラーリ製のドゥカティで組み立てられた排気量:3.0リッターV8エンジンをフロントに横向きに搭載しています。駆動方式は5速マニュアル・トランスミッションを介して前輪を駆動するFFモデルなのです。「フェラーリ 308」や「フェラーリ モンディアル」のエンジンと違い、このエンジンはクランクシャフトがフラットプレーンではなくクロスプレーン式となっており、スポーツ・サルーンに適した特性となっています。「メルセデス・ベンツ 500E」と同様にこちらの「ランチャ テーマ 8.32」のシートも革張りではなく、ベロアが選ばれています。実に「ローワン・アトキンソン」氏は、「メルセデス・ベンツ 500E」より長い7年もの間、フェラーリ製V8エンジンや、当時は間違いなく先駆的だった電動で持ち上がるリア・スポイラーを楽しんだということです。メインテナンスやサービスを受けた際の記録簿は全て残っており、その費用の総額は2万ポンド(約308万円)近くに上るということです。噂通り、維持費の掛かるクルマであるということです。


オークションは2月24日と25日に開催される予定となっており、いずれも最低落札価格の設定はないようです。メルセデス-ポルシェとランチア-フェラーリによるドイツ、イタリア2台のスポーツ・サルーンということで注目に値する名車です。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。