【日産240SX】輸出仕様の初期型180SXが350万円と旧車高騰

この記事は3分で読めます

【日産240SX】輸出仕様の初期型180SXが350万円と旧車高騰

あわせて読みたい記事:【テンダラー浜本】旧車芸人としての愛車ケンメリの仕様スペックは

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMAX】劇中車S14日産240SXのスペック

あわせて読みたい記事:【TRA京都】AE86レビンS13シルビア東京オートサロン仕様

日本国産の旧車が人気となり、1970年代の旧車はプレミア価格となっている状態です。続けて1980年代や1990年代のモデルも高騰しつつあります。そのような中、日産の2ドアスポーツクーペで当時人気となった「S13型:シルビア/180SX」の北米市場向けとして販売された「240SX」が、アメリカのオークションサイトにて約345万円にて販売されています。


「日産:180SX(RS13型:1989年4月発売)」

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

当時はデートカーとして人気だった5代目モデルの「シルビア(S13型)」は、1988年5月に登場していました。それから約1年後の1989年4月、「シルビア」の姉妹車として「180SX」が登場しています。北米向けには「240SX」というモデルが輸出されており、これは「シルビア」のクーペボディに現地のヘッドライト位置の法規に対応するため、リトラクタブルライトを装着したモデルでした。「180SX」は、「240SX」のハッチバック版の日本仕様といえるのかもしれません。エンジンやトランスミッション、サスペンションといったパワートレーン系、ボディまわりではドアパネルとフロントウインドーなど、そしてインテリア構成パーツのほとんども「S13型:シルビア」と共通です。ただしエンジンは「CA18DET型」の1.8L 直4DOHCターボのみで、NAは用意されていませんでした。

1991年のマイナーチェンジでエンジンは「シルビア」同様に2Lターボの「SR20DET型」に換装されました。そして、その後のモデルライフは興味深いことに1993年に「シルビア」はS14型にフルモデルチェンジされたものの、「180SX」はそのまま生産が継続されました。1996年のビッグマイナーチェンジでエクステリアが変更され、1998年まで生産されましたが、パワートレーン系に大きな変更は施されていません。デビュー時のグレードには「タイプI」と「タイプII」があり、「タイプII」には「HICASII」搭載車も用意されましたが、当時はドリフトも流行っており、走りを楽しむ人たちの多くに制御のしやすさから「HICAS」なしが好まれていました。


「180SX タイプII(1989年)」:主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4540×1690×1290mm
  • ホイールベース:2475mm
  • 重量:1170kg
  • エンジン型式・種類:CA18DET型・直4 DOHCターボ
  • 排気量:1809cc
  • 最高出力:175ps/6400rpm
  • 最大トルク:23.0kgm/4000rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • タイヤサイズ:195/60R15
  • 価格:197万円
  • 中古車価格:130万円前後(平均相場)
  • 最低価格~最高価格:60万円~320万円

「NISSAN:240SXのオークション価格」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車レティのS14型240SXのスペック

近年日本のスポーツモデルが北米にて高額取引されていることは有名。その中には不正輸入して転売することもあり問題ともなっています。今回北米市場向けに販売されたスポーツモデルも、今後の投機対象となり得るかはわからないものの、1990年式で走行距離は119,000kmとかなり走り込まれた個体が、約345万円にて販売されています。

フルノーマルの車両のコンディションとしてはボディコンディションは抜群で、ほとんど傷もついておらず、メンテナンスも定期的に実施していたとのことです。ボディカラーはチェリーレッドパールにて塗装され、足もとのアルミホイールは15インチホイールに、ブリヂストンTuranza QL10タイヤを装着。

フロントヘッドライトはもちろん、ポップアップ式のリトラクタブルヘッドライトを装備し、取り外し可能なポップアップサンルーフも装備しています。

インテリアは当時の日産のデザインとして代表的なシンプルなデザイン。グローブボックスやドアパネル、グレーのクロスシート、3スポークステアリングホイールなど、経年劣化はほとんどしておらず極上コンディション。

ちなみに走行距離は119,000kmとかなり走り込まれていますが、エンジンオイルは定期的に交換済み。

パワートレインは、排気量2.4L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力140hp/5,600rpmを発揮、トランスミッションは5速MT、駆動方式は後輪駆動(FR)となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。