【バットホイールズ】主役はバットモービル/クレオパトラ主演はガル・ガドット

この記事は3分で読めます

【バットホイールズ】主役はバットモービル/クレオパトラ主演はガル・ガドット

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】ジゼルの日産Z34型370Z

あわせて読みたい記事:【ザ・バットマンThe Batman】新型バットモービルの仕様

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】ハンの設定変更のために映画が製作されていた

「Warner Bros. Animation(ワーナー・ブラザース・アニメーション)」がバットモービル版『カーズ』のような『Batwheels』という映画について発表。コミックスの人気ヒーロー・バットマンたちが操縦する、バットモービルたちの活躍を描く子ども向けアニメーション作品「バットホイールズ(原題:Batwheels)」が製作ということですが、本作は、ゴッサムシティで悪と戦う“スーパーヒーロー・のりものチーム”を描くアクション・アドベンチャー・コメディ。登場するのは、バットモービル(バットマン)のバム、バットガール・サイクル(バットガール)のビビ、レッドバード(ロビン)のレッド、バットウィング(バットマン)のジェット、バットトラック(バットマン)のバフ。

あらすじとしては、バットコンピューターによって作られたばかりで、まだ経験の乏しい彼らが、子どもとしての、ヒーローチームとしての悩みに向き合っていくという内容。

シリーズは未就学児童を対象としており、チームの冒険を描きながら、子どもたちが自信を持つこと、友情やチームワークを育むことの大切さを説く内容になるとのこと。

製作総指揮には「ティーン・タイタンズ」などのサム・レジスター、「ピーター・ラビット」「チャギントン」のマイケル・G・スターン。監修に『ビー・ムービー』(2007)のサイモン・J・スミスが参加した。

『バットマン』シリーズの展開としては新機軸ですが、ピクサー映画『カーズ』シリーズをほうふつとさせるアプローチが、ゴッサムシティにどんな新風をもたらすか注目されています。アニメ「バットホイールズ(原題:Batwheels)」はHBO Maxにてアメリカ配信され、世界のカートゥーンネットワークにて放送されるということです。


「映画:クレオパトラ/主演:ガル・ガドット」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード10】ジゼル(ガル・ガドット)は生きていた?

世界三大美人の一人とされるクレオパトラを主人公にした映画『クレオパトラ(仮)』を映像化する権利をパラマウント・ピクチャーズが獲得したということで、映画『ワンダーウーマン』や『ワイルド・スピード』シリーズでおなじみの人気女優が絶世の美女を演じることが決定し注目となっています。言わずと知れた世界三大美女と称されるプトレマイオス王朝最後の女王クレオパトラ。そのクレオパトラ7世を主人公にした映画『クレオパトラ(仮)』の制作が水面下で進行していること明らかになりました。アメリカの「Deadline」によると、映像化に向けてユニバーサル・ピクチャーズやワーナー・ブラザース、Netflix(ネットフリックス)といった大手の映画スタジオが争っていたものの、最終的にパラマウント・ピクチャーズが権利を獲得したようです。そして、映画「ワイルドスピード」シリーズや映画「ワンダーウーマン」シリーズで主演俳優「ガル・ガドット」がクレオパトラを演じるということが決定しました。

「ガル・ガドット」といえば2004年度のミス・イスラエルで、母国イスラエルで兵役を経験した元兵士という異色の経歴を持つ女優。また「ガル・ガドット」は、過去に世界で最も美しい顔の1人に選ばれたこともあるハリウッドきっての美人です。

「ガル・ガドット」は自身のツイッターで、「新しい旅に出るのが大好き。あと、新しいプロジェクトが始まる時の興奮と、新たな物語をカタチにするプロセスも。ずいぶん前から、クレオパトラの物語を伝えたいと思ってた。(『クレオパトラ』を一緒に制作する)とびっきりの仲間に感謝しかない!」とコメントしています。

また、注目は監督で2017年公開の映画『ワンダーウーマン』と12月25日に日米同時公開予定の映画『ワンダーウーマン 1984』で監督を務めたパティ・ジェンキンスということ。つまり、『ワンダーウーマン』シリーズに続き、「ガル・ガドット」と「パティ・ジェンキンス」が再びタッグを組むことになるようです。

ちなみに、今回、映像化の権利を獲得したのはパラマウントですが、じつはクレオパトラの伝記映画については、ソニー・ピクチャーズがもう何年も前から映画化に向けて動いていたようです。ソニー版『クレオパトラ』の主演には「アンジェリーナ・ジョリー」や映画『アリー/スター誕生』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた「レディー・ガガ」の名前が挙がっており、「ジェームズ・キャメロン」や「デヴィッド・フィンチャー」、「ドゥニ・ヴィルヌーヴ」が監督候補に名を連ねているようです。「Deadline」によれば、どちらが先に映画公開にこぎつけるかという状態だそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。