【ワイルドスピード10】ジゼル(ガル・ガドット)は生きていた?

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード10】ジゼル(ガル・ガドット)は生きていた?

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジャスティン・リンがハンの復活を理由語る

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】実は1作目と2作目を繋ぐ作品が存在していた

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMAX】劇中車R34GT-Rの価格・スペック

アメリカのWGTCによると、「ワイルドスピード」シリーズのユニバーサル・スタジオ社は、「ガル・ガドット」に『ワイルド・スピード』10作目への出演を交渉中とのこと。さらに、スピンオフ作品へのオファーもしている最中だということです。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード10&スピンオフ】 女性版の主演候補のリスト

「ガル・ガドット」は「ワイルド・スピード」シリーズの4作目〜6作目にジゼル役として登場していました。現在の「ガル・ガドット」の映画作品の状況は、DCコミックスのヒーロー、「ワンダーウーマン」として2020年に主演映画の『ワンダーウーマン1984』の公開が予定されている。さらに、2017年に公開された映画『オリエント急行殺人事件』の続編、『ナイル殺人事件』への出演も決定しています。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード10&スピンオフ】シリーズ構想と女性版が公表

映画経歴振り返ると改めて「ワイルドスピード」との結びつきが大きいことも知ることが出来ます。実は人気映画に引っ張りだこな彼女の映画デビュー作品は、『ワイルド・スピード MAX』なのです。「ワイルドスピード」シリーズと出会いで一気にスターダムに駆け上った彼女にとっては、「ワイルドスピード」は思い出深い作品といえるのです。

デビュー作となった「ワイルドスピードMAX」では、役柄のジゼルは4作目の『ワイルド・スピード MEGA MAX』で、腕っ節が強くて器用な謎の美女としてチームに招集された。その後、ハンというキャラクターと恋仲になったものの6作目の『ワイルド・スピード EURO MISSION』で死亡したことになっています。しかし、明確な死亡シーンや遺体が描かれなかったことで、ファンの間では「生存説」が濃厚でした。そんな中、「ワイルド・スピード」の最終章となる10作目への出演交渉をしているということは、ジゼルが生きている可能性にも期待できるということになります。

そう考えると「ワイルドスピード」シリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2021年公開のため、10作目はまだ先の話になるとはいうもにの、「ガル・ガドット」が出演することに期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。