【レイザーラモンRG】愛車ホンダCB1100Rのスペックと価格

この記事は4分で読めます

【レイザーラモンRG】愛車ホンダCB1100Rのスペックと価格

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

あわせて読みたい記事:【くっきー!】 愛車のスズキGT380(サンパチ)野性爆弾仕様

お笑い芸人の「レイザーラモンRG」さん。モノマネでも大人気ですが、バイク芸人としても有名です。そのためにYouTubeで大人気となっている「バッドボーイズ/佐田正樹」さんの「佐田ビルダーズ」でもツーリングでバイクコラボしておられます。今回、「レイザーラモンRG」の愛車「ホンダ・CB1100R」に注目です。


「レイザーラモンRGさんのプロフィール」

  • 名前:Laser Ramon RG / レイザーラモンRG
  • 本名:出渕誠 / Izubuchi Makoto / いずぶち まこと
  • 出身地:愛媛県八幡浜市
  • 生年月日:1974年06月08日
  • 身長:177cm
  • 血液型:O型
  • 職業・ジャンル:お笑いタレント
  • 経歴:立命館大学経済学部卒。学生時代に学生プロレスでレイザーラモンHG(住谷正樹)と出会い、97年10月に“レイザーラモン”を結成。大学卒業後はサラリーマンとなるも、ほどなく吉本興業入り。吉本新喜劇などで活躍したのち、HGのブレイクをきっかけに東京へ進出。HGの陰に隠れながらも次第に存在感を増し、“あるあるネタ”などで人気を博す。また、パフォーマンス・ユニット“ビッグポルノ”としても活躍。2011年、“R-1ぐらんぷり”にレイザーラモンRGとして出場、準決勝進出を果たした。

「レイザーラモンRGさんの愛車ホンダCB1100R」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真嶋夏生のホンダCB1100R爆音スペシャル

お笑い芸人の「レイザーラモンRG」さん。バイク好き芸人としても有名ですが、3月21日にインスタグラムを更新して、愛車のバイク「ホンダ・CB1100R」のショットを掲載されています。

「昨日の夜は仲間と“横浜(ハマ)”を“暴走(はし)”って『じゃ“流れ解散”で…』って感じで」とコメントしています。インスタグラムには、「#CB1100R」「#CB1100typeR」「#特攻の拓」と添えています。コメント欄には「いよっ!男前!」「スピードの向こう側へ」「横浜流しお疲れ様です CBサイコー、サイコーです」といった声が上がっています。実は、この「レイザーラモンRG」さんの「ホンダ・CB1100R」は、当時モノのオリジナルモデルではなくレプリカで、「ホンダ・CB1100R仕様」なのです。外装レプリカでエンジンや足回りなどは、現行モデルです。つまり現行の空冷CBである「ホンダ・CB1100(SC65)」シリーズを「ホンダ・CB1100R」に近づけたカスタム車。この仕様は、「ドレミコレクション」社による「CB1100 type-R」のコンプリートモデル。17インチ車だとアッパーカウル/ヘッドライトガーニッシュ(ライト外周部)/テールカウル/シングルシートカバー/アルミタンクがセットになってペイントベースで49万3000円(税別)。塗装済みで69万8000円(税別)。18インチ車だとアンダーカウルも加わって49万8000(税別)/74万8000円(税別)。「SC65型ホンダ・CB1100」の18インチ版だと2010年から展開しているから初期モデルなら既に10年近くが経ち、ベースとして使える車両が50~60万円といった状況。


「ホンダ・CB1100R」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 滝沢ジュンジのホンダCBX400Fの仕様

「ホンダ・CB1100R」は1981年、プロダクションレース用のベースバイクとして発売されました。「ホンダ・CB900F」をベースにエンジン排気量を1,062㏄にボアアップ。そしてエンジンを、ホンダのワークスレーサーRCB1000からフィードバックされた強化コンロッドを採用するなどで強化、またアルミタンクやFRPシートカウルの採用など、レース使用を前提にした各種専用装備を有しています。

開発順としては、「ホンダ・CB750FOUR」→「ホンダ・RCB(FOURのファクトリーチューン)」→「ホンダ・CB750/900F(RCBレプリカ)」→「ホンダ・RS1000(Fのファクトリーチューン)」→「ホンダ・CB1100R(RS1000レプリカ)」となります。

ちなみにモデル名のRはレーシングバージョンを意味しており、実際に装備されるパーツもART製鍛造ピストン・強化プライマリーチェーン・簡単に脱着でき極限まで小型化されたジェネレータ・当時では珍しいクリップオンハンドルのほか、車体も「ホンダ・CB900F」ではエンジンの脱着を容易にするためにダウンチューブが一部ボルトオン構造となっていたフレームを強度を優先するために一体化し、軽量化の観点からFRP製カウリングや容量26の燃料タンクはアルミ製。生産作業も職人による手組みで仕上げられました。


「ホンダ・CB1100R」:モデル一覧

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

1981年:「ホンダ・CBR1100R/SC05(RB2)」(限定1050台)

RB-II(ノンカウル仕様)


1981年:「ホンダ・CB1100R/SC05(RB-II/ハーフカウル仕様)」

RB-II:フロントカウル(ハーフカウル)は「ホンダ・CBX1000」用を流用、シングルシート仕様。


1982年:「ホンダ・CBR1100RC/SC08」(限定1500台)

RC:エンジン出力120psへ向上、カーボンカウル、フルカウル・アルミ製燃料タンク・後部シートが装着。足回りは、インナーチューブを37㎜から39㎜に、ホイールも19インチから18インチの新型コムスターホイールに変更。


1983年:「ホンダ・CBR1100RD/SC08」(限定1500台)

RD:塗装がキャンディーカラーとして後期型塗装が白の部分をパールホワイトに、赤と青の部分をメタリックに変更。アッパーカウルをレースレギュレーションに合わせ前後長を短縮・スイングアーム(ボックスタイプ)、フロントフォーク、サスペンションも可変ダンパーとアルミリザーブタンクを装備した仕様に変更。


1983年:「ホンダ・CB1100F」

◉1983年にはCB900FとCB1100Rが統合したCB1100Fを発売。


「ホンダ・CB1100R」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2115/770/1340mm
  • シート高:795mm
  • 車軸距離:1490mm
  • 車体重量:233kg(乾)
  • 燃料消費率:不明
  • 燃料容量:26L
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC4バルブ並列4気筒
  • 総排気量:1062cc
  • 最高出力:120ps/9000rpm
  • 最高トルク:10.0kg-m/7500rpm
  • 変速機:常時噛合式5速リターン
  • タイヤサイズ:前3.25H19-4PR/後4.00H18-4PR
  • バッテリー:YB12ALA2
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 D9EA
  • オイル容量:※ゲージ確認を忘れずに 不明
  • スプロケ:不明
  • チェーン:不明
  • 車体価格:約250万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。