【ホンダ・Z】初代モデルをジムニーとドッキングしたバハオフロード仕様が販売

この記事は2分で読めます

【ホンダ・Z】初代モデルをジムニーとドッキングしたバハオフロード仕様が販売

あわせて読みたい記事:【RMオークション】警察車両スバル360ポリスのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ホンダ・N600改】1200ccエンジンレース仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

デビュー当時、「水中メガネ」の通称で愛された初代「ホンダ Z」。今回、この旧車のスペシャルカスタマイズマシンが海外のインターネット中古車サイトeBayにおいて販売されているようです。

「カスタム内容」:ジムニーとドッキング

あわせて読みたい記事:【日産・GT-Rオフロード・ゴジラ2.0】ラリー仕様のスペック

今回の「ホンダZ(Honda Z)」のスペシャルカスタマイズマシンに注目してみると、販売されている個体は、北米市場でも600クーペとして販売されたコンパクトモデルで、日本市場では1970年~1974年と非常に短い期間にて販売された軽自動車モデル。ベースとなるエンジンは、600クーペの名称にもなっている通り排気量600cc 直列2気筒エンジンを搭載しますが、日本市場ではN360型と更に控え目となる排気量360cc 直列2気筒エンジンを搭載しており、車体重量も500kg台ととにかく軽量なベース車両のオリジナルスペック。

しかし今回、eBayにおいて販売されている個体は、600クーペ本来のコンパクトさはなく、サスペンションシステムが大幅にカスタマイズされており、ブラックのアルミホールと33インチの大口径オールテレーンタイヤが装着され、プラットフォームはスズキ・サムライ(ジムニーの輸出名称)のラダーフレーム構造を持ち、更に大幅なリフトアップによりオフロード仕様へと過激改造されています。

「パワーユニットはスズキ輸出仕様をチューニング」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード7】オフロード・チャージャーバハ仕様のスペック

パワートレインについても、600ccではなく排気量1.3L スズキ製直列3気筒エンジンへと移植され、トランスミッションは5速MTと運転している気分としてはスズキ・ジムニー(Suzuki Jimny)とほぼ同じ仕様。

つまり、ベースはスズキ・サムライで、ボディだけホンダZに着せ替えた改造モデルとなるようですが、それでもここまでに仕上げるにはかなりの改造費用が掛かっているそうで、エンジンもほぼ新品に載せ替えたため、走行距離は僅か320kmと新車レベルとなっています。サスペンションシステムをはじめ足回り等の整備も定期的に行なっているとのことから、メンテナンス面も問題なく走破性も高いとのことです。

ちなみにエクステリアのボディカラーとしてイエローカラーを採用し、インテリアはブラックレザーやカーボンファイバーコンポーネントを使用するという仕様。

「販売価格」

気になるeBayでの販売価格は約185万円からとかなり高額です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。