【RMオークション】警察車両スバル360ポリスのスペック・価格

この記事は2分で読めます

【RMオークション】警察車両スバル360ポリスのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】登場車種ー嘉手納南風の紫のケンメリスカイライン

軽自動車の名車とされる「スバル360」。そのパトカーがオークションに登場予定とのことで注目されています。オークション自体はエルクハートにてRMサザビーズが(2020年5月1日に)開催するもの。そのオークションで注目されている個体がスバル360ということです。


「スバル360」:概要

あわせて読みたい記事:【BHオークション】KP47ワークス137E搭載のクワハラ仕様

スバル360は1958年に発売されていますが、その後1970年まで製造され、総生産台数は392,000台。当時、この数字は大きなヒットと言ってよく、そのヒットの理由としては「軽く、パワフルで、安価で、4人乗れたから」だと言われています。実際、「このスバル360」が登場するまでの軽自動車は2人乗りのみで、重く、非力で、高価であったそうで、実際のところ「スバル360」は「軽自動車初の4人乗り」のモデルでした。これを実現できたのは航空機製造をバックボーンに持つスバルならではの軽量車体構造の実現、優れたパッケージングであったからだと伝えられていますが、このヒットがスバルを「技術優先の会社」にしてしまい、その後長らく販売現場や消費者の声を聞かない、技術者ファーストの環境が続く原因になったとも報じられています。


「RMオークション:スバル360」:スペック・価格

あわせて読みたい記事:【BHオークション】希少510ブルSSSのケンカワイパーモデル

スバル360のボディサイズは全長2,995ミリ、全幅1,295ミリ、全高1,335ミリ。このサイズで4人乗り。この数字は驚異的ですが、開発の成り行きそのものは、ポルシェ創業の理由である「世の中を見回すと、小型で効率的で、経済的なスポーツカーはどこにもなかった。だから自分でつくろうと考えた」というもの。当時どの自動車メーカーにも実現できなかったことにチャレンジし、なし得たという歴史があります。エンジンは空冷2気筒、排気量は365cc。出力は15馬力、重量は385kgだという記録が残ります。トランスミッションは4速マニュアル、ブレーキは4輪ドラム式。

なお、スポーツモデルの「スバル360ヤングSS」は、ベースモデルに比べてパワーは倍以上へと向上しています。またトランスミッションも4速MT仕様。

下記は「スバル360ヤングSS」のスペック。

  • 全長×全幅×全高:2995×1300×1335mm
  • ホイールベース:1800mm
  • 重量:425kg
  • エンジン型式・種類:EK32型・直2 2ストローク
  • 排気量:356cc
  • 最高出力:36ps/7000rpm
  • 最大トルク:3.8kgm/6400rpm
  • トランスミッション:4速MT
  • タイヤサイズ:4.80-10-2PR
  • 価格:38万5000円

RMサザビーズによると、このスバル360について、「ニュージーランド警察(運輸省管轄)のカラーリング」と表記されているだけで、実際に公務に当たったパトカーなのか、それとも「ニュージランド警察仕様のレプリカ」なのかは不明。

フロントに残るダメージや、ストーンガード、無線、サイレン、ランプ等を備えておりその姿はパトカーそのもの。

しかし、シートはホワイトブラックのツートンカラーというオシャレな仕様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。