【ハルトゲF1】ベンツ300E改BMW製エンジン搭載・スペック

この記事は2分で読めます

【ハルトゲF1】ベンツ300E改BMW製エンジン搭載・スペック

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

あわせて読みたい記事:【BMW・M1 PROCAR】 グループ5仕様のスペックと軌跡

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

1980年代は、日本国内においてパワーウォーズ時代に突入して「各自動車メーカー」はパワーを求めたエンジン、過給器の追加、バルブ数の増加など技術革新が目立った状態。そのような中、海外においてもそうした流れとなっており、最高出力や最高速度、加速度などのポテンシャルに注目が集まった時代です。今回は、そうした時代を牽引したチューナーが製作したカスタムマシンを紹介。


「ハルトゲ社」:概要

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ポルシェ935K3モビーディックのスペック

製作したのは、レーシングドライバーでもあったヘルベルト・ハルトゲ。彼は1970年に「ハルトゲ」社を設立、1990年代のチューナーブームには大きな支持を得るほどに成長。

BMW、ミニ、レンジローバーを得意とし、ホイールからエンジンパーツまで幅広く手掛けており、ブレイトン、ACシュニッツァーらと並んで語られたほどのチューニングブランド。そしてハルトゲはチューナーでありながらも、1985年には「自動車メーカー」としての認可も受け、自身の名を冠したクルマを作ることが可能となります。

しかし、残念ながら現在はその活動が縮小されており、2001年にハルトゲ・ジャパンが設立されるも扱っている製品は「ウルティモ」ホイールただひとつのみ。※欧州では2019年に活動を終了。


「ハルトゲF1」:ベンツ改BMWエンジン搭載仕様

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

1988年にハルトゲはW124世代のメルセデス・ベンツ300Eをベースにしたコンプリートカーを作成することになります。

この際に選んだパワーユニットはBMW製の「M88」直6エンジン。このM88はBMW M1にも搭載された高性能ユニットで、排気量は3.5リッター、出力は330馬力。オリジナルのエンジンが180馬力なので大幅なパワーアップを果たしたということになります。

そしてポテンシャルは、0-100km/h加速は6秒、最高速度300km/hというスペックを誇ります。

クルマは「ハルトゲF1」と命名されており、エンジンスワップと出力向上だけではなく、ハンドリング向上を狙い足回りにはビルシュタイン製サスペンションも装着済み。

リアトランク内には燃料タンク(安全タンク)のようなものも見られます。

ハルトゲF1のインテリア。ダッシュボードやセンターコンソールにはウッドパネルが使用され、ステアリングホイールはハルトゲ製に。トランスミッションはマニュアルです。

リヤトレイ上のスピーカー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。