【トーヨータイヤ・C10型ハコスカ】輸出仕様カスタムのスペック

この記事は3分で読めます

【トーヨータイヤ・C10型ハコスカ】輸出仕様カスタムのスペック

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ハコスカGT-Rレーシングのスペック・価値

あわせて読みたい記事:【日産:C10型・ハコスカ輸出仕様】 2400GTの価格・仕様

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

日本国内において「ハコスカ(スカイライン:C10型系)」は、エクステリアはオーバーフェンダー、チンスポ、板バネ、位の硬派なカスタムやワークスフェンダーなどの街道仕様が多いですが、海外におけるカスタムとなると大きく異なります。例えば、世界最大級のカーイベントと言われる「SEMAショー」などでは、日本の旧車が派手なカスタムマシンに変貌を遂げていることが多いです。


「C10型:スカイラインHT 2000GT-X」:スペック

  • 年式:1969年
  • 型式:KGC10型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,330mm × 1,595mm × 1,375mm
  • ホイールベース:2,570mm
  • トレッド(F/R):1,325mm / 1,320mm
  • 車両重量:1,115kg
  • エンジン型式:L20
  • エンジン形式:直列6気筒 SOHC
  • 排気量:1,998cc
  • 最高出力:115PS / 5.600rpm
  • 最大トルク:16.5kgm / 3.600rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:4MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ディスク / ドラム

「スカイラインHT 2000 GT-R(KPGC10:ハコスカ)」:スペック

  • 年式:1971年
  • 型式:KPGC10
  • 全長:4,330mm
  • 全幅:1,655mm
  • 全高:1,370mm
  • ホイールベース:2,570mm
  • トレッド(F/R):1,370mm / 1,365mm
  • 車両重量:1,100kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • ボア × ストローク:82.0mm × 62.8mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:160ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:18.0kgf-m / 5,600rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク / ドラム

今回は、「トーヨータイヤブース」に展示された美しいターコイズブルーにカラーリングされた「KGC10型:ハコスカ」に注目してみましょう。

実は、以前はホワイトのボディカラーにL型フルチューンの仕様という日本における定番仕様だったそうですが、2019年の「SEMAショー」に向けて大幅リメイクが施されてきました。


「パワーユニットの変更」

パワーユニットは、L型からトヨタの2JZ-GTEエンジンへとスワップされています。またエンジンルーム内は無駄な部品を徹底的に排除した上でネジ穴や溶接痕を徹底的にスムージングする“ジェイブドベイ”を敢行している。ハコスカは6気筒を搭載するグレードもあったため、2JZの換装はさほど問題ではない。

ただし、走行性能を追求する場合はバルクヘッドを加工してエンジン搭載位置を下げるのがセオリーなのだが、このクルマはショーカーと割り切っているために、そのまま換装している状態でした。またショーカスタムゆえに派手さ求めた仕様でタービンはボルグワーナーのウエストゲート式で、エキゾーストは最短距離でボンネットから排出する漢気仕様となっています。フロントバンパー前にはオイルクーラー…ではなくインタークーラーを設置しパイピングはチタン製となっています。


「エクステリアデザインは、スムージング」

エクステリアはGT-R仕様としているものの、各部がスムージングされています。ホイールは、RSワタナベと並ぶ当時の定番、スターシャーク(おそらく復刻モデル)をチョイスしています。また定番のオーバーフェンダーを前後にセットし、ロー&ワイドを演出しています。

このクルマでもっとも大きなカスタマイズといえるのがリヤのサスペンションシステム。オリジナルはセミトレーリングアームですがプッシュロッド式に変更されているのです。

サスペンションの入力は、カムを介して向きを変えるシンプルな構造ですが、プッシュロッド仕様のハコスカなど世界中を探してもそう見つからないだろう仕様といえます。


「インテリアデザインの注目は左ハンドル仕様」

内装もボディ同色のターコイズブルーでリペイントされ、最低限の装備のみを残したレーシングスペック。そして、注目はハコスカ、が左ハンドル仕様になっていることでしょう。

他車種流用なのか、どこかの製品なのかは不明だが、アメリカのジャパニーズ旧車フリーク達にとっては垂涎モノのシステムとなっています。ダッシュボードは未完成のため、日章旗で隠されています。シートはセイボンのフルバケットでシートハーネスはタカタの4点式。リヤの空間を覆うロールケージはチタン製。日本とはまるで異なる、実にアメリカらしいアプローチで仕上げられた旧車チューンドとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。