【BHオークション】 生産197台のケンメリGT-Rのスペック

この記事は3分で読めます

【BHオークション】 生産197台のケンメリGT-Rのスペック

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】生産7台の赤のケンメリGTRが販売に

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ハコスカGT-Rレーシングのスペック・価値

あわせて読みたい記事:【BHオークション】日産フェアレディZ432Rのスペック・価値

日本の旧車は、近年世界中で価値や希少性が評価されて価格が高騰し、国内にある旧車が海外に渡って愛されていることは多くの車ファンの知るところ。そのような世界中で注目を集める日本国産旧車ですが、オークションにおいても高値で取り引きされているのも事実。それで日本で開催されるBHオークションに登場する国産旧車に注目したいと思います。今回は、旧車の代表格「ケンメリスカイライン」に注目してみました。


「ケンメリスカイライン」とは

「ケンメリ・ヨンメリ」の愛称で今でもファンを魅了し続けている4代目となる「C110系型:スカイライン」シリーズは、デビューから伝説となった「スカイライン」、悲劇の「スカイライン」などとも呼ばれるスカイラインです。デビューとなったのは、1972年9月のことでした。「GT-R」は希少価値、参戦することのなかったモータースポーツ、それでいながら先代モデルのすでに伝説となっていた「ハコスカGT-R」に搭載されていた「S20エンジン」を搭載などによって、ファンを魅了していったモデルでした。


「ネーミングの由来」

「ケンメリ・ヨンメリ」として今でも親しまれているC110型の通称は、広告キャンペーン「ケンとメリーのスカイライン」が由来となっています。これは、先代モデルのC10型の時代に展開された「愛のスカイライン」キャンペーンを継承、発展させたものでした。「ハコスカ」時代の「愛のスカイライン」のキャッチコピーも引き続き使用されましたこのCMの内容としては、若い男女のカップルがスカイラインに乗り、日本各地を旅するというシリーズもののCMで、この二人の名がケンとメリーでした。性能の高さや、レースでの栄光といった旧来のスカイラインの硬派なイメージとは異なるソフトなイメージのCMシリーズであったものの社会現象と呼べるまでの人気となりました。そして、「ヨンメリ」については4ドアセダンは「ヨンメリ」と呼ばれており、これは、「4(ヨン)枚(ドア)のケンメリ」の略となっています。


「ケンメリGT-R(KPGC110)」:スペック

あわせて読みたい記事:【ケンメリGT-R】C110型スカイラインレーシングのスペック

「ケンメリGT-R」は、先代モデルの「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」同様に「S20」型エンジン(排気量:1,989cc 160ps / 7,000rpm、18.0kgm / 5,600rpm)を搭載し、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラー等を装備する他、「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」では標準でなかったラジオが標準装備とされています。

  • 型式:KPGC110
  • 全長:4,460mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,380mm
  • ホイールベース:2,610mm
  • 車両重量:1,145kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • ボア × ストローク:82.0mm × 62.8mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:160ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:18.0kgf-m / 5,600rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム:F/R ディスク
  • 生産台数:197台

「BHオークション:スカイラインGT-R(ケンメリGT-R)」:スペック・価値

当時の広告キャンペーン、「ケンとメリー のスカイライン」にちなんだ「ケンメリ」の 愛称でも知られる4代目は、現在に至るス カイラインのキャラクターを決定付けたモデル。

そのスポーティにしてラグジュアリーな 風情も漂わせるエクステリアは、往年の日本 車らしくアメリカ車の影響も感じさせる佇まいだが、サーフィンラインと呼ばれたボディサイド下部の特徴的キャラクターラインは先代から継承している。

2ドアハードトップと4ドアのGTモデル で初採用となった丸型4灯のテールランプデ ザインは、実に10代目まで引き継がれるスカ イラインのアイコンにもなった。

しかし、そんなC110型をベースとしたKPGC110型、2代目GT-Rは不遇な存在として名を残すことになる。GT-Rといえば初代、あるいは1989 年に復活した3代目に代表されるモータース ポーツ界での華々しい活躍をイメージするクルマ好きは多いはず。だが、この2代目に関 しては発売の前年に開催された東京モーターショーでレーシング仕様のコンセプトカーが出展されたのみ。実戦に投入されることはなかった。 そればかりか、市販モデルの販売も発売された1973年のうちの数ヶ月のみ。

公称の総生産台数も、わずか197台とされている。その理由は販売の目的が先代から受け継いだ2リッター直列6気筒エンジン、S20型の在庫処分だったというものや、エンジンに装着するキャブレターが197台分しかなかった等、諸説あるようだが結果として2代目はGT-Rというより極めて希少な量産車としてクルマ好きの記憶に刻まれることとなった。

出品車は全体的にオリジナルの状態をきちんと維持しており、定番のワタナベ製ホイールとサスペンションが社外品に変更されてい る以外は大きな改造箇所は認められない。

車体ナンバーは、KPGC110-000104

走行距離計も4万3460kmを示す低走行車である。希少性という意味ではトヨタ2000GTにも負けず劣らずのケンメリGT-R。

予想落札価格ー43,000,000円〜46,000,000円

その価値は今後さらに上昇していくことだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。