【東京オリンピック2020】美人女子アスリート10人の注目画像

この記事は13分で読めます

目次

【東京オリンピック2020】美人女子アスリート10人の注目画像

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【澤井杏奈】F9ワイスピジェットブレイクの日本人女優の過去経歴

あわせて読みたい記事:【新木優子】 歴代彼氏や愛車の旧車とすっぴん画像やコスプレ画像

「東京オリンピック2020」で多くのアスリートたちが、世界中のスポーツファンの心を感動させ素晴らしい記録と記憶に残る大会としてくれました。金メダルや銀メダル、銅メダルメダリストたちの姿は眩しいものがありますが、「東京オリンピック2020」に参加したアスリートには、それぞれの魅力があります。今回は、「東京オリンピック2020」に参加した注目された女子アスリートたちをピックアップしてみました。


「世界柔道の美しきアスリート/ダリア・ビロディド」

あわせて読みたい記事:【ダリア・ビロディド】愛車エクリプスや歴代彼氏とスイーツチョコ

柔道世界ランキング1位ということで東京オリンピック2020優勝候補として注目されていた「ダリア・ビロディド」さん。その美貌と強さ、スタイルから多くのファンを魅了しています。美貌やスタイルから甘いものは食べないのかと思われがちですが、スイーツやチョコレートが大好きな方のようです。さらに実は「ダリア・ビロディド」さんは親日家で「谷亮子」さんに憧れていたりします。日本でのトレーニングキャンプも楽しんでおられたようです。


「ダリア・ビロディドさんのプロフィール」

  • 名前:ダリア・ビロディド
  • ラテン文字:Daria Bilodid
  • 原語表記:Білодід Дар’я Геннадіївна
  • 出身国:ウクライナ
  • 生年月日:2000年10月10日
  • 身長:172 cm
  • 階級:柔道48 kg級
  • 世界ランキング:1位
  • 獲得メダル:オリンピック 銅 2020 東京 女子48 kg級、世界柔道選手権 金 2018 バクー 女子48 kg級、金 2019 東京 女子48 kg級、ヨーロッパ選手権 金 2017 ワルシャワ 女子48 kg級、金 2019 ミンスク 女子48 kg級、世界ジュニア金 2018 ナッソー 女子48 kg級、世界カデ 金 2015 サラエボ 女子44 kg級
  • 経歴:父親は2005年の世界選手権73kg級で3位となったゲンナジー・ビロディド。両親がコーチを務めている。大会になるとコーチ席には母親のスビトラーナ・クズネツォワが付く。母親はあらゆる点で多大な影響を娘に与えている。当初、父親は娘に柔道をやらせたいとは思っていなかった。両親とも娘を新体操の選手にさせたいと思っていたこともあって、オクサナ・グツァイトの下で新体操を習っていたが、グツァイトがテレビジャーナリストに本格的に転身してしまった。そのため、両親が稽古を積む柔道場に顔を見せるようになると、興味を抱いて柔道を始めることになった。6歳の時だった。子供の頃は男子ともケンカするなどして怖れられていた。8歳の時からはヨーロッパ各地の国際大会にも出場して活躍するようになった。

「陸上美人アスリートのアリカ・シュミット」

あわせて読みたい記事:【アリカ・シュミット】愛車メルセデスAMGや歴代彼氏、自己ベスト

陸上アスリートで美貌とスタイルで世界的に注目されファンを魅了している「アリカ・シュミット(Alica Schmidt)」さん。「東京オリンピック2020」でもプライベートからトレーニング、練習など注目されていました。


「アリカ・シュミットさんのプロフィール」

  • 名前:アリカ_シュミット Alica Schmidt
  • 生年月日:1998年11月8日
  • 出身国:ドイツ・ヴォルムス
  • 活動期間:2017年 –
  • 身長:1.76 m (5 ft 9 in)[1]
  • 体重:55 kg (121 lb)
  • 職業:スポーツ陸上競技、モデル
  • 種目:200メートル走 400メートル走 400メートルハードル 800メートル走 4 x 400メートルリレー
  • クラブ:SCCベルリン
  • 獲得メダル:陸上競技 ヨーロッパジュニア陸上競技選手権大会 銀 2017年 4 x 400メートルリレー、ヨーロッパU23陸上競技選手権大会(英語版) 銅 2019年 4 x 400メートルリレー
  • 経歴:2017年、20歳以下のドイツ選手権の200メートル種目で2位。2017年のヨーロッパジュニア陸上競技選手権大会でドイツの4 x 400メートルリレーチームの一員として、ヴァネッサ・アニタイ、マイケ・ゲルラッハ、コリンナ・シュワブ(英語版)と共に2位に入賞。タイムは3分33秒08で、それまでの記録を上回ったが、ウクライナチームが3分32秒82のU20世界新記録を樹立したため後塵を拝した。インゴルシュタット出身の選手にとしては、1999年以来のメダル獲得。また、同選手権の個人400メートル種目の予選で、54秒23の自己ベストタイムを記録。この時は、リレーに集中するため、個人400メートルの決勝には参加しなかった。同年の20歳以下のドイツ選手権では、400メートル種目で2位。400Mハードルのシュミットのハードリング(2018年)
    2017年10月、個人的な理由でブランデンブルクに移ったシュミットは、SCポツダム(ドイツ語版)でトレーニングを開始。2019年のシーズンに先立ち、SCシャルロッテンブルクに加入。2019年ヨーロッパ陸上U23競技選手権では、4 x 400メートルリレーのドイツチームの一員として3位入賞。2019年ドイツ陸上競技選手権大会では、23歳以下の400メートル走で3位、4 x 400メートルリレーではSCCベルリンチームとして2位入賞。新型コロナウイルス感染症の世界的流行によるロックダウンの際は、シュミットは一人でトレーニングを行い、森の中を走っていたという。ドイツが規制を緩和すると、オリンピックを見据えてトラックでのトレーニングを再開した。2020年8月の国内大会の400メートル走では52秒21をマークし自己ベストを更新。2021年、ヨーロッパ陸上競技屋内選手権の4 x 400メートルリレーのドイツ代表選手に選ばれた。6月のドイツ陸上選手権では準決勝でシーズンベストとなる52秒74をマークして全体3位で予選突破するも、翌日の決勝ではタイムが伸びずに7位に終わった。筋肉系の故障に見舞われ、オリンピック選考への暗雲が垂れ込めているとも報じられた。

「アーチェリー界の美女バレンティナ・アコスタ ヒラルド」

あわせて読みたい記事:【バレンティナ・アコスタヒラルド】東京五輪選手の彼氏や愛車や年収

スポーツ選手のアーチェリーで活躍されている「バレンティナ・アコスタ ヒラルド」さん。その美貌とアーチェリーの卓越した技術で注目されている「バレンティナ・アコスタヒラルド」さんの愛車や彼氏についても話題となっているようです。


「バレンティナ・アコスタヒラルドさんのプロフィール」

  • 名前:バレンティナ・アコスタヒラルド(Valentina Acosta Giraldo)
  • 生年月日: 2000年4月20日
  • 年齢: 21歳
  • 身長:162.6㎝
  • 体重:57㎏
  • 出生国:コロンビア
  • 出身地:リサラルダ
  • 種目:アーチェリー
  • 経歴:バレンティナ・アコスタヒラルド選手は19歳だった2019年8月にマドリッドで達成したリカーブアーチェリーの世界チャンピオンを獲得。高校卒業後、コロンビアのナショナルチームに参加するとリマで開催されたパンアメリカンゲームでの銅メダルをはじめ、国際金メダル、国内銀メダル、国内金メダルを獲得。国内外の大会ですでに5つのメダルを獲得しています。バレンティナ・アコスタヒラルド選手の公式サイトによると、毎日早起きして4時間のトレーニングを行っているそうです。

「七種競技アスリート美人ジョージア・エレンウッド」

あわせて読みたい記事:【ジョージア・エレンウッド】カナダ代表選手の愛車や彼氏や水着画像

スポーツ選手で七種競技、五種競技で活躍されている「ジョージア・エレンウッド」さん。スポーツ選手としてだけでなく、美貌とスタイルの良さでも世界中から人気とファンを魅了しています。


「ジョージア・エレンウッドさんのプロフィール」

  • 名前:ジョージア・エレンウッド Georgia Lorraine Ellenwood
  • 生年月日:1995年8月5日
  • 出身地:カナダ ブリティッシュコロンビア州ラングリー
  • 学歴:ウィスコンシン大学マディソン校
  • 身長:170 cm (5 ft 7 in)
  • 体重:63 kg (139 lb)
  • ウェブサイト:https://georgia-ellenwood.com/
    職業:スポーツ競技/トラック&フィールド
  • 種目:七種競技、五種競技
  • 大学チーム:ウィスコンシン・バジャーズ
  • クラブ:アンダーアーマー
  • プロ転向:2018年
  • 経歴:高校の頃から陸上競技に力を入れるようになり、2013年にラングレー・セカンダリー高校を卒業。ウィスコンシン大学マディソン校に全額支給奨学金で入学した。2016年のインドア世界選手権にカナダ代表として出場し9位入賞した。自己ベストとウィスコンシン・バジャーズ(英語版)の学校記録を樹立し、8度のNCAAディビジョンIオールアメリカンと、2018年のビッグ・テン・カンファレンスのフィールドアスリート・オブ・ザ・イヤーを受賞している。大学を卒業した翌年にアンダーアーマーと契約しプロに転向。2021年7月、新型コロナウイルスのため1年延期された2020年東京オリンピックの陸上女子七種競技カナダ代表に選ばれた。

「陸上中距離美人ランナーのガイア・サバティーニ」

あわせて読みたい記事:【ガイア・サバティーニ】イタリア代表選手の愛車や彼氏や水着画像

陸上中距離ランナー、800m、1500mのイタリア代表「ガイア・サバティーニ(Gaia Sabbatini)」さん。スポーツ選手としてだけでなく、その美貌とスタイルなどでも世界中から注目されています。

東京オリンピック2020でもメダル候補として期待されている選手ですが、「ガイア・サバティーニ」さんのプライベートや彼氏、また愛車にも注目が集まっています。


「陸上1500m世界記録と五輪メダリスト」

あわせて読みたい記事:【堀米雄斗】東京オリンピックスケボー金メダルの愛車や彼女や年収

1500mの世界記録は、男子が3分26秒00(ヒシャム・エル・ゲルージ/モロッコ)、女子が3分50秒07(ゲンゼベ・ディババ/エチオピア)。リオデジャネイロ五輪の金メダルは、男子がマシュー・セントロウィッツ(アメリカ合衆国)、女子がフェイス・キピエゴン(ケニア)、ディババは銀メダル。ちなみにリオデジャネイロ五輪では、男女とも日本人選手のエントリーはなし。東京五輪では、「田中希実」さんと「卜部蘭」さんがエントリー。


「東京オリンピック2020陸上1500M日本代表」

  • 「田中 希実(豊田織機TC)」初出場
  • 1999年9月4日生まれ
  • 出身地:兵庫県
  • 出身校:西脇工業高(兵庫県)
  • 自己ベスト:4分05秒27
  • 「卜部 蘭(積水化学)」初出場
  • 1995年6月16日生まれ
  • 出身地:東京都
  • 出身校:東京学芸大学
  • 自己ベス: 4分10秒52

「ガイア・サバティーニさんのプロフィール」

  • 名前:Gaia Sabbatini(ガイア・サバティーニ)
  • 生年月日:1999年6月10日
  • 性別:女性
  • 出生地:TERAMO
  • 出生国:イタリア
  • 居住地:ROME
  • 居住国:イタリア
  • ナショナルチーム:イタリア:2キャップ(2020-2021
  • 身長:1.75 m(5フィート9インチ)
  • 体重:57 kg(126ポンド)
  • コーチ:マルチェロ・ヴィセレ(2013-2017)、アンドレア・チェッカレッリ(2018-)
  • 経歴:イタリアの中距離ランナーであり、U20インドアチャンピオンですが、水泳とダンスでスポーツを始めました。「ガイア・サバティーニ」さんは、イタリアのテラモにあるLiceoClassico-Scientifico MelchiorreDelficoの高校に通いました。2016年、ガイアサバティーニは、2つの権威ある全国選手権でそれぞれ1位と2位になりました。800m(2016年5月15日)のU18(アリーブ)カテゴリーで2:17.98のブレッサノーネでのブリクシア大会と高校生選手権(Campionati studenteschi)です。2017年2月5日、彼女はアンコーナで開催された全米U20インドアチャンピオンシップで800mジュニア(U20)のカテゴリーで2:13.19で金メダルを獲得しました。 彼女は、フィレンツェで開催された2017 National U-20 Outdoor Championshipsで2:08.92のタイムで自身の記録を更新しました。個人的な800メートルの記録は2:10.05(2017年1月29日)です。2018年11月から、彼女はローマに移り、カステルポルツィアーノの施設でアンドレア・チェッカレッリと一緒にトレーニングを行いました。 2021年には、4:04.23(1993年以来のブルーのベストタイムトライアル)で7秒以上の改善が見られ、品質が飛躍的に向上し、800メートル(2:00.75)で金メダルを獲得しました。彼女の姉のエヴァ・サバティーニも中距離走者です。彼女の父親であるピノサバティーニは、2014年に雪崩で亡くなった山岳ガイドでした。

「BMXフリースタイルのアイドル/ララマリー・レスマン」

あわせて読みたい記事:【ララマリーレスマン】ドイツ代表選手の愛車VWゴルフや歴代彼氏

BMXフリースタイルのスポーツ選手で世界チャンピオンの経験もある「ララマリーレスマン」さん。BMXのテクニックだけでなく、その美貌とスタイルから多くのファンを魅了し世界中から注目されています。

東京オリンピック2020のBMXフリースタイルの決勝にも出場しメダルは逃したものの競技に注目が集まりました。


「ララマリーレスマンさんのプロフィール」

  • 名前:ララマリーレスマン (Lara Marie Lessmann)
  • 生年月日:2000年2月10日
  • 出身:ドイツ・フレンスブルグ
  • 身長:163㎝
  • スポンサー:REDBULL(レッドブル)
  • 経歴:2017UCIフリースタイルBMX世界選手権 2位、2018ユースオリンピック(アルゼンチン) 金メダル、UCIワールドカップシリーズ 優勝、実力を磨き世界で活躍するフリースタイルのBMXライダーです。現在は、より良い練習環境を求めて、ベルリンに練習拠点を移しています。「ララマリーレスマン」さんは、お兄さんたちの影響でBMXを始めました。11歳からbmxに乗っています。ちなみに「ララマリーレスマン」さんの兄もBMXライダーで、プロとして乗っています。最初のbmxバイクを手に入れたのは、祖父母が宝くじを当て買ってもらったそうです。小さい頃は、アイドルのような可愛い見た目だけど、おてんばで活発な女の子だったのがうかがえます。当時は、女の子でBMXをする子が珍しかったようです。BMXの男子クラスしかなく、男の子やお兄さんたちの技を真似ながら、技を磨いていました。2017年にベルリンに移住することを決めます。それから、プロになりました。ベルリンに移住したことは彼女にとって大きな転機となっています。世界中の女性と競うのがとても楽しかったこと、そして、BMXをプロとしてやっていきたいと思ったそうです。

「スケートボードフリースタイルの美女レティシア・ブフォーニ」

あわせて読みたい記事:【レティシア・ブフォーニ】ブラジル代表の愛車アウディや水着画像

スケートボードフリースタイルの世界女王として有名な「レティシア・ブフォーニ」さん。卓越したスケートボードテクニックだけでなく、その美貌とスタイルによっても注目されています。

東京オリンピック2020のスケートボードフリースタイルでも素晴らしい姿を見せてくれました。


「レティシア・ブフォーニさんのプロフィール」

  • 本名:Letícia Bufoni e Silva レティシア・ブフォーニ・エ・シルバ
  • 生年月日:1993年4月13日
  • 出身地:ブラジル サン・パウロ州サンパウロ
  • 身長:1.60 m
  • 体重:50 kg
  • 主な出場大会:
  • 【世界スノーボード選手権(World Skateboarding Championship)】
  • 2018 リオデジャネイロ 銀メダル
  • 2017 ロサンゼルス   銀メダル
  • 2016 ロサンゼルス   銀メダル
  • 2015 シカゴ      金メダル
  • 【エックスゲームズ(X Games)】
  • 2019 上海       金メダル
  • 2018 シドニー     銀メダル
  • 2018 ノルウェー    金メダル
  • 2017 ミネアポリス   銅メダル
  • 2014 オースティン   銅メダル
  • 2013 ロサンゼルス   金メダル
  • 2013 バルセロナ    金メダル
  • 2012 ロサンゼルス   銀メダル
  • 2011 ロサンゼルス   銅メダル
  • 2010 ロサンゼルス   銀メダル
  • 経歴:スケートボードフリースタイルの「レティシア・ブフォーニ」さんは1993年生まれ。9歳からスケートボードをはじめ、当時からその才能は他を圧倒する存在だったようです。そんな「レティシア・ブフォーニ」さんのお父さんがある日、近所で男の子10人位に混ざってスケボーを楽しむ姿を目撃します。しかし、その中にいる女の子は我が娘ただ一人。お父さんはそのことに怒り、娘の「レティシア・ブフォーニ」さんを怒鳴り散らしたそうです。しかし、そのことがかえって「レティシア・ブフォーニ」さんのスケボー熱に火を着け、1年も経たないうちに小規模ながらも大会に出場。ブラジルで圧倒的な力を示すと14歳の時にXゲームに出場するためアメリカ・LAへ。大会後、彼女はブラジル行きの飛行機に乗ることはなく現地に留まり、ハリウッドにある高校へ進学します。本場アメリカでメキメキと力を伸ばし、2013年には3つの国際大会で金メダルを獲得。東京オリンピック2020のスケートボードフリースタイルでも活躍されました。

「スポーツクライミングの美女ヤンヤ・ガンブレット」

あわせて読みたい記事:【ヤンヤ・ガンブレット】スロベニア代表選手の愛車や彼氏や水着画像

スポーツクライミングのプロとして活躍されている世界的に有名な「ヤンヤ・ガンブレット」さん。実はクライミングのテクニックだけでなく、その美貌とスタイルによっても注目されています。

東京オリンピック2020のスポーツクライミングの決勝でも注目となっていました。


「ヤンヤ・ガンブレットさんのプロフィール」

  • 名前:ヤンヤ・ガンブレット Janja Garnbret
  • 出身国:スロベニア
  • 出身地:スロベニア・スロヴェニ・グラデツ
  • 生年月日:1999年3月12日
  • 職業:プロ ロッククライマー
  • 身長:1.64 m
  • スポンサー:レッドブル
  • 資産:100万ドルから500万ドル
  • 好きな色:ピンク
  • 好きな食べ物:アボガド
  • 好きな動物:アルパカ
  • 実績 専門分野:スポーツクライミング、ボルダリング
  • 最高記録
  • レッドポイント:9a (5.14d)
  • オンサイト:8b (5.13d)
  • 著名な実績:ボルダリングワールドカップでシーズン制覇、14の世界タイトル(ワールドカップ種目別優勝8、世界選手権優勝6)を獲得した史上唯一のクライマー
  • 経歴:7歳の時にクライミングに出会い、最初に登ったのは自宅にある木やキャビネットなどの家具だった。クライミングが楽しくなると、その後クライミングコースに入学し、スポーツとしてのクライミングの技術を本格的に学ぶ。「ヤンヤ・ガンブレット」さんはクライミングを続けている理由を問われ、「すべてを賭けて愛しているからです。ウォールに挑んでいる間は他のすべてが気にならなくなります」と答えています。8歳で初めてスロベニア国内のクライミング大会に出場。2013年、スロベニアユース代表入りしクライマーとしてキャリアをスタート。同年のヨーロッパユース選手権のボルダリング部門に出場し、初めての大きな大会で優勝を飾った。2014年の世界ユースB選手権のリード種目で初の国際タイトルを獲得。2015年7月、当時まだ16歳になったばかりの「ヤンヤ・ガンブレット」さんは、IFSCクライミングワールドカップの出場資格を初めて得た大会ではシニアカテゴリーに初出場。リードクライミングの総合順位で7位となった。同年、スウェーデンで開催された注目のボルダリングイベント「La Sportiva Legends Only」でも、ショーナ・コクシー(英語版)、メリッサ・ル・ネヴェ、ユリアーネ・ヴルム(英語版)、アンナ・ストーア(英語版)、を抑えて1位を獲得。また、2015年に開催されたボルダリングの「Melloblocco」でも優勝。2016年、IFSCクライミングワールドカップのリードとコンバインドのシーズンタイトル、世界選手権のリードクライミング、世界ユースA選手権のリードクライミングとボルダリングの両方で優勝。また、ボルダリングの世界最高の選手を対象とした招待制のコンテスト「Adidas Rockstars 2016」では、スーパーファイナルでジェシカ・ピルツ(英語版)を破り優勝し。2016年と2018年にはロックマスターで優勝。2017年、ワールドカップでリードと複合種目で優勝、ヨーロッパ選手権では複合タイトルを獲得し、ボルダリングではワールドカップとヨーロッパ選手権で2位となった。2018年は、ワールドカップでリードと複合種目のタイトルを防衛したが、学校の都合もありボルダリングでは7大会中3大会しか参加できなかった。にもかかわらず、金メダル2個、銀メダル1個を獲得している。さらに、世界選手権ではボルダリングと複合の両方で優勝。リードクライミングの世界選手権では、優勝した「ジェシカ・ピルツ」よりも11秒遅い4分38秒で最終ルートを登りきり、銀メダルに終わった。2019年、ボルダリング・ワールドカップで、予選6回[、準決勝4回、決勝6回で1位を獲得し、総合ではボルダー課題(コース)78問中74問を解き、全種目通じて男女初となる6戦全勝での完全制覇を達成。競技用クライミングの歴史上、これまでに誰も達成したことがない偉業。 同年、2019年IFSCクライミング世界選手権で4種目中3種目を制し、リード、ボルダリング、コンバインドで金メダルを獲得。 コンバインドでの優勝により、2020年東京オリンピックの出場権を獲得。2021年のIFSCクライミングワールドカップでは、4月のマイリンゲン(英語版)でのボルダリングで優勝した後、ソルトレイクシティで2位となり、ボルダリングのワールドカップでの連勝記録を9回に伸ばした。

「スポーツクライミングの美女ジュリア・シャヌルディ」

あわせて読みたい記事:【ジュリア・シャヌルディ】フランス代表選手の愛車クプラと美画像

スポーツクライミングで世界で大活躍されている「ジュリア・シャヌルディ」さん。東京オリンピック2020のスポーツクライミングでも素晴らしい活躍で世界を魅了しています。しかし、スポーツクライミングのテクニックだけでなく「ジュリア・シャヌルディ」さんは、その美貌とスタイルによっても注目されていました。


「ジュリア・シャヌルディさんのプロフィール」

  • ボルダリングとリードの両方でW杯決勝に進出しているオールラウンダー。岩場では女性3人目の5.15bルート完登という成果を残している。
  • 名前:ジュリア・シャヌルディ Julia Chanourdie
  • 生年月日:1996/06/25
  • 性別:女性
  • 身長:164cm
  • 出身:フランス
  • 得意種目:リード
  • 主な戦績:19年IFSC複合予選会2位(コンバインド)
  • 平均順位 / W杯&世界選手権
  • ※2018-21年 スピード:37.1位
  • ボルダリング:23.9位
  • リード:14.1位
  • スピード自己ベスト 8.73秒

「世界陸上高跳びの美人ユリア・レフチェンコ」

あわせて読みたい記事:【ユリア・レフチェンコ】ウクライナ代表選手の愛車と彼氏と水着画像

世界陸上競技選手権の銀メダリストの「ユリア・レフチェンコ(Yuliya Levchenko)」さん。実はアスリートとしての素晴らしさだけでなく、その美貌とスタイルにも注目が集まってSNSのInstagramでも話題となっている「ユリア・レフチェンコ」さん。


「ユリア・レフチェンコさんのプロフィール」

  • 名前:ユリア・レフチェンコ Yuliya Levchenko
  • 選手権記録:2017年世界陸上競技選手権の銀メダリスト。 2015年の世界陸上競技選手権[3]および2016年リオオリンピックには出場したものの決勝に進むことはできなかった。 屋外の自己ベストは2017年8月に世界陸上競技選手権の決勝で記録した2m01cmであり、室内の自己ベストは2018年1月にキエフで記録した1m97cm。
  • 国籍:ウクライナ
  • 種目:陸上競技、走高跳
  • 生年月日:1997年11月28日
  • 生誕地:ウクライナ
  • 身長:179㎝
  • 自己ベスト:2m01
  • 獲得メダル 女子陸上競技ウクライナ
  • 世界陸上競技選手権 銀 2017 ロンドン 走高跳
  • 欧州室内陸上競技選手権大会 銅 2017ベオグラード 走高跳
  • 世界ジュニア陸上競技選手権大会 銅 2016 ブィドゴシュチュ 走高跳
  • ユースオリンピック 金 2014南京 走高跳
  • 2017年になると記録を伸ばしU23欧州選手権で優勝。6月8日、ローマで開かれたダイヤモンドリーグで1m96cmを跳び、準優勝。7月21日、モナコで開かれたダイヤモンドリーグでは1m97cmを跳び、準優勝。ロンドンで開かれた世界陸上でも2015年北京大会チャンピオンのマリヤ・ラシツケネと互角に争った。決勝前、レフチェンコの自己最高記録は1m97cmであり、対するラシツケネのシーズンベストが当季世界最高の2m06cmだった。1m97cmまでレフチェンコとラシツケネはいずれも1回で跳躍を成功させ互角の勝負だったが、バーの高さが1m99cmに上がった時にラシツケネが初めて跳躍を失敗した。試技順が後だったレフチェンコは1回で1m99cmをクリアし優勝に王手をかけた。しかしここでラシツケネが勝負に出る。ラシツケネは1m99cmを再び挑戦することなく、バーの高さを2m01cmに上げたのだ。レフチェンコは2m01cmを1回目の試技で失敗したが、ラシツケネは逆に1回で成功し、レフチェンコを逆転。追い詰められたレフチェンコは2回目の試技で2m01cmをクリアし、パーソナルベストを記録した。しかしラシツケネは2m03cmを1回で跳躍し、レフチェンコは3回とも失敗して準優勝が決まった。9月1日、ブリュッセルで開かれたダイヤモンドリーグは1m94cmを跳び準優勝した。ダイヤモンドリーグでは3回ともマリヤ・ラシツケネに敗れている。東京オリンピック2020では、2021年8月7日の陸上女子高跳び決勝に進出されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。