【ワイルドスピード8】劇中車両ラリーファイターのスペック・価格

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード8】劇中車両ラリーファイターのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【Z10型ソアラ改】シャコタンブギ・ハジメのソアラ仕様スペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】スピンオフ含めたシリーズ人気ランキング公開

これまで多くの名車、旧車、スーパーカーが登場するだけでなく、その多くの劇中車両がカスタマイズされカーアクションを繰り広げることでファンを魅了してきた「ワイルドスピード」シリーズ。今回は「ワイルドスピード・ICE BREAK」で劇中車両として使用された「ローカルモーターズ・ラリーファイター」に注目です。

 


「ワイルドスピード・ICE BREAK」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車アイスチャージャーのスペックと価格

「ワイルドスピード(The Fast and the Furious)」シリーズは、2001年に第一作が公開された、ストリート・レーシングをテーマとしたカーアクション映画。これまで世界的な大ヒットを遂げてきましたが、今回は映画「ワイルド スピード・ICE BREAK」についてです。あらすじとしては、誰よりも仲間を愛し大切にしてきた「ドミニク(ヴィン・ディーゼル)」の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。しかし、彼の行動には謎の「サイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)」が関与していることがわかり、「レティ(ミシェル・ロドリゲス)」や「ローマン(タイリース・ギブソン)」らはドミニクを取り戻すため、最大の敵「デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)」と手を組むことにするものの、どのようになっていくのかというのが流れです。


「ローカルモーターズ・ラリーファイター」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード7】劇中車プリムス・ロードランナーのスペック

「ワイルドスピード8」の中でレティがドライブするマシンが「ローカルモーターズ・ラリーファイター」です。このマシンのメーカーは、多くに人にとっては映画「トランスフォーマー ロストエイジ」で知ったという方が多いようです。

しかし、このマシン、実力派でラリーファイターのパフォーマンスは圧倒的なのです。エンジンはGM製の6.2リットルv型8気筒エンジン。しかもマウントはフロントミッドシップに配置し、同じくGM製の4速オートマチックトランスミッションでギアを切り替えるしよ。

そして、このラリーファイターのエンジンは、最高出力430馬力も出力し、約575Nmという強大なトルクを発揮します。オフローダーでありながら4輪駆動ではなく後輪駆動の2WDで、最高速度は210km/h。0-100km/h加速はなんと6.0秒というパフォーマンスを誇ります。

また車両重量は1792kgというオフローダーにしては比較的軽量な車重とパワフルなエンジン、4輪ディスクブレーキ、優れたサスペンションの組み合わせで、どんな地形でも高速で駆け抜けることができます。また車高は2段階で買えることができ、オンロードでは車高を下げることで安定した走行を実現しています。

価格は、日本円で3,000万円。下記が「ローカルモーターズ・ラリーファイター」のスペックとなります。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 実はヴィン・ディーゼルは続編を断っていた


「Rally Fighter」:スペック

Driven By: Letty, the wonderful Michelle Rodriguez

POWER:GM LS3 V8,Magnaflow Exhaust
FUEL SYSTEM:Aeroquip
DRIVETRAIN:4L80E Transmission,9” front & rear differential,4wd conversion
BRAKE SYSTEM:Wilwood Superlite
SUSPENSION:King Shocks
INTERIOR:Recaro Race Seats
Exterior:Armor plating   :By Lucra Front / Rear Bumpers   Off Road Unlimited Graphite Grey & Flat Black with Bright Red
WHEELS: Method
TYRES: General AT/2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。