【特攻の拓のバイク】高遠陸夫の愛車セローXT225Wスカチューン

この記事は6分で読めます

【特攻の拓のバイク】高遠陸夫の愛車セローXT225Wスカチューン

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【寛一郎】 湘南純愛組!の愛車カワサキ・ゼファー400鬼爆仕様

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「高遠 陸夫(たかとう りくお)」の愛車「ヤマハ・XT225Wセロー」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「高遠 陸夫(たかとう りくお)」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

「灰色の亡霊(グレイ・ゴースト)」の正体。「鮎川真里(マー坊)」、「秋生」、「半村晶」と同じ「港洛中」出身で、「県立商業高校」の1年。族でもヤンキーでもないが、自分のスタイルを確立させており、特に暴走りには強い拘りを持つ。明るく気さくな性格だったが、クール・Dの知人の海兵が残した「ハーレーダビッドソン・スポーツスター」に乗るにつれ、いつしか取り憑かれたようにそのスピードに魅せられ、灰色の亡霊(グレイゴースト)と呼ばれるようになる。愛車は「ヤマハ・XT225W」、横須賀米海軍基地所属の海兵所有のレース用の「ハーレーダビッドソン・スポーツスター」。


「ヤマハ・XT225 セロー(初代1KH型)」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】陣野平蔵のホンダ・ゴリラ改モンキー輸出仕様

1985年に登場した初代セローことXT225SEROW/1KH型。セローは「マウンテン・トレールモデルであり、林道、山道、けもの道、あるいは道なき山奥などでの走破能力に優れたモデル。山奥で安全に遊ぶことも可能であり、トライアル的な走りかたも可能であり、それでいながら街乗りやツーリング、高速道路での走行にも柔軟に対応。


「1985年:ヤマハ・XT225セロー(1KH型)」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2055/825/1160mm
  • シート高:810mm
  • 車軸距離:1350mm
  • 車体重量:102kg(乾)
  • 燃料消費率:60km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:7.6L
  • エンジン形式:空冷4サイクルSOHC単気筒
  • 総排気量:223cc
  • 最高出力:20ps/8000rpm
  • 最高トルク:1.9kg-m/7000rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前2.75-21-4PR 後120/80-18(62P)
  • バッテリー:GM3-3B
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 D8EA
  • 推奨オイル:ヤマハ純正エフェロ SJ/SG/SF(10W-30から10W-40)
  • オイル容量:全容量1.3L 交換時1.0L フィルター交換時1.1L
  • スプロケ:前15|リア45
  • チェーン:サイズ428|リンク120
  • 車体価格:329,000円(税別)
  • ※スペックは1KH

「1989年:ヤマハ・XT225セロー(二代目:3RW型)」:概要

あわせて読みたい記事:【ネメシス】窪塚愛流が使用するバイクのカワサキKDX250SR

1989年に二代目モデルとなる3RW型にモデルチェンジ。変更点は、セルスイッチ追加、バッテリー容量を倍の6Ah、タンク容量を7.6Lから8.8L、サスペンションを見直し、シート厚もアップ、ハンドル幅を20mmショート化、他にもリアフートレストフレーム懸架や、エンジンのシルバー塗装やステンレス製エキパイ…etc。1991年モデルで昼間自動点灯、バッテリー点灯方式、3相ACM、トランジスタ式フラッシャーリレーの追加。1992年モデルでハンドルスイッチ変更、グリップ材変更など。


「1989年:ヤマハ・XT225セロー(二代目:3RW型)」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2070/800/1160mm
  • シート高:810mm
  • 車軸距離:1350mm
  • 車体重量:106kg(乾)
  • 燃料消費率:60km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:8.8L
  • エンジン形式:空冷4サイクルSOHC単気筒
  • 総排気量:223cc
  • 最高出力:20ps/8000rpm
  • 最高トルク:1.9kg-m/7000rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前2.75-21-4PR 後120/80-18(62P)
  • バッテリー:GTX7L-BS
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 DR8EA
  • 推奨オイル:ヤマハ純正エフェロ SJ/SG/SF(10W-30から10W-40)
  • オイル容量:※ゲージ確認を忘れずに 全容量1.3L、交換時1.0L、フィルター交換時1.1L
  • スプロケ:前15|リア45
  • チェーン:サイズ428|リンク120
  • 車体価格:339,000円(税別)

「1993年:ヤマハ・XT225Wセロー(4JG型)」:概要

あわせて読みたい記事:【芸人ヒロシ】愛車の旧車スズキHi(ハイ)スクーターカスタム仕様

1993年に三代目モデルの4JG型にモデルチェンジ。変更点は、フロントサスのメタル変更で作動性向上、ステアリングのベアリング変更、シフトタッチ向上などの改良が加わり、新たにWモデルが併売する形で登場しました。モデル名のWの意味は「SEROW ”W”ORLD」、「”W”ilderness(森林地帯)」、「”W”oods riding」、「走りの幅が”W”ideに」という四つのコンセプトワードから付けられています。走行性能を向上させたモデルで60W/55Wの大容量ヘッドライト、リアをディスクブレーキ化、アンダーブラケットをバフ仕上げのアルミ、フートレスト部のフレームにアルミ製プロテクター採用、別体サブタンク付きリアサスペンションなどの変更が加わっています。1995年には、クラッチワイヤー変更、シート着座面幅30mm増、フートレスト踏面前後幅拡大、ブレーキフィーリング向上の改良。更にアルミ製ハンドルや前後ゴールドリムなどの特別仕様なども相次いて販売されました。


「1997年:ヤマハ・XT225WEセロー(4JG6型)」:概要

1997年は四代目となる「ヤマハ・SEROW225WE(4JG6~)」へとマイナーチェンジし一本化されました。変更点は、キャブレター口径変更(34mm→31mm)、クランクマスアップ、リアチューブレス、異径2ポットフロントキャリパー、新エアスクープ、新シート、燃料タンクが8.8Lから10Lへアップ。


「1997年:ヤマハ・SEROW225WE(4JG6型)」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2070/800/1160mm
  • シート高:810mm
  • 車軸距離:1350mm
  • 車体重量:106kg(乾)
  • 燃料消費率:60km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量 8.8L{10.0L}
  • エンジン形式:空冷4サイクルSOHC単気筒
  • 総排気量:223cc
  • 最高出力:20ps/8000rpm
  • 最高トルク:1.9kg-m/7000rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前2.75-21-4PR 後120/80-18(62P){前2.75-21(45P)}
  • バッテリー:GTX7L-BS {GT6B-3}
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 DR8EA
  • 推奨オイル:ヤマハ純正エフェロ SJ/SG/SF(10W-30から10W-40)
  • オイル容量:※ゲージ確認を忘れずに 全容量1.3L、交換時1.0L、フィルター交換時1.1L
  • スプロケ:前15|リア45
  • チェーン:サイズ428|リンク120
  • 車体価格:349,000円(税別)[369,000円(税別)]{379,000円(税別)}
  • ※[]内はSEROW225W
  • ※{}内はSEROW225WE

「2000年:ヤマハ・SEROW225WE(5MP型)」:概要

あわせて読みたい記事:【HARUKAバズーカ】サイバージャパンダンサーズの愛車カワサキZとホンダCB

2000年に「MASTER OF FIELDS」として五代目モデルの5MP型にモデルチェンジ。このモデルからXTの名が取られ、ヤマハSEROW225WEとなりました。変更点ですが、アルミ鍛造ピストン採用、メッキシリンダー、エアインダクション(二次エア)、スロポジ付き33mmBSRキャブレター、リアホイールダンパーとなっています。


「2000年:ヤマハ・SEROW225WE(5MP型)」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2070/805/1140mm
  • シート高:810mm
  • 車軸距離:1350mm
  • 車体重量:122kg(装)
  • 燃料消費率:60km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:10.0L
  • エンジン形式:空冷4サイクルSOHC単気筒
  • 総排気量:223cc
  • 最高出力:20ps/8000rpm
  • 最高トルク:1.9kg-m/7000rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前2.75-21(45P) 後120/80-18(62P)
  • バッテリー:GT6B-3
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 DR8EAまたはX24ESR-U
  • 推奨オイル:ヤマハ純正エフェロ SJ/SG/SF(10W-30から10W-40)
  • オイル容量:※ゲージ確認を忘れずに 全容量1.3L、交換時1.0L、フィルター交換時1.1L
  • スプロケ:前15|リア45
  • チェーン:サイズ428|リンク120
  • 車体価格:389,000円(税別)

「高遠陸夫の愛車ヤマハ・セローXT225Wスカチューン仕様」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】天羽時貞の愛車SR400ルシファーズハンマー

「特攻の拓」に登場する「高遠 陸夫(たかとう りくお)」の愛車は、「ヤマハ・XT225Wセロー」のスカチューン仕様です。

カスタムは、軽量化、ボアアップ関係、ベーツ4.5インチのライト、スーパーバイクハンドル、グリップエンド、延長フロントフォーク(ノーマルのまま?)、フロントフェンダーレス、21インチのフロントホイール、ホンダFTRのタンク、FTRのシート、スーパートラップマフラー、軽量タイプのドリブンスプロケット 「タンク」や「グリップエンド」はパープルキャンディに塗装。 重量は余裕で100Kg以下。 最高出力30馬力以上。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。