【カワサキ・Z400GP】希少モデルが登場した映画や漫画代表作

この記事は3分で読めます

【カワサキ・Z400GP】希少モデルが登場した映画や漫画代表作

あわせて読みたい記事:【カワサキ・Z400FX】角Z400が登場した映画や漫画代表作

あわせて読みたい記事:【特攻の拓バイク一覧まとめ】国産海外の旧車・名車・希少車・族車

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

400ccミドルクラスの「カワサキ・Z」シリーズとして「Z400FX」の後継モデルとなったのが「カワサキ・Z400GP」。リアのサスペンションやシャープなシルエットデザイン、軽量化が図られたことが特徴です。このモデルは、生産期間が1年余りと短く希少モデルとなっています。このモデルも空冷エンジンであり、「Z400FX」の後継モデルということもあり人気です。今回は、この「カワサキ・Z400GP」が登場する漫画や映画に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓に登場するカワサキZ400GP」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「那森倫子(なもり りんこ)」

あわせて読みたい記事:【瀧本美織】愛車のカワサキ・エストレヤ250冬月あずさGTO仕様

「那森須王」の双子の妹。当初、「那森須王」に間違われることを嫌い、強烈なメイクをしていた。後に「一色大珠」と良い関係になる。普段は自動車修理工場の「佐藤製作所」で働いており、女性ながら大ハンマーを軽々と扱うレディース。愛車は隠れた名車「カワサキ・Z400GP」。


「女郎蜘蛛(じょろうぐも)」

あわせて読みたい記事:【乃木坂46】27thシングルにメンバーの愛車として登場の車種一覧

横浜の暴走族でレディース。まだ名前だけで特攻服等は出来ていない様子だが、メンバーは何度か集まって公道を走ったり、B突堤で単車の練習をしている。


「灰色の壁~歯車~の登場車種カワサキZ400GP」

あわせて読みたい記事:【磯村勇斗】歴代彼女や愛車のホンダCBX400Fや大河ドラマ情報

「灰色の壁~歯車~」に登場する「奥野壮」さん。劇中では、吉田正樹役として愛車「カワサキ・Z400GP」で登場。レッドに白黒ラインが入ったボディカラー。カスタム内容はロケットカウル、ビタローニミラー、エナメル三段シート、BEET製サイドカバー、フロントフェンダー、リアフェンダー、アップハンドル、ステンレスメッシュホース、オイルクーラー、メッキ集合管マフラー…etc。


「カワサキ・Z400GP」:概要

あわせて読みたい記事:【高市早苗】愛車の旧車カワサキZ400GPブラックカスタム仕様

1982年に発売された「カワサキZ400GP」。デザインは先代モデルの「Z400FX」の流れを組む全般的に直線基調で角張ったものだが、やや丸みを帯びてタンクからサイドカバー、テールカウルまで一体のラインとなった洗練されたデザイン。そして、ライムグリーンをまとった限定モデルには、「Z1000R」と同様の段付きシートが装着され、オプションとして、オイルクーラーやビキニカウルも用意された。まさにカワサキワークスカラーのライムグリーンの車体色と段付きシートによって「Z1000R(ローソン・レプリカ)」をイメージさせるもモデルでした。ちなみに「Z400GP」のサイドカバーに配置されるエンブレムには「GPz400」と明記されており、車種名称に関する法則では、GPの後に小文字の「z」となる場合は空冷エンジン搭載モデルを表し、大文字の「Z」となる場合は水冷エンジン搭載モデルを表しています。エンジンや足まわりなどが「Z400FX」から改良され、 リヤサスペンションはモノショック方式のスイングアーム「ユニトラックシステム」を採用。 イコライザーチューブを備えたエア/スプリング併用式のフロントフォーク、そしてエンジンの高圧縮化やキャブレター口径の大径化。エンジンは5馬力アップの48馬力にパワーアップされ、車体重量も「Z400FX(E4)」の192kgから-13kgの軽量化。 ヘッドライトはそれまでの丸型から角型に変更され、ブラック・クロムメッキの排気管、ジュラルミン鍛造のセパレートハンドル、メーターにはマイコン制御の液晶モニターが装備。エンジン形式こそ同様の「KZ400EE」であるものの、「Z400GP」と先代モデルの「Z400FX」のボアストロークは「ボア52.0mm x ストローク47.0mm」と共通である一方、後継モデルの「GPz400」と後年の「ゼファー(400ccモデル)」では「ボア55.0mm x ストローク42.0mm」と異なったエンジン。発売翌年の1983年、後継モデルの「GPz400」の発売に伴い生産を終了した。


「カワサキ・Z400GP」:スペック/価格

  • エンジン型式:空冷4ストロークDOHC2バルブ並列4気筒
  • 総排気量:399㏄
  • 内径╳行程:52.0╳47.0㎜
  • 圧縮比:9.7
  • 最高出力:48PS/10500rpm
  • 最大トルク:3.5㎏-m/8500rpm
  • 燃料供給方式:キャブレター[K26V]
  • 変速機型式:常時噛み合い式6速リターン
  • 全長:2170㎜
  • 全幅:750㎜
  • 全高:1095㎜
  • 軸間距離:1445㎜
  • 乾燥重量:179㎏
  • キャスター/トレール:27°30′/105㎜
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤサイズ(前):90/90-19
  • タイヤサイズ(後):100/90-18
  • 当時価格:47万8000円
  • 中古車相場:150万円〜ASK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。