【ワイルドスピード×2】劇中車A80ゴールドスープラのスペック

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード×2】劇中車A80ゴールドスープラのスペック

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】登場車種ー嘉手納南風の紫のケンメリスカイライン

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMAX】劇中車S14日産240SXのスペック

「ワイルド・スピードX2(原題: 2 Fast 2 Furious)」は、2003年に公開の「ワイルド・スピード」シリーズ第2作。マイアミを舞台に前作『ワイルド・スピード』と同じくストリートレース及びスポーツコンパクトを題材にした車好きを魅了した映画ですが、多くの日本国産のスポーツカーがカスタマイズされており、この映画に登場した車種は、大変人気となっています。そのため、現在は日本から海外へ輸出される中古車も多いようです。


「ワイルド・スピードX2」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードX2】ホンダS2000スーキー仕様のスペック

以前、LAにて強盗団の潜入捜査をしていたブライアンだったが、彼らとの交流から生まれた友情と、警察官という職業、どちらを取るかに悩み、最終的には、強盗団のリーダーであったドミニクを故意に逃がした上、警察官の職を放棄して逃亡した為、追われる身となっていた。各地を逃亡しつつ、流れ着いた先のマイアミで、ストリートレーサーとして、カリスマ的存在になっていたブライアンであったが、ある夜のレース後に、警官隊によって連行されてしまう。連行された先には、LAでの強盗団捜査の指揮を執っていたFBI捜査官がおり、ブライアンの検挙は、この捜査官の指示によるものであった。これまでの罪を免除する見返りとして、貿易会社を装う麻薬組織の囮捜査を強要されてしまい、ブライアンは、旧友のローマン・ピアースをパートナーとして捜査に乗り出すのだった。


「トヨタ:JZA80 スープラ RZ」:劇中の概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】劇中車両のR33GT-Rのスペック・価格

ボディ:ゴールド(House of Kolor製ゴールドマイン・パール)にジャック役のマイケル・イーリーのアフロヘアーをモチーフにしたバイナルグラフィックス。ジャックの愛車。前作の撮影用に製作され、保管された車両をベースにVersus製TRDタイプワイドボディキットと、OZ Racing Super Leggera等の外装変更を施し撮影に使用。序盤のバトルで登場。バトルで橋からジャンプした後、着地時の姿勢制御ミスによる衝撃によってフロントの足回りを破損し、制御不能になってそのままPEPSIの看板に激突したが、後に修復されて終盤のスクランブルでも登場していた。シルバーやレッドの他車両も登場。


「トヨタ・スープラ(JZA80)劇中車両」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードX2】R34型スカイラインGT-R・スペック

オープニングのストリートレースで登場したボディカラーゴールドのスープラ。車両のカスタム内容のメインは、TRD製ワイドボディとゴールドペイントよって仕上げられています。

この車両は映画「ワイドルスピード1」にも使用された劇中車にもなります。その際の登場は映画「ワイルドスピード1」の最終レースシーンにおいてカースタント用として使用される為に作られた複数台の内の一台となります。

その時はボメックス製エアロキットが装着された仕様でした。映画撮影終了後のカースタントクラッシュから免れた事によって、再び映画「ワイルドスピードX2」の撮影用で使用される事になります。

そこで画像のようにゴールドボディに仕上げられて登場しているのです。

さらに参考用の「ワイルドスピード3tokyodrift」の立体駐車場シーンにてエキストラ車両として登場しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。