【ワイルドスピード3】劇中車両の三菱ランサーエボリューション9

この記事は4分で読めます

【ワイルドスピード3】劇中車両の三菱ランサーエボリューション9

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・シリーズ】劇中車両の人気車種総合ランキング

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードTokyoDrift】登場車種カスタム内容一覧

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMAX】 登場車種のカスタム内容一覧

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。毎回、世界的な名車、旧車のカスタムマシンが登場し多くのクルマファンを魅了している映画ですが、今回はシリーズの3作目のカスタムマシンに注目しました。「ワイルドスピード×3 Tokyo Drift」の劇中車両のカスタム内容一覧です。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車


「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】主人公ポールとヴィンが出演していない理由

アリゾナに暮らす、車だけが生きがいの高校生ショーン・ボズウェルは、ジョックの挑発により行ったストリート・レースの末に大事故を起こし警察に補導されてしまう。ショーンはこれまでにも2度同じような騒ぎを起こして補導されており、ついに今回の一件で母親に愛想を尽かされ、東京の米軍基地に勤務する軍人の父の下で暮らすことになった。ショーンは「カーレースをしない」というルールを定められ、日本の高校に転校。しかし転校先の高校で同級生のトゥインキーに誘われ、夜の街での立体駐車場で行われるドリフト・バトル、そして「D.K.(ドリフト・キング)」の名を持つタカシの存在を知り、ドリフトの心得が無いにもかかわらず、タカシの仲間であるハンから日産・シルビアを借りて挑むも、車をボロボロにした挙句に惨敗してしまう。しかしハンは、ショーンにドリフトの才能があると見抜き、タカシを倒して下克上を果たすという目的を達成するため、直々に稽古をつけ始める。ショーンはそれに応えてめきめきと腕を上げてタカシとのレースに備える。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】ヴィン・ディーゼルが出演の復帰の理由とは


「三菱・ランサーエボリューションIX(2005年式)」:概要

あわせて読みたい記事:【インプレッサ 22B STi】伝説の限定マシンのスペックとは

三菱ランサーは、乗用セダンとステーションワゴン、商用カーゴバンモデル、スーパースポーツセダン「エボリューション」をラインアップする。ランエボは9代目にまで進化し、1992年10月に発売した初代以来、オートマチックトランスミッション搭載車を含めて、シリーズでは12モデル目となる。今回はエンジンの吸気側に連続可変バルブタイミング機構(MIVEC)を採用したほか、ターボチャージャーの改良によって、トルクやレスポンスの向上などエンジン性能を全域で高性能化を図った。また、これに合わせ、前後バンパーのデザインを一新し、空力特性を考慮しながら高い冷却性能も確保した。

グレード展開は、ACD(アクティブセンターディファレンシャル)+スーパーAYC(アクティブヨーコントロール)+スポーツABSによる先進の電子制御4WDシステムと6速M/Tを採用した「GSR」、専用軽量ボディに、新開発チタンアルミ+マグネシウムターボ、5速M/TとACD+リヤ機械式LSDを採用したモータースポーツベースグレード「RS」、今回よりGSRと同様の遮音性能を向上させた快適なボディ仕様に、RSと同様のターボと駆動系システムを採用した新規「GT」をラインアップする。280ps/6500rpmと40.8kgmもしくは41.5kgm/3000rpmを発生する。レギュラーモデルであるセダンに搭載されるエンジンは、1.5L(90馬力)と、1.8L直噴GDIターボ(165馬力)、2L(114馬力)の3ユニット。1.5Lに「MX-E」、装備を簡略した「ビジネスパッケージ」、スポーティな「MXツーリング」の3グレード、これらはCVT(無段変速機)か5速マニュアルが選べる。スポーティな1.8Lターボ+スポーツモード4速AT搭載の「ラリーアート」は、内外装をスポーツテイスト溢れる専用装備をもつ。2Lには新設定「エクシード」と、DVDナビ+MDプレーヤー+MMCS(三菱マルチコミュニケーションシステム)&7インチワイドセンターディスプレイなどがつく「エクシードナビ」の2グレード、ミッションは4速ATとの組み合わせとなる。1.5Lエンジン搭載車は、「平成17年排出ガス規制の75%低減レベル」を達成してグリーン税制に適合、また、FF 5MT車では平成22年度燃費基準の+5%、これ以外の1.5Lエンジン搭載車では平成22年度燃費基準を達成している。


「三菱・ランサーエボリューションIX(2005年式)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4490×1770×1450mm
  • ホイールベース:2625mm
  • 車重:1410(1320)・1300(GT)kg
  • エンジン型式・種類:4G63インタークーラーターボ・DOHC[16V]直列4気筒
  • 排気量:1997cc
  • 最高出力:280ps/6500rpm
  • 最大トルク:40.8(41.5)・41.5(GT5速仕様)kgm/3500rpm

「ワイルドスピード3劇中車両/三菱・ランサーエボリューションIX」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードX2】劇中車CT9Aランエボの価格・スペック

「ワイルドスピード×3 Tokyo Drift(原題:The Fast and the Furious: Tokyo Drift)」に劇中車両として登場した三菱のCT9A型:ランサーエボリューションIX。年式は2005年式。劇中で ハンがショーンに与えた車です。ドリフトの練習車両として活躍するものの、中盤カーチェイスの際に交差点でアリスト(或いは上記と別のレクサス・GS)にリアを追突され、路上駐車の車の列に突っ込む。乗り捨てたため、その後は警察に差し押さえられたと思われる。

ボディカラーは赤/黒にバイナルカラーグラフィックが施されている。駆動方式を4WDからFRに改造、APR Performance製のブーレイ顔のワイドボディキットの装着により、フロント周りはVIIIに近くなっている。APR Performanceコーポレートデザインのバイナルグラフィックを施している。ホイールはRAYS製G-Games 99Bを装着。RMRエアインテークシステム、RMR排気システム。 シャシーダイナモメーターで測定すると、出力はクランクでの純正の286馬力から後輪での289.5 hpに向上しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。