【花咲れあ】歴代彼氏や愛車トヨタ・ヴォクシーやコスプレ画像と妹

この記事は6分で読めます

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

【花咲れあ】歴代彼氏や愛車トヨタ・ヴォクシーやコスプレ画像と妹

あわせて読みたい記事:【雪平莉左/葉月えみり】歴代彼氏や愛車やRQやコスプレ水着画像

あわせて読みたい記事:【乃木坂46】27thシングルにメンバーの愛車として登場の車種一覧

あわせて読みたい記事:【池田エライザ】彼氏やチェリーボーイズの愛車ハーレーダビッドソン

タレントやTikTok、Twitter、InstagramなどSNSなど幅広く活躍されている「花咲れあ」さん。その美貌とスタイルから話題になっていますし、テレビ出演や舞台においても活躍されています。今回は、「花咲れあ」さんの歴代彼氏や愛車に注目です。


「花咲れあさんのプロフィール」

  • 名前:花咲れあ はなさき れあ
  • 愛称:れあたん
  • 生年月日:1997年5月3日
  • 出身地:日本・千葉県
  • 血液型:AB型
  • 身長 / 体重:153 cm / ― kg
  • スリーサイズ:84 – 53 – 83 cm
  • カップサイズ:F
  • 靴のサイズ:22.5 cm
  • 活動:2018年-
  • 事務所:01familia
  • 経歴:2013~2016年にコンビニや歯科助手でアルバイトを始めたところ、特に歯科助手は天職だと考えたほどだそうで、芸能活動しながらも歯科助手として働いていたということです。2016年に高校卒業後、保育系の専門学校に進学。高校時代に貯めたアルバイト代で学費を払って通ったそうです。2018年の21歳の誕生日にtiktokとインスタグラムを始め写真を投稿したところ、tiktokは初日にフォロワーが2000人を超え、インスタグラムもフォロワーが急増。この21歳の誕生日に始めたTikTokがきっかけで、事務所からスカウトがあり、タレントに。事務所は「第2の加藤紗里」と売り出そうとしていたそうです。ちなみに「グラビア界の問題児」の異名を持ち、愛称は「れあたん」。2019年に22歳でグラビアデビュー。週刊プレイボーイなどのグラビア誌に登場し、デジタル写真集、DVDなどを発売。テレビや舞台にも出演。特技と趣味はウィンク・ダンス・麻雀・ビリヤードに車。資格:秘書検定準1級を持っておられます。色はピンク大好き。靴は黒しか履かないこだわりがあったが、最近はピンクの靴も履くようになった。愛犬「ぶち」を飼っている。果物はスイカ、ジュースはリンゴ好き。吹奏楽部ではユーフォニアム(Euphonium)担当していたそうです。フルートは一週間で断念。三歳年下の妹「のんちゃん」は事務所ゼロイチファミリアに誘われたほどの美人ということです。

「花咲れあさんの歴代彼氏」

あわせて読みたい記事:【十味】歴代彼氏やシビック大阪MAD愛車仕様やコスプレ水着画像

「花咲れあ」さんの歴代彼氏について熱愛報道はあるのか調査してみました。調査の結果、「花咲れあ」さんには彼氏や熱愛報道の情報はなさそうでした。ちなみに「花咲れあ」さんの彼氏や熱愛報道の情報を探していると「彼女と鎌ヶ谷スタジアム観戦きた 的な彼氏目線」というTwitter投稿の写真が出てきましたが、ファンに宛てた投稿だと思われます。

この投稿を見たファンからは「一緒に野球観戦したい!」「れあちゃんが彼女だったら毎日楽しいだろうな♪」などのコメントが殺到していました。


「花咲れあさんの愛車トヨタ・ヴォクシー」

あわせて読みたい記事:【桃月なしこ】 歴代彼氏や佐藤健と交際?愛車はスズキ・ハスラー

車好きとして有名で「花咲れあ」さんの愛車もカスタムされているということですが、その愛車は「花咲れあ」さんが小柄ゆえに車は大きいモデルということでミニバンを18歳で自動車免許取得後、すぐに購入。まず、1台目としての愛車が「トヨタ・ヴォクシー」。2代目モデルの「70型」だったようです。しかし、半年で廃車にしてしまったようです。その後、「60型:トヨタ・ヴォクシー」に乗り換えておられるようです。ボディカラーは、ブラックでカスタムもローダウン、ホイールなど多数されているようです。


「トヨタ・ヴォクシー」:概要/モデル一覧

「初代ヴォクシー」

トヨタのFF(前輪駆動)レイアウト、5ナンバーサイズのミニバンがヴォクシー&ノア。両モデルは販売店(ネッツ店、カローラ店)と前後スタイルの異なる兄弟モデルとなる。ヴォクシーはシャープなグリルや個性的なヘッドライト、被視認性のよいLEDリアクリアレンズにより、鋭く迫力のある引き締まったデザインを採用する。今回の一部改良では、排出ガスをよりクリーン化することで、国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得し、環境性能を一層高めている。さらに、ディスチャージヘッドランプに、対向車への眩惑を少なくする光軸調整用のオートレベリング機構(ハロゲンヘッドランプはマニュアルレベリング機構)を採用するとともに、助手席側のボンネットにドアミラーとは別に、補助確認(ミラー)装置を採用している。搭載されるのは、155馬力の2L 直列4気筒 直噴D-4ガソリンエンジンユニット。フロント左右、セカンドシートへのウォークスルーを可能にするガングリップタイプのコラムシフト式スーパーCVT-iに、FFもしくはフルタイム4WDが組み合わされる。スタンダードな「X」、大型バンパーや専用メタリックアルミホイールを装着するスポーティな「Z」、多彩なレイアウトを可能とした2列シート5人乗り「TRANS-X」の3グレードが設定される。それにXには15インチアルミホイールやディスチャージヘッドランプ、オプティトロンメーターを装着する「Vエディション」、一部装備を簡略した「Eエディション」、セカンドシート(左席)が車外へスライドダウンする「サイドリフトアップシート装着車(7人乗り)」を用意する。HDDナビゲーションシステム(G-BOOK ALPHA対応)をオプション設定し、NAVI・AI-SHIFT制御で複雑な道路状況を3次元的に判断し、ナビからの道路情報と車両からの勾配情報の両方を利用して、最適な変速比を自動的に選択する先進のシステムを採用する。


「2代目ヴォクシー」

2001年11月に発売した、初代のヴォクシーとノアは2代目となり、ヴォクシー(ネッツ店)はクールさを、ノア(トヨタカローラ店)は親しみやすさを際立たせている。取り回しに優れた5ナンバーサイズに、後席両側スライドドアを継承。エンジンは、2種類の新開発2Lを搭載。158馬力を発生する3ZR-FAEエンジンは、吸・排気連続可変バルブタイミング機構(DualVVT-i)に加え、吸気バルブのリフト量を連続的に変化させ、全運転領域で最適に制御するシステム「バルブマチック」を採用。スポーツグレードのヴォクシー「ZS」/ノア「Si」に、パドルシフト付の7速スポーツシーケンシャルシフトマチックとともに搭載。その他レギュラーグレードには、143馬力の3ZR-FEエンジンとする。ミッションは全車、低燃費と滑らかな走りを実現するSuperCVT-i。サードシートは、ワンタッチでの折りたたみ、跳ね上げまで可能な世界初のワンタッチスペースアップシート、セカンドシートは外側方向に回転しチャイルドシートへの乳幼児の乗せ降ろしを容易にするチャイルドケアモードを備え、また470mmのロングスライドを可能とする。特徴的な快適装備として、左右独立温度コントロールオートエアコン(花粉除去モード付)、乗員同士のコミュニケ-ションを深める後席確認ミラー、縦列駐車や車庫入れを補助するインテリジェントパーキングアシスト、パノラミックライブサウンドシステムなど。ヴォクシーのバリエーションは、豪華装備「V」、スポーティデザイン「ZS」&「Z」、充実装備「X」/「X Lエディション」、2列シート5名定員「TRANS-X」。サイドリフトアップシート装着車は、左側セカンドシートが電動で操作できる。


「3代目ヴォクシー」

トヨタミディアムクラスのミニバン、「ヴォクシー」(VOXY:ネッツ店)/「ノア」(NOAH:カローラ店)。3列シート7人/8人乗りの5ナンバーサイズを基本とし、全幅1730mmは3ナンバー登録となる。今回フルモデルチェンジを行い、家族の夢を丸ごと載せる広々とした室内空間を実現し、Fun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)を高次元で融合する「Spacious FUN Box」をキーワードに開発。「ヴォクシー」のバリエーションは、クルーズコントロールを装備した「V」、ワンタッチスイッチ付助手席側パワースライドドア(デュアルイージークローザー付)を装備する「X」、ハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング[ロービーム]機能付)+LEDクリアランスランプを装備する「X Cパッケージ」、乗り降りをサポートする「X サイドリフトアップシート装着車」、迫力のあるフロントマスクと低重心のワイドボディを専用フロントフェンダーパーツを装備したエアロ仕様の「ZS」を設定。2Lエンジン(3ZR-FAE)を搭載し、新開発Super CVT-iやアイドリングストップ機能などの採用で、JC08モード走行燃費16.0km/L(アイドリングストップ機能付2WD車)を達成。外観においては、ネッツエンブレムを強調した、ヘッドランプと連続する上下二段構成のフロントグリルで、独自の美意識を徹底した「毒気」のあるカッコよさを追求。サイドビューは3列目シートまで吹き抜ける大きなグラスエリアと、前方から低く後方に向けてせり上がる躍動的なベルトラインにより、見晴らしの良いキャビンの圧倒的な開放感とボディの力強さを両立。室内では、7人乗り仕様車のセカンドシートに、横スライド機構とワンタッチスペースアップサードシートの組み合わせで超ロングスライド(スライド量810mm)を実現したクラス初のキャプテンシートを採用。また、ドライバーが運転しやすく、同乗者も快適に過ごせるよう、低くワイドなインストルメントパネルとすることで、圧倒的な広さ感、見晴らしを追求。内装の素材や色彩をコーディネートし、室内全体を優しく包み込むモダンリビング的な室内空間を実現。快適装備では駐車枠を自動認識して駐車支援するインテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能付)、バックカメラの視野角を約180度まで拡大した広角カラーバックガイドモニター、ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー付)、おくだけ充電などを採用。ボディカラーは、ヴォクシーにTOYOTA初のガラスフレークを採用した新規開発色の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」を含む全7色を用意。


「4代目ヴォクシー」

トヨタミディアムクラスのミニバン、「ヴォクシー」(VOXY:ネッツ店)/「ノア」(NOAH:カローラ店)。今回、フルモデルチェンジを行い4代目となった。ラインアップは「ハイブリッドS‐G」、「ハイブリッドS‐Z」、ガソリン車の「S‐G」、「S‐Z」を設定。それぞれ2WD、4WD車を用意し、「ハイブリッドS‐Z」、「S‐Z」には7人乗り、「ハイブリッドS-G」、「S-G」には7人乗り、8人乗りを設定。ガソリン車のエンジンは2.0Lダイナミックフォースエンジン(M20A‐FKS)にDirect Shift‐CVTを組み合わせることで力強くダイレクトな走りと優れた燃費性能を両立し、ガソリン車としてクラストップレベルのWLTC走行モード燃費15.1km/Lを達成。Direct Shift‐CVTには、マニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックを設定している。ハイブリッド車は1.8L直列4気筒DOHCエンジン(2ZR‐FXE)を採用。全ての電動モジュールを刷新し、モーター・バッテリーの高出力化とシステムの高効率化により、ミニバンにおいても心地よい加速と優れた燃費性能を高次元で両立。WLTCモード走行燃費はクラストップレベルの23.4km/Lを達成。エクステリアは、先鋭かつ独創的なスタイルを追求。フロントは、ラウンディッシュな薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組み合わせによってコントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現。さらに、怪しく光る特徴的なフロント/リアランプによって夜でもその存在感を強調している。インテリアは、ブラックアウトしたスリムなフロントピラーや水平基調で低くワイドに構えたインストルメントパネル、ドアトリムに加え、アシストグリップやエアコン吹き出し口など機能的に配列したルーフ周りが、スッキリとした見晴らしの良い開放的空間を実現。安全装備は先進機能を付与し、機能向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載した他、パワースライドドア装着車に「安心降車アシスト(ドアオープン制御付)」をオプション設定。駐停車時、パワースライドドアを開け降車しようとした際に、後方からの接近車両(含む自転車)が開いたドアもしくは降車した乗員と衝突する可能性が高いとシステムが判断した場合、車内への注意喚起に加え、スライドドアの途中停止またはオープン操作をキャンセルする。ボディカラーは新色「マッシブグレー」を含む全6色を用意。


「花咲れあさんのコスプレ画像」

あわせて読みたい記事:【福原遥】歴代彼氏と愛車とすっぴん画像、橋本環奈と似ている証拠

「花咲れあ」さんは、いろいろなカテゴリーのコスプレを披露されているのでご紹介。


「花咲れあさんと妹の顔出し画像」

あわせて読みたい記事:【吉川愛】歴代彼氏や愛車、コスプレと子役時代の吉田里琴から綺麗

「花咲れあ」さんの妹さんが顔出し2ショットを披露して美人姉妹と話題となっていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。