【トヨタ2000GT】 SCCAシェルビーMF10-10001

この記事は4分で読めます

【トヨタ2000GT】 SCCAシェルビーMF10-10001

あわせて読みたい記事:【唐沢寿明】愛車の旧車トヨタ2000GT-TRDスペシャル仕様

あわせて読みたい記事:【ALIVEHOONアライブフーン】登場車種やキャストとあらすじ

あわせて読みたい記事:【トヨタ2000GTボンドカー】2台存在したオープン仕様の軌跡

「トヨタ・2000GT」といえば、日本が世界に誇る歴史的な名車。その「トヨタ・2000GT」中でも生産一号車シャシーナンバーは「MF10-10001」が「Gooding & Company」のアメリア・アイランド・オークションに出品ということで話題になっていました。そこで今回は、「トヨタ・2000GT」のシャシーナンバー「MF10-10001」に注目です。

 


「トヨタ・2000GTのレーシングヒストリー」

あわせて読みたい記事:【シェルビー・デイトナクーペ】キャロル・シェルビー愛車CSX2469

日本の名車の代表作ともいえる「トヨタ 2000GT」は、1967年の市販車発売の以前より大きな話題となっていました。それもそのはずで、開発の一環としてアメリカのモータースポーツに参戦してもいたのでした。アメリカのレースには、1968年にSCCAクラスCシリーズ(全13戦と最終戦)に参加しています。レースのマネジメントは「キャロル・シェルビー」に委託したものの戦績は、あまりよくなかったようです。というのもライバルは、「ポルシェ・911」、「トライアンフTR」、「ダットサン・SR311」などでした。そういった経緯もあり、「キャロル・シェルビー」はシーズン中に、元レーサーでレーシングモデルの製作にも通じており、「シボレー・コルベット」の開発チーフでもあったGM幹部の「ゾーラ・ダントフ(Zora Arkus Duntov 、1910-1996年)」に極秘アドバイスを求めています。それでも「ゾーラ・ダントフ」によれば、「手を尽くしたものの肝心のエンジンが駄目だったため、性能向上の打開策を得られず、成績挽回には至らなかった」と1995年のインタビューにコメントしています。それでも、1968年のSCCAシリーズにおいて、ワンツー・フィニッシュを3回も飾っています。そして最終戦には各ブロック(トヨタ 2000GT Class C)で勝ち抜いた21台がエントリーし、Dプロダクション・クラスで年間ランキング4位の戦績を残しました。


「1968年:SCCAシリーズ戦(アメリカ)結果」

  • 第1戦:2月25日 ⇒ 2位・4位
  • 第2戦:3月10日 ⇒ 失格
  • 第3戦:3月31日 ⇒ 3位・4位
  • 第4戦:4月21日 ⇒ 1位・2位
  • 第5戦:6月24日 ⇒ 2位
  • 第6戦:7月7日 ⇒ 2位・3位
  • 第7戦:7月21日 ⇒ 3位・5位
  • 第8戦:8月4日 ⇒ 3位
  • 第9戦:8月26日 ⇒ 失格
  • 第10戦:8月31日 ⇒ 1位・2位
  • 第11戦:9月9日 ⇒ 1位・2位
  • 第12戦:9月15日 ⇒ 2位・5位
  • 第13戦:10月13日 ⇒ 2位
  • 最終戦:11月23日 ⇒ 4位
  • ※最終成績=4位
  • ドライバー:デイブ・ジョーダン(23番、シャシーNo.10001)、スクーター・パトリック(33番、シャシーNo.10005)なおシャシーNo.10006は日本国内に戻り、スピードトライアル仕様のレプリカとして作り直されています。このスピードトライアルレプリカの車両は現在、トヨタ博物館で保管されています。シャシーNo.10001およびNo.10005は、アメリカで個人のコレクターが所有しているようです。

「トヨタ 2000GT SCCA」:スペック

  • 【スペック】:ベースモデル
  • 年式:1967年
  • 型式:MF10
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,175mm × 1,600mm × 1,160mm
  • ホイールベース:2,330mm
  • トレッド(F/R):1,300mm / 1,300mm
  • 車両重量:1,120kg
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク
  • タイヤ(F/R):165HR15
  • エンジン:3M型 水冷式直列6気筒 DOHC ソレックス型キャブレター ×3
  • ボア × ストローク:75.0mm × 75.0mm
  • 排気量:1,988cc
  • 圧縮比:8.4
  • 最大出力:150ps / 6,600rpm
  • 最大トルク:18.0kgm / 5.000rpm
  • トランスミッション:フロア式5速マニュアル
  • 駆動方式:FR
  • 最高速度:220km/h
  • 0-400m加速:15,9秒
  • 0-100加速:8,6秒

「MF10-10001(SCCA/キャロル・シェルビー)」

あわせて読みたい記事:【ポール・ニューマン】SCCAフェアレディ280ZXヒストリー

日本の名車「トヨタ・2000GT」。このモデルは、わずか351台しか生産されなかったとされています。そして、アメリカにおよそ60台が輸出されたといわれています。今回、注目されているのは、1967年モデルの「トヨタ・2000GT」でシャシーナンバーは「MF10-10001」。生産第1号車のモデル。もともとはソーラーレッドで仕上げられていた右ハンドルのこの「MF10-10001」は、トヨタ・モーターセールスUSAが2000GTをアメリカで紹介および宣伝するために海を渡った1台。プロモーション活動の任務を終えた「MF10-10001」は、SCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)に参戦するため、「キャロル・シェルビー」が率いるシェルビーアメリカンと協力することになりました。SCCA参戦に向けて両社のエンジニアが協力し、この車両の外観や機関のモディファイをおこなったのです。「MF10-10001」は、その短いレースキャリアを終えたのち、何人かのコレクションを経て1980年に「トヨタ・2000GT」のスペシャリストの第一人者として広く認められている紳士の手に渡った。彼は、この貴重な車を元の素晴らしい状態に戻すために、ワークショップで完璧なレストアを施すためにその後10年を費やしたということです。長年にわたるリサーチと綿密な計画により、この個体はオリジナルの1968年のSCCAコンフィギュレーションに忠実に復元された。独自のシェルビーのメカニカルコンポーネントや歴史的なホワイトとメタリックブルーのレーシングカラーも、もちろん復元されている。レストア後は、イギリスの「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」や、アメリカの「アメリア・アイランド・コンクールデレガンス」など、数々の重要なイベントに出展され、クラス優勝も果たした。シャシーナンバー10001であり、さらに「キャロル・シェルビー」とのSCCAレーシング・プログラムで果たした重要な役割を考えると、これまでに製造されたトヨタ車の中でも最も重要で、最も影響力のある最高の日本車のうちの1台だといえる。1980年以来、ひとりのオーナーの所有下にあり、これまで一度も公で販売されたことはなかったこの車両が2022年3月4日に開催される「Gooding & Company」のアメリア・アイランド・オークションに出品されることになったという。推定落札価格は2,750,000~3,500,000ドル(約3億1600万~4億円)となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。