【BHオークション】ポルシェ964型911カレラRSのスペック

この記事は2分で読めます

【BHオークション】ポルシェ964型911カレラRSのスペック

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ランチャ・ストラトス・グループ4のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】 ブラックバードのモデルの人物の過去と現在

1991年に開催されたジュネーブモーターショーで発表、1992年に2051台が限定生産され、日本にも220台前後が正規輸入されたという964型ポルシェ。

日本に上陸した964RSの大半がエアコン・オーディオ・パワステ・パワーウィンドウ、リアシート等の装備が省かれ、代わりに2脚のレカロ製フルバケットシートが装着された「ベーシック」バージョンだった(オーナーの個体もベーシックバージョンだ)。そして、ごくわずかではあるが、快適装備が残された「コンフォート」バージョンも上陸したようです。


「ポルシェ964RS」:スペック

ポルシェ964RSのボディサイズは全長×全幅×全高:4250×1660×1270mm。排気量3600cc、「M64/03型」と呼ばれる空冷水平対向6気筒エンジンの最高出力は260馬力を誇る。

なお、スタンダードのカレラ2のボディサイズは全長×全幅×全高:4245×1660×1310mm、エンジンの最高出力は250馬力となっています。

カレラ2と比較して40mm下げられた車高、10馬力のパワーアップ。カレラ2の1350kgに対して、964RSは1230kg(ベーシックバージョン)と、120kgもの軽量化。その代償として快適装備が省かれ、アルミ素材が多用され、通常よりも薄いガラスが車体の一部に採用され、さらにより軽量なマグネシウムホイールが標準装備されている。


「BHオークション:964型:ポルシェ911カレラRS」:スペック

964型の911カレラRSには基本仕様となる RSベーシックのほかに2種類のオプションコ ードが設定され、それぞれ“M002/RSツーリ ング”、“M003/NGT”と呼ばれた。ちなみに “M001”は純レース用のカップカーに与えられたコードとなる。

出品車は“M003/NGT”で、ヴァイザッハで組み付けられた溶接式のロールケージを含むカップカー用の強化ボディに、260psの3.6 l フラット6エンジン、強化クラッチ、強化サスペンション、強化ブレーキ、17インチ・ サイズのマグネシウム製カップホイール、難 燃性のレカロ製バケットシート(ポルシェ・クレスト刺繍入り)等を組み込んだ、ほぼレーシングスペックと言うべきロードゴーイン グ・モデルである。

なお、NGTには993以降のRSモデルにも受け継がれた“クラブスポーツ”というサブネー ムが与えられており、それが腕利きのクラブ マンレーサーに向けたマシンであったことを如実に表している。

その生産台数は僅かに290台と非常に希少価値の高いモデルであり、2,000台以上が生産された964型カレラRSの中でも、特別にし て特別な存在。

日本への正規輸入はされておらず、出品車も並行枠で日本へと輸入されている。

出品車は走行距離が47,970kmと少なく、現役でポルシェ・カレラ・カップに参戦する70代のオーナーが、主にサーキット走行を主 体に長年大切に乗ってきた1台。

ポルシェの新旧RSモデルを複数台所有するオーナーが手塩にかけて維持してきただけに、コンディシ ョンも良好な状態を保っている。ホイールは希少なポルシェ純正のスピードライン製3ピースホイールを装着。整備記録簿も多数揃う 良質なNGTである。

落札価格:2250万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。