【S30型フェアレディZ】 TC24-B1搭載マシンのスペック

この記事は3分で読めます

【S30型フェアレディZ】 TC24-B1搭載マシンのスペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

あわせて読みたい記事:【首都高速トライアル1】劇中車TBO製R30スカイラインの仕様


「S30型フェアレディZ」:概要

あわせて読みたい記事:【日産・S30型フェアレディZ】RB30搭載フルチューン仕様

「ダットサン(日産):フェアレディZ」は、1969年、日本国内ではSUツインキャブレターを装備したSOHCのL20型と、当時の旧プリンス系で開発されスカイライン2000GT-Rに搭載されていたソレックスツインチョークキャブレターを3基装備したDOHCのS20型の2種類の直6 2.0 Lエンジンが設定されてデビューしました。総生産台数が55万台という日産スポーツの大ヒットモデルとなり、今や世界的な日本の国産名車として知られる「ダットサン(日産):フェアレディZ」として現代でもチューニングマシンとして人気を誇っています。


「ダットサン(日産):フェアレディ240ZG(HS30H型)」:スペック

  • 年式:1972年モデル
  • 型式:HS30H型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,305mm × 1,690mm × 1,285mm
  • ホイールベース:2,305mm
  • トレッド(F/R):1,355mm / 1,345mm
  • 車両重量:1,010kg
  • エンジン型式:L24(240Z/240ZG) / L20(Z/Z-L) / S20(Z432)
  • エンジン形式:直列6気筒 SOHC SUツインキャブ / 直列6気筒 DOHC ソレックス製3連キャブ(Z432)
  • 排気量:2,393cc(L24)/ 1,998cc(L20) / 1,989cc(S20)
  • ボア×ストローク:87.0mm×73.7mm(L24)/ 78.0mm×69.7mm(L20)/ 82.0mm×62.8mm(S20)
  • 圧縮比:8.8(L24)/ 9.5(L20/S20)
  • 最高出力:150PS / 5,600rpm (L24)130PS / 6.000rpm(L20) / 160PS / 7,000rpm(S20)
  • 最大トルク:21.0kgm / 4,800rpm(L24)17.5kgm / 4.400rpm(L20) / 18.0kgm / 5.600rpm(S20)
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / マクファーソンストラット
  • ブレーキ(F/R):ディスク / LTドラム
  • タイヤ(F/R):175HR14
  • 最高速度:210km/h
  • 0-400km/h加速:15.8秒
  • 0-100km/h加速:8.5秒

型式の詳細」

  • H(搭載エンジン):L20(無記号)・S20(P)・L24(H)・L26(R)・L28(H)
  • L(ハンドル位置):右仕様(無記号)・左仕様(L)
  • G(ホイールベース):標準定員2名(無記号)・ロング定員4名(G)
  • S30(基本型式):昭和50年排ガス規制前(S30)・昭和51年排ガス規制後(S31)
  • 型式の頭に、昭和50年排出ガス規制適合車は「A-」、昭和51年排出ガス規制適合車は「C-」がそれぞれ付与される(日本国内販売車のみ)。
  • HLS30(左ハンドル・2名乗り)の場合、同一型式でL24型エンジン搭載車と後年発売されたL28型エンジン搭載車の2種類のエンジン搭載車が存在するため、型式だけではどちらなのか判断できないが、型式に続く車台番号が前者は5桁、後者は6桁であるため車台番号まで全て分かれば判別が可能である。HLGS30のL24型エンジン搭載車は存在しません。

「S30型フェアレディZ・TC24-B1仕様」:スペック

あわせて読みたい記事:【S30Z】RB30DOHCターボ750PSロッキーオート仕様

OS技研がかつて9基のみ製作した幻のチューンドエンジン『TC24-B1』。L型エンジン搭載したマシンのオーナーであれば、一度は搭載したチューニングを考える。今回注目するのは、チューンドエンジン『TC24-B1』を「S30型フェアレディZ」に搭載したチューニングマシン。

この個体は、ボディを一度ドンガラ状態にしてから応力集中部や開口部にスポット増しを行い、さらにフロアパネル自体を80mm上げて車高を落としても不具合が出ないようにボディを大幅に加工。タイヤやフェンダーの出具合など細かな拘りを組み合わせて、このスタイリングを完成させている。ボディカラーはR35GT-Rのバイブラントレッドにペイント。

そうしてフルリメイクされたボディに搭載されるツインカム仕様のフルチューンL28型エンジンは、イタリア製のウェーバー55φに、ワンオフの310度ハイカム、カーニングハムのチタンコンロッドなどを使い、エンジン回転数は10000rpmを許容する。厳密なパワーチェックはしていないが、恐らく400ps近くは出ているだろうとのこと。

室内はクスコのクロモリ製8点式ロールケージが張り巡らされ、スパルタンに仕上げられた室内。ダッシュボードとドア内張りはリスタードのカーボン製品でリフレッシュ。

メーターはデフィのアドバンスRS(φ80/11000rpm)タコメーター、φ52の水温計/油温計/油圧計、オートメーターの燃料計をセットする。ステアリングはモモ・プロトタイプ。ミッションは当時モノのフルクロス、サイドブレーキレバーはキノクニのラインロックレバーを改造して使っている。シートはブリッドのローマックスシリーズ“ゾディア”。

ホイールにはワタナベ8スポークのマグネシウム製をチョイス。マグネシウム専用色のブラウンニッシュにクリアを重ねている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。