【千原ジュニア】愛車プリンス・グロリアスーパー6のスペックと価格

この記事は5分で読めます

【千原ジュニア】愛車プリンス・グロリアスーパー6のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【佐藤健】歴代彼女と上白石萌音と交際状況、愛車や人気の秘密とは

あわせて読みたい記事:【新垣結衣】ガッキーの意外な愛車と歴代交際相手や三浦春馬の関係

あわせて読みたい記事:【有村架純】愛車と交際相手の岡本圭人と佐藤健の関係と注目の画像

旧車芸人として有名な「千原ジュニア」さん。長年「日産・セドリック(330型)」の4ドアを愛車としていました。アメリカンテイストのエクステリアデザインは独特の雰囲気を醸し出しています。今回は、「千原ジュニア」さんが、長年愛車とされた「330型セドリック」や購入された新たな愛車に注目です。


「1975年 日産セドリック 営業車 (330V)」:スペック

  • 全長:4690㎜・全幅1690㎜・全高1440㎜
  • ホイールベース:2690㎜
  • 車重:1390kg
  • 駆動方式:FR
  • エンジン:L20型水冷直列6気筒OHC1998cc
  • 最高出力:115ps/5600rpm
  • 最大トルク:16.5kgm/3600rpm
  • 変速機:4速コラムMT
  • ブレーキ:前輪ディスクブレーキ
  • 乗車定員:6名
  • 電装系:12V
  • 燃料タンク容量:67ℓ
  • タイヤサイズ:6.95-14-4PR
  • 最小回転半径:5500㎜
  • 最高速度:165km/h

「千原ジュニアさんの330型セドリック購入のきっかけ」

あわせて読みたい記事:【テンダラー浜本】旧車芸人としての愛車ケンメリの仕様スペックは

「元々古いクルマは好きだったんで、コンビニでクルマ雑誌買って眺めていたら、あ、コレええな~。330かってなって。それで買ったのがこのセドリックです。27歳の時でした。理由ですか?俺が3月30日生まれだからですよ。2月30日生まれだったら230(330型のひとつ前の世代のセドリック)買ってたんじゃないですかね(笑)。結局なかなか気に入るクルマが出てこなくて、見つかるまで半年くらいかかったんちゃうかな。大阪でクルマ屋やってる友達が三重県だったかで探してきてくれたんですよ。“コレは買いや!”って連絡くれて。それと3月30日ってこと以外でこのクルマの魅力っていったら顔。あとピラー(前後サイドガラスの間を仕切る柱)が無いってことですかね。いかにもクラシックカーて感じでイキってないのも良い。ちょっと中途半端な感じというか。このクルマを買った頃は仕事もロクに無い時期やったし、周りの目とか気にする必要もなかったですから。でも徐々に仕事も増えてきてTVに出させてもらうようになったらこのクルマだと目立つんでしょうね。ほんで写真週刊誌に撮られて載っちゃて。“そりゃあんなクルマでオンナ乗せとったら撮られるわ”って周りにも言われました(笑)。今は結婚したんでもういいんですけどね。おかげで信号待ちをしていると携帯で撮られたりもするんですが全然気にしてません。」とコメントしていました。


「千原ジュニアさんの愛車:プリンス・グロリア」

あわせて読みたい記事:【伊藤健太郎】愛車は旧車の理由と歴代彼女と山本舞香との交際状況

旧車芸人として有名なお笑いコンビ・千原兄弟の「千原ジュニア」さんが2020年8月8日、「小藪千豊」さん、フットボールアワーと共同運営するYouTubeチャンネル「ジュニア小籔フットのYouTube」で、18年ぶりに車を乗り換える動画を公開したことが注目されています。

前述の通り、「千原ジュニア」さんは18年間、日産の「330型セドリック」を愛用されてきました。一時は「一生この車で良い」と考えるほど惚れこんでいたようですが、このほど、「【9時間密着】ジュニアが18年ぶりに愛車を購入!【トラブル発生】」と題して公開された動画で、車を買い替えたことを明かしました。そして、「千原ジュニア」さんが選んだのは、「セドリック」の姉妹車になる日産自動車以前のプリンスのグロリア。「プリンス グロリア スーパー6」。およそ60年前に発売された幻の高級クラシックカーなのです。


「プリンス・グロリア スーパー6」:概要

あわせて読みたい記事:【ハコスカ・C10スカイラインGT-R】プロトタイプが実在した

「プリンス グロリア」というモデルは初代(ALSI型)スカイラインをベースに開発された上級モデルで、スカイラインとは1.9Lエンジンと上質な内装で差別化が図られていたモデル。しかし1961年、同じエンジンを積む「スカイライン1900」が登場すると、両車の差は艤装のみとなりました。そこで「プリンス」社は「グロリア」をフルモデルチェンジし、社内のヒエラルキーの明確化を図ることに。

1962年に登場した「S40型:グロリア」はフラットデッキスタイルで大いに注目されたが、さらに一段上の国産最高級車の座を狙い、同年の第9回全日本自動車ショーに2.5L 直6エンジン搭載車を参考出品。しかし3ナンバー車は時期尚早と見た「プリンス」は、翌1963年6月に排気量を2Lに落とした「グロリア スーパー6(シックス)」として発売。国産初の直6搭載車という意味では、「日産・セドリックスペシャル(2.8L)」に4カ月遅れをとったが、「グロリア スーパー6」に搭載されたG7型エンジンは2Lクラス初の直6であると同時に、国産初のSOHC。トヨタM型、日産L20型の搭載開始が1965年だから、この時点で「プリンス」社は2年先行していた。

車体はサイドメンバートレー式と呼ぶフレームにボディを架装する方式。これは5本のクロスメンバーで結合されるサイドメンバーの中に、フロアと一体になった太いバックボーンが通った形で、高剛性化しやすいのが特徴。サスペンションはリアに先代譲りのド・ディオン アクスルを継承するが、スプリングを3枚リーフからロングスパンの2枚リーフに変更して乗り心地とロードホールディングを向上させている。ハンドリングも、50km/h程度で回るコーナーでのロールは少なく、タイヤのグリップも強力でアンダーステアを維持する、スーパー6の車格に相応しい落ち着いた走行性能。

これだけの性能を備えたスーパー6の価格は119万円。同じグロリアのDX(4気筒モデル)が112万円ということで、抜群のコストパフォーマンス。1964年にはスーパー6をベースに2.5L直6 SOHCエンジンを搭載した「グランドグロリア」を追加。

G11型は4バレルキャブレターを装着して130psを発生。最高速度170km/h(カタログ値)を誇った。しかし2年後の1966年8月に「プリンス自動車」は「日産」の傘下に入り、次の3代目は「ニッサン グロリア」となる。こうして、「グロリア」と「セドリック」は姉妹車となります。そして、このモデルはモータースポーツにも参加していました。


「プリンス・グロリア スーパー6」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4650×1695×1480mm
  • ホイールベース:2680mm
  • 重量:1320kg
  • エンジン型式・種類:G7型・直6 SOHC
  • 排気量:1988cc
  • 最高出力:105ps/5200rpm
  • 最大トルク:16.0kgm/3600rpm
  • トランスミッション:OD付き3速コラムMT
  • タイヤサイズ:7.00-13 4P(チューブレス)
  • 価格:119万円(エアコン付きは138万円)

「千原ジュニアさんの愛車購入の動画」

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車メルセデスベンツG350dゲレンデヴァーゲン公開

「千原ジュニア」さんは、今回購入した「プリンス・グロリア スーパー6」を探し求めていたらしく、ようやく手に入れた憧れの名車へ乗り込んで「今まさに納車しました。発売されたのが(1964年の)東京オリンピックの年に発売されたんですよ」と、満足気にコメント。とはいえ、半世紀以上前に発売された旧車であるため、内装はボロボロだったようです。そこで今回の動画では、知り合いの車屋に修理を依頼すべく、東京から大阪までジュニアが自走で持っていく一部始終が映し出されています。

「愛車紹介動画」はYouTuberの定番コンテンツの一つであり、芸能人YouTuberたちも自慢の愛車をよく動画で取り上げています。たとえば、雨上がり決死隊の「宮迫博之」さんは幼少期より憧れていた“ガルウィングタイプ”のマイカー「BMW i8」を、ココリコの「遠藤章造」さんは趣味のゴルフで頻繁に長距離移動をすることを考慮して選んだというトヨタのセンチュリーをそれぞれ紹介。また、納車の模様を動画にするケースもあり、最近ではオリエンタルラジオの「藤森慎吾」さんがメルセデス・ベンツの新型Gクラス「G350d」を、現代ホスト界の帝王である「ローランド」さんが真っ赤なフェラーリを手に入れる瞬間がそれぞれのチャンネルで公開され、話題を呼びました。

車種によって、その人の人となりや趣味、嗜好が透けて見えるところがこれらの動画の魅力。これからも芸能人のパーソナリティを反映したかのような、個性豊かな愛車紹介動画が公開されることを期待したいところです。

あわせて読みたい記事:【山本美月】結婚を発表した彼女の旧車への思いと真夜中のスーパーカーAE86のスペック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。