【東京オートサロン2019】BHオークション・スカイライン編1

この記事は3分で読めます

【東京オートサロン2019】BHオークション・スカイライン編1

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】ハコスカワイドボディ仕様リスタード

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ 2019】特別展示の名車スペック一覧

2018年は「世界最高速度違反記録」を持つ「トップシークレット」社のV12スープラが出品されて話題となった「BHオークション」でしたが、今回もまた「東京オートサロン2019」の開催にあわせて競売が開かれることになります。そして、その内容が「レアカー揃い」で、「JDM(日本国内専売車)」が多く出品されているようです。とくに「日産:スカイラインGT-R」の価格上昇は著しく、初代モデルのGT-Rだと予想落札価格2000万円オーバーがほとんどで、「R34型:GT-R Nur Spec II」の程度が良いものでは最高で2500万円という落札予想が示されるほどです。そこでその一部を今回はご紹介したいと思います。


「2008 HKS TF KAMIKAZE R SUPER SONIC」

「日産:R35型 GT-R」のチューンドカー(コンプリートカー)、「 2008 HKS TF KAMIKAZE R SUPER SONIC 」。

この「日産:GT-R」ですが「2008 HKS TF KAMIKAZE R SUPER SONIC」というスペシャルカスタムマシンで最高出力は1036psというスペックを誇ります。富士スピードウェイでの「ラジアルタイヤ最速」の記録を持っており、予想差落札価格は1800万円~2500万円となっていいます。昔はこういったチューンドカーの取引価格は「二束三文」のケースが多かったものの、最近では諸外国のバイヤーがこぞって購入するため、むしろ「ベース車よりも高くなる」場合が多くなっています。

  • HKS テクニカルファクトリーのコンプリートマシン
  • FSW のレーシングコースでラジアルタイヤ最速のラップタイム1:41.7を記録
  • VR38DETT の排気量は 4.1ℓにスープアップ
  • HKS GT1000 タービンキットを装備し、1063PSを発生
  • ドライブトレインは HKS の強化トランスミッションで対策
  • DCT クーラー、デフクーラーキットを装備し油温対策済
  • VARIS との共同開発による専用デザインのエアロボディ
  • ESTIMATE : ¥ 18,000,000 – 25,000,000
  • 落札価格:流札
  • gt-r2

「日産:スカイラインGT-R(BNR32) HKS ZERO-R」

最近ブルネイにて公開され話題となった「R32(BNR32)GT-R」のコンプリートカーである「ZERO-R」が登場となっています。ブルネイに一台、日本に3台しか存在しない(もともと製造されたのは10台ですが、6台が廃車に)希少車で、かなりな高値をつけるかもしれません。

  • gt-r4

この「1993 HKS ZERO-R」の予想落札価格は1400万円~1900万円となっています。
チューニング内容は下記の通りとなっています。

  • 1993 年に登場した HKS ZERO-R のエボリューションモデルとして HKS テクニカルファクトリーがリメイクしたコンプリートカー
  • RB26DETT の排気量を 2688cc にスープアップ
  • HKS の可変バルブタイミング機構 “V-Cam” を採用
  • 最高出力は 600ps を実現
  • 重量バランスを考慮し燃料タンクをリヤシート部分に移設して2シーター化
  • エアロは空力面まで考え抜かれた ZERO-R の専用設計
  • 300km/h での高速巡行が可能なコンディション
  • HKS TS によるコンプリートカーのリメイク台数は僅かに4台 
  • ロブソンレザーによるスペシャルインテリア
  • 落札価格:1,500万円
  • gt-r5

「NISSAN SKYLINE AUTECH S&S COMPLETE」

こちらのモデルも「R32型:スカイラインGT-R」をオーテックがカスタムした「 NISSAN SKYLINE AUTECH S&S COMPLETE 」です。そして、「R32 GT-R」ベースというよりは、「R32型:スカイライン(4ドア)」をベースにGT-Rスペック(ただしNA)にした、といえるカスタムマシンです。

  • gt-r7

このGT-Rの予想落札価格は180万円~250万円。ほかのGT-Rに比べるとゼロが一個少ない状態ですが、やはり「パワー」が問題なのかもしれません。
この車両の紹介は下記の通り。

  • 日産自動車の特装車部門、オーテックが製作
  • 500 台のみの限定販売
  • BNR32 用の RB26DETT を NA 化して専用チューン
  • 最高出力は 220ps(BNR32 は 280ps)
  • 専用色イエロイッシュグリーンパールメタリック
  • 駆動方式は電子制御トルクスプリット 4WD(アテーサ E-TS)
  • アルミ製ボンネット、専用サスペンション&ホイールを採用
  • 内外装共にレストアを必要とするコンディション
  • S&S エンジニアリングの手で 5 速 MT に換装
  • BNR32 ニスモ用バンパー、V スペック用ホイールを装備
  • 落札価格:流札
gt-r8

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。