【ワイルドスピード9】登場車のノーブルM600のスペック・価格

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード9】登場車のノーブルM600のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【映画ブリット】マックイーン車マスタングGT390の価格・経緯

カーアクション映画の代表作といえる「ワイルドスピード」シリーズ。その次回作となる「ワイルドスピード(Fast and Furious)9」において、「ノーブル・M600 (Noble M600) 」が登場。

ヴィン・ディーゼルが演じるドミニクがスーパーカーをドライブすることは、ほとんどなく1970年代のアメリカンマッスルカーのカスタムマシンがメインでした。

今回、ロンドンの舞台に登場する劇中車の「ノーブル・M600 (Noble M600) 」とどのようなマシンなのでしょうか。


「ノーブル・M600 (Noble M600)」:スペック・価格

イギリスのメーカーであるノーブル社は2000年に2.5リットルV6(314ps)を積む『M12』を発表し、スポーツカーメーカーとして登場しました。2006年には、『M15』を発表し、3.0リットルV6ツインターボ(450ps、63kgm)と向上させたマシンとなっています。そして、同社初のV8搭載車として開発されたのが「M600」です。

「M600」のミッドシップには、ボルボ製の4.4リットルV8をベースに、ツインターボを装着したユニットが搭載。最大出力は450ps、550ps、650psの3種類のチューニングが選択できる仕様。650ps仕様の場合、0-100km/h加速3秒、最高速362km/hという世界最高峰の性能を誇示。ノーブル社は「最大出力は750psまで引き上げることが可能」とコメントしています。

この速さを実現した大きな要因が、車体の軽さで「M600」は、スチールチューブラーシャシーにカーボンファイバー・ボディパネルを組み合わせ、車重は1275kgに抑えられたボディです。足回りには車高調整式サスペンションとアルコン社製ブレーキ、タイヤは前19インチ、後ろ20インチのミシュラン製パイロットスポーツが装着されています。

また、「M600」の最大の特徴は、ESPやABS、トラクションコントロールなど、現在のスーパーカーには当然の電子制御装置が、まったく搭載されていない点。トランスミッションもコンベンショナルな6速MTのみ。

ノーブル社は「M600は、1980年代のフェラーリ『F40』や1990年代のマクラーレン『F1』を、現代流にアレンジしたスーパーカー」とコメントしています。価格は2,700万円~。


「ワイルドスピード9:ノーブル・M600 (Noble M600)」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】フォーチュン仕様のトヨタGRスープラ登場

サーキット仕様のようなスパルタンモデルの「ノーブル・M600 (Noble M600)」が「ワイルドスピード」で登場とのことでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。