【ルーフRCT Evo】新車で発売の964型改モデルのスペック

この記事は2分で読めます

【ルーフRCT Evo】新車で発売の964型改モデルのスペック

あわせて読みたい記事:【ルーフ(RUF)】CTRの軌跡は最高速トライアルから始まった

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ポルシェ911GT3RS

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

「ポルシェ・911」をベースとしたコンプリートカーを製造する「自動車メーカー」、ルーフ(RUF)。現在でもどうしても「ポルシェ」社のチューナーとして捉えられることが多いようですが、実際には政府の認可を受けた自動車メーカーであり、よって製造業社名も「ポルシェ」ではなく「ルーフ」となります。※ポルシェを”チューン”することもある。最近だと外観は空冷時代の911型風、しかし中身はカーボンモノコックシャシーにウィリアムズ製エンジン搭載という「CTR」をリリースしたのが有名なモデルで話題になりました。なお、公式にアナウンスされていないものの、あの(ワイルド・スピード SKY MISSIONで有名になった)ライカン・ハイパースポーツも、そのパッケージングやパーツを見るとルーフCTR3をベースにしている可能性が高いということです。(エンジンはルーフ製だとアナウンスされている)。


「新型RUF RCT Evo」

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】 ブラックバードのモデルの人物の過去と現在

今回、「ルーフ(RUF)」が発表したのが「RCT Evo」という新型モデル。

これは964世代のポルシェ911をベースにしたクルマで、パワーユニットに3.6リッター・フラットシックスを搭載し、1基のターボチャージャーにて過給して最高出力420HP(425PS)を発生させ、トランスミッションは6速マニュアル、駆動輪は後輪のみというスペックです。※詳細は不明だが、中古の964を完全に分解し、新品パーツを組み込んで「新車」として再生したものだと思われる。

ボディは「ナロー」そして画像の「ワイド」が用意され、ワイドボディにはフルカーボン製アウターパネルも選択可能(この画像の個体にはカーボンボディが装着されている)。

そしてこのカーボンボディは、通常のボディよりもエアロダイナミクスが高められるうえ、「センターロックホイール」も付属。ブレーキにはオプションにてカーボンセラミックディスクが選択できる、と紹介されています。センターロックホイールのロックナットも美しく加工されています。

なお、ルーフによると「(964世代の911が発売された)1990年から技術はずいぶん進歩したが、走る楽しみを追求する方法は変わらない」。

「RUF」社によるとポルシェの964型のフィーリングそのままに、「よりパワフルなエンジン、より軽量な車体」によって刺激的な走りを実現しているそうですが、さら「RUF」社によれば「材料はよくなったが、レシピは変わらない」とのことで、つまりは最新の技術をもって、従来のレシピで調理したのがこの新型の「RCT Evo」ということになりそうです。


「ルーフRCT Evoのインテリアデザイン」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

「ルーフRCT Evo」のインテリアに注目すると、アイボリーのレザーに覆われ、シート中央部にはダイヤモンドステッチが施されます。

このあたりは「最新の技術」の恩恵を受けた部分なのかもしれません。ダッシュボード、そしてメーターパネルもアイボリー。メーターパネルはホワイト、メーター指針もホワイトという仕様です。

室内にはロールケージが組まれ、これは「カーボンボディとセンターロックホイールとのパッケージオプション」なのだそうです。


「RUF RCT Evoの新車価格」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・911S改R】希少ナローポルシェ改のスペック・価格

今回、新車として発売されることが発表された「ルーフRCT Evo」の価格ですが、350,000ユーロに設定されています。

日本円で約4430万円ということになりますが、ジンガー・ビークルデザイン製のポルシェ911、そして現在の964の相場、さらに今後964含む空冷ポルシェの価値は今後も上がり続けるであろうこと、なにより「RUFであること」を考慮すると、この価格はバーゲンだと考えていいかもしれません。なお、ボディカラー、インテリアの使用含むオプションは「無限」にあり、つまり自分だけの一台を作ることができるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。