【ポルシェ・911S改R】希少ナローポルシェ改のスペック・価格

この記事は3分で読めます

【ポルシェ・911S改R】希少ナローポルシェ改のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】 ブラックバードのモデルの人物の過去と現在

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

今やコレクターズアイテムとなっているナローポルシェ。その「ポルシェ・911」の「S」のカスタムマシンが現在米自動車売買サイト、「Bring a trailer」において(オークション形式で)販売されており注目されています。それもそのはずで、このカスタムマシンは「ポルシェ・911S」の「R仕様」ともいうべきフルカスタマイズが施されているのです。現在その価格は現在550万円ほどとなっています。


「ポルシェ・911 S(1967-73年モデル)」:概略

911に搭載されるスポーツ性の高いエンジンはつねに進化が図られ、当初の160PSから最終的に190PSまで最高出力が向上しました。Sモデルは優れた装備に加えて、特徴的な5本スポークデザインの“フックス”製ホイールを装着した最初の911です。アメリカ「Car and Drive」誌によると、走行性能は0-60mphが6.5秒、0-100mphが18.2秒であり、最高時速は140mph(約225kmh)と、当時としては驚異的な走行性能を誇りました。1967年には、ルーフをロールバーで補強されたタルガモデルが登場します。米国の国家道路交通安全局であるNHTSAが、米国内において完全にオープンにしたコンバーチブルモデルを規制することが危惧されていたためです。タルガはイタリア語で盾を意味し、シチリアで開催された有名な公道レース”タルガフローリオ”からその名が取られました。


「ポルシェ・911S(1967年)」:スペック

  • 全長:4,163mm
  • 全幅:1,610mm
  • 全高:1,320mm
  • ホイールベース:2,211mm
  • 車両重量:1,030kg
  • 排気量:1,991cc
  • エンジン形式:空冷水平対向6気筒SOHC
  • 最高出力:160HP / 6,600rpm
  • 最大トルク:18.2kgm / 5,200rpm
  • 最高速:225km/h

「ポルシェ・911S改R」:スペック

この「ポルシェ・911S」は、フルカスタマイズのレーシング仕様となっており、それゆえにポルシェ・911S改R」といえるマシンとなっており、価値は1000万円オーバーともいえる仕上げとなっているようです。

このカスタムマシンは、多くのパーツが置き換えられ、オリジナルとは大きく異なる仕様を持ちますが、この状態で「ポルシェ」社のクラシック部門による証明書付きとなり、その完成度や程度の良さは価値あるものとなっています。

なお、前オーナーはこの「ポルシェ・911S改R」において、20年近くもレースに参戦してきた、とのことです。もとは別のイエローだったようですが、前オーナーはこれを「シグナルイエロー」に再ペイントしています。

フロントセクションで注目できるのはフロントバンパーが交換され、給油口はフロントフード中央に(燃料タンクはレーススペック)変更。ボンネットは「ボンピン」仕様となりドライビングランプが追加されています。

カラーリングとしては、フロントフードからルーフ、エンジンフードにブラックのラインが入り、リアバンパーのセンターもブラックになっています。

リアセクションでは、エンジンフードがクイックリリース仕様となり、エキゾーストシステムも交換されているようです。

足回りにおいてはホイールから覗くブレーキキャリパーが「イエロー」で、全体的にかなり統一感のある仕上がりです。

テールランプは「ポルシェ・911R」スタイルに変更されています。

ドアノブには軽量化のためにホールが穿たれていますが、その処理も美しく、まるで「ファクトリーレベル」の仕上がりです。

リアウインドウは軽量品に交換され、ストラップにて固定されています。このストラップにも軽量化がほどこされています。

サイドには「PORSCHE」文字の入ったストライプ。タイヤにはイエローのレターが入ります。ホイールはフックス製だと思われますが、一般的な「シルバーとマットブラック」のコンビではなく、ポリッシュ仕上げ。

そして、このカスタムマシンの拘りともいえるエンジンフード上のアクリルカバー。
ジンガー・ビークル・デザインっぽい円形の穴が設けられたデザインで、内側にはメッシュがインサートされています。

インテリアは、軽量化とともにサーキット走行用の装備がいくつか追加されているようです。シートはフルバケット、シフトノブはポルシェの定番「カリンとバルサとのコンビ」です。

ステアリングホイールは定番のMOMO製。室内には消火システムやロールケージが組み込まれ、本格的にレースに参加していたことがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。