【スターレット ワークス】KP47トムス137E搭載:スペック

この記事は2分で読めます

【スターレット ワークス】KP47トムス137E搭載:スペック

あわせて読みたい記事:【トヨタ スポーツ800 GRコンセプト】ヨタハチのレース車両

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ32】世界記録のボンネビル最高速仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン GTS-R】ETC仕様のレストア完了する

当時のレースで実際に使用され保管されていたエンジンを使用し、現代の技術で当時の姿を復元、復活を果たした「トムス」社の創世記を支えたレーシングマシンとなる「KP47 スターレット」です。エンジン本体は当時のまま、周辺機器は現代のものを使用し、絶版の部品類は「トムス」社にて測定・復元を行っています。エンジンは当時のレース車両に搭載されていた「3K-R」型です。

ベースエンジンとなる「3K」型は、排気量:1,200ccですが、「3K-R(137E)」型は、4mmボアを広げ、1,300ccへと排気量を増加させていました。このエンジンは、当時レギュレーションで年間50機製作し届け出れば認められた、エボリューションモデルとなるエンジンです。

この「トヨタ自動車」の「3K-R(137E)」型エンジンは、「トヨタ自動車」がレース用で「3K」型エンジンをベースに「ヤマハ発動機」が開発したDOHC16バルブシリンダーヘッドを搭載しています。

またプランジャーポンプ式インジェクションやスライド式4連独立スロットルバルブを装備していたことも注目できるポイントです。このスペシャルパーツである、DOHCヘッドや320度ハイカムなどのチューニングが施されて、車両情報によると最高出力は1万1,000rpmで299psを発生するポテンシャルを備えています。もともとOHVのエンジンですから豹変ぶりが凄いです。

またエンジン以外はボディをはじめほとんどが新たに製作されたもので3次元測定器など最新技術を駆使して、ワークスフェンダーなど廃盤になっている外装パーツも作り直されているということです。

そして、アドヴォックス製サスペンション、エンドレス製ブレーキキャリパー&ローター、ブリッド製バケットシートなどの最新アフターパーツも装着しているだけでなく、懐かしの井桁ホイールも、当時モノではなく新たにワンオフで削り出したスペシャルパーツです。

さらに、Defi製追加メーターなど必要最低限なモノだけが装着されたレーシーなコックピットとリヤハッチの中には燃料タンクとフューエルポンプ、コレクタータンクが搭載されています。


「スターレット(KP47)トムス・レーシング」:スペック

  • 形式:3K-R(137E)型
  • カムシャフトの位置及びバルブ数:DOHC 16バルブ
  • ボア×ストローク:79.0×66.0 mm
  • 排気量:1,293cc
  • オイル循環方式:ドライサンプ
  • 燃料供給方式:プランジャーポンプ式インジェクション(日本電装製)
  • スロットバルブ:4連独立スライド方式
  • エキゾーストシステム:専用エキマニ、専用マフラー
  • 最高出力:220 kw ( 299.1 ps ) / 11,000 rpm
  • 最大トルク:14.0 kg ( 137.3 Nm ) / 7,000 rpm
  • エクステリア:ワークスフェンダー
  • インテリア:BRIDE(ブリッド)製VIOSⅢ、Defi製追加メーター
  • サスペンションシステム:TOM’S Advox(トムス アドヴォックス)
  • ブレーキシステム:ENDLESS(エンドレス)特注品
  • ホイール・タイヤ:特注ホイール・195-550R13

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。