「氷室京介」 「ヒムロック」は「死ぬまで終わんねぇぞ!」

この記事は2分で読めます

「キング・オブ・ロック」と呼ばれるロック界のカリスマ「ヒムロック」こと「氷室京介」さんが、1988年4月5日の「LAST GIGS」を彷彿とさせる東京ドームでのラストステージ「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」で、35年のライブ活動に区切りをつけ、無期限のライブ活動休止に入りました。

Boφwy_1984

(photo:wikipedia)

  • 「幕開け」

5月23日の東京ドームは、超満員の5万5,000人以上の熱気とともにBOΦWY時代の名曲「DREAMIN’」で幕開けし、トリプルアンコールまで全35曲を熱唱されました。

アンコールの際に「東京ドームは大好きな場所。区切り区切りでやらせてもらったけど、今日のドームは最高だね!リベンジライブをやると言ってから1年半以上経っちゃって、待たせてしまって申し訳なかったけど、気持ちの整理が付きました。35年間ホントに感謝します。ありがとう。」とファンへの感謝を伝えました。

スポンサーリンク

[ad#rakuten-boowy1]

 

  • 「リベンジ」

思い起こすと2014年7月の横浜スタジアムでのライブ中断の際に「氷室京介を卒業する。」と宣言があったときには、衝撃でしたからね。ライブツアーのリベンジを果たしてくださって「ヒムロック」もファンの区切りとしてのケジメがついたと思います。トリプルアンコールで「B・BLUE」を歌い上げて「サンキュー、東京ドーム!」の言葉を最後にラストステージに幕を下ろされました。

  • 最終公演の「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」では、次の35曲を披露してくださいました。

01:DREAMIN’ 02:RUNAWAY TRAIN 03:BLUE VACATION 04:TO THE HIGHWAY 05:BABY ACTION

06:ROUGE OF GRAY 07:WELCOME TO THE TWILIGHT 08:MISS MYSTERY LADY 09:”16″ 10:IF YOU WANT

11:LOVER’S DAY 12:CLOUDY HEART 13:LOVE & GAME 14:PARACHUTE 15:BANG THE BEAT

16:WARRIORS 17:NATIVE STRANGER 18:ONLY YOU 19:RENDEZ-VOUS 20:BEAT SWEET

21:PLASTIC BOMB 22:WILD AT NIGHT 23:WILD ROMANCE 24:ANGEL

  • 「アンコール」

25:The Sun Also Rises 26:魂を抱いてくれ 27:IN THE NUDE ~Even not in the mood~ 28:JEALOUSYを眠らせて 29:NO! NEW YORK

  • 「Wアンコール」

30:VIRGIN BEAT 31:KISS ME 32:ROXY 33:SUMMER GAME

  • 「トリプルアンコール」

34:SEX & CRASH & ROCK’N’ROLL 35:B・BLUE

ラストステージまでカッコ良くロックンロールで締めくくってくださっていますね。「フォークバンドじゃねぇんだから、ジメジメしてねぇ!」というフレーズや「夢を見てるヤツに贈るぜ!」の「ヒムロック」のロックなセリフを思い出しますね。

BOΦWY時代のライブ映像などは、今見てもカッコいいし、パワーをもらえますよね。

「氷室京介」さんお疲れさまでした。そして、「死ぬまで終わんねぇぞ!」の言葉を信じて、いつの日か再びライブでロックしてくださる日を待ちたいと思います。  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。