【アレスデザイン・フェラーリ250GTO】新モデルが正式に発売

この記事は2分で読めます

【アレスデザイン・フェラーリ250GTO】新モデルが正式に発売

あわせて読みたい記事:【フェリスはある朝突然に】劇中のフェラーリのスペックヒストリー

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】劇中車両の高額車両ランキングの公開

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

「フェラーリ」社で最も希少価値の高い車が1962年から1964年に39台だけ生産された「フェラーリ・250GTO」です。「フェラーリ・250GTO」は自動車界の「聖杯」と呼ばれ毎年価値が上昇し最高で76億円で落札されました。今では50億円以下で手に入れるのは不可能でイタリアの裁判所も「フェラーリ・250GTO」をただの自動車では無く芸術作品と自動車で初めて複製できない芸術作品として認定しました。「フェラーリ社」は「デ・トマソ・パンテーラ」のオマージュモデルなどを作った「アレスデザイン」社とアメリカフェラーリ・250GTO」の知的財産権について裁判で争っていました。
q24eqw24242432432423.jpg

「アレスデザイン」社は1964年から「フェラーリ・250GTO」のデザインが使用されていなかったので2007年にEUIPOに商標を申請。当然のことながら「フェラーリ」社は勝手になにしてんだと抗議した事が発端で裁判になります。訴訟の内容は「フェラーリ」社が2008年から使っていないのに嫌がらせ行為を行い、第三者が同様に製造されたスポーツカーを製造および販売するのを防ぐために250GTOの商標登録をしたとして「アレスデザイン」社が訴えていました。企業がEUIPOでの商標権を保持するには、積極的に商標を使用する必要がありますが「フェラーリ」社は「フェラーリ・250GTO」のオマージュモデルなど「250GTO」と言う名称を一切使っていないので裁判では「フェラーリ」社に「250GTO」の所有権利は無いと判決が下りました。これにより「アレスデザイン」社が「フェラーリ・250GTO」のオマージュモデルを作ったり、「フェラーリ・250GTO」と全く同じボディのキットカーを販売したりと合法的に「フェラーリ・250GTO」の知的財産権を使用出来る様になります。

あわせて読みたい記事:【フォードVSフェラーリ】劇中車両コブラ427のスペック・価格

INEOS2b.jpg今回と同じ様な事例で「INEOS Automotive」社が「ランドローバー・ディフェンダー」とデザインそっくりな「INEOS Grenadier」を発表しています。また、アメリカでは「シェルビー」社が正式に許可を与え「スーパーパフォーマンス」社が「シェルビー・デイトナ」のレプリカを作ったりしている事例もありました。

あわせて読みたい記事:【コンテンポラリー・コブラ】名車を忠実に再現したレプリカモデル
97801@oj@m@ (6)「アレスデザイン」社は、「フェラーリ・812スーパーファスト」をドナーカーとして利用した「フェラーリ・250GTO」のトリビュートモデルの発売も計画しており、今回の裁判結果により合法的に発売出来るようになります。「アレスデザイン」社は他にも「ランボルギーニ・ウラカン」をベースに「デ・トマソ・パンテーラ」を復活させたモデルも作っていましたが、「アポロIE」を作った「アポロオートモーティブ」社が「デ・トマソ」社の権利を買い取ったりして「パンテーラ」の名前が使用出来なくなって「パンサー」と言う名前になってたりしました。一応、「フェラーリ・250GTO」の自動車以外のおもちゃなどの権利はフェラーリ側にあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。