【コンテンポラリー・コブラ】名車を忠実に再現したレプリカモデル

この記事は2分で読めます

【コンテンポラリー・コブラ】名車を忠実に再現したレプリカモデル

あわせて読みたい記事:【シェルビー GT500】 遂にハイパフォーマンスモデルが公開

あわせて読みたい記事:【フォード・シェルビーGR-1】64デイトナ・クーペがモチーフ

あわせて読みたい記事:【シェルビー・シリーズ2ロードスター】 年間生産4台限定モデル

アメリカンマッスルのキングといわれる名車が1960年代に「キャロル・シェルビー」氏がイギリスの「ACカーズ」社とコラボレーションして生み出されたスポーツカー「シェルビー・コブラ」。正真正銘のオリジナルモデルの「シェルビー・コブラ」は現存する台数はきわめて少なく、1990年代でさえ流通価格は2億円をオーバーしており、簡単に入手できる状況にはありませんでした。そのために1980年代の初めごろからアメリカを中心に世界中のコブラ愛好家の間で再生産メーカーが盛んに誕生しました。「リプロダクション・コブラ」と呼ばれる、いわゆるレプリカモデルです。実は現在でも、こうしたメーカーは世界に20社ほどあるというからその人気の凄さ、アメリカンマッスルのキングとされていることを知ることができます。


「コンテンポラリー・クラシック・モーター・カンパニー社:コブラ」

今回、紹介するレプリカモデルは、「コンテンポラリー・クラシック・モーター・カンパニー」社が製作した、きわめて忠実な「シェルビー・コブラ427」のレプリカです。4インチ径の鋼管を使用したメインフレームに「ジャガーXK」から流用された4輪独立サスペンションシステムが組み込まれています。

しかし、サスペンションを構成するアームの大半は、「コンテンポラリー・クラシック・モーター・カンパニー」社が開発したアルミ製のオリジナルパーツということです。


「フォード製エンジン」

パワーユニットとなるエンジンは、「リプロダクション・コブラ」の定番エンジンとされる「427キュービックインチ(6,977cc)・フォード製V型8気筒 OHV」エンジンです。

細かい仕様は同じ、「コンテンポラリー・クラシック・モーター・カンパニー」社製の「コブラ」でも異なるようですが、一般的にはホーリー製キャブレター仕様の燃料供給システムとなっておりインジェクションシステムではないようです。アメリカンV8サウンドや豪快さ振動など忠実に「コブラ」を再現しているものの、乗り心地の素晴らしさと卓越した操作性は優れているということです。クラッチペダルの踏力は、その過激なパフォーマンスから予想できないほど軽く、長時間の走行でも疲れは最小限に抑えられるセッティングとなっているようです。


「コンテンポラリー・コブラ 427(コンテンポラリー・クラシック・モーター・カンパニー社:1993年)」:スペック

  • 全長 × 全幅:3,980mm × 1,720mm
  • ホイールベース:2,280mm
  • エンジン種類:フォード製90度V型8気筒 OHV
  • 排気量:6,977cc
  • 最高出力:約380ps
  • 燃料供給装置:ホーリー製キャブレター
  • トランスミッション:4速MT
  • タイヤサイズ(F/R):前225/60R15・後245/60R15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。