【ハコスカ バン】 RB26DETT載せ替えロッキーオート仕様

この記事は2分で読めます

【ハコスカ バン】 RB26DETT載せ替えロッキーオート仕様

あわせて読みたい記事:【ハコスカ・スターロード仕様】サーフィンラインを残し美カスタム

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】ジャパンプレミアム選ばれし9台の価格

あわせて読みたい記事:【RISING Z(ライジング)】S30Zゼロヨン仕様スペック

国産旧車の中でも王道といえるのが「日産・スカイライン(ハコスカ・ケンメリ)」シリーズにおける「GT-R仕様」のカスタムでしょう。まずはエンブレム変更に始まり、グリルの変更やオリジナルのサーフィンライン(リアフェンダー)のカットにオーバーフェンダーの装着、クリアガラスの変更といった感じにカスタマイズされている個体が多いのではないでしょうか。もちろんベースモデルはレースモデルのレプリカですから2HTや4ドアモデルかもしれません。しかし、旧車の専門店「ロッキーオート(LockyAuto)」社が手掛け販売している個体は、興味深いといえます。ベースモデルを超希少なモデルといえる、「スカイラインバン(ハコスカバン)」なのです。この個体をベースにRカット(サーフィンラインのカット)を施し、エンジンを載せ替えてのカスタマイズを行っているのです。

リアから見ると、バンタイプゆえに全長が長く見えます。またバンタイプなのでテールがワンテールとなっており、シンプルなデザインです。バンパー下部から覗く極太なマフラーエンドが、このマシンがただものではないことを物語っています。

この個体のボンネットに収まっているエンジンは、赤ヘッドの「RB26DETT」エンジンへと載せ替えられているのです。なんとも見事に違和感なく収まっています。ちなみにフェンダーミラーも角タイプから「GT-R(PGC10・4ドアハコスカR)」タイプのものに交換されているようです。フロントバンパーにはオイルクーラーが装着されています。

インテリアのメーターパネルに目を向けると追加メーターの中にブーストメーターが装着されており、このマシンがターボエンジンを搭載していることを意識させます。

シートもフラットなシートからブリッド製のバケットシートに変更されてホールド性を向上させています。


「ハコスカバン改RB26DETTロッキーオート仕様」:スペック・価格

  • 型式:GC10改
  • 年式:1972年式
  • エンジン型式:RB26DETT(排気量:2,600cc)
  • エンジンカスタム内容:直列6気筒 DOHC ICツインターボ、オイルクーラー、マフラー…etc、フル公認。
  • 価格:498万円

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。