【君の名は。】 興行収入:1位の大記録! 大ヒットの理由は?

この記事は2分で読めます

【君の名は。】 興行収入:1位の大記録! 大ヒットの理由は?

あわせて読みたい記事:【君の名は。】映画で大注目のヒロインの声:上白石萌音 詳細は?

あわせて読みたい記事:【ホットロード】 映画に登場する旧車がバイクファンを唸らせる!

あわせて読みたい記事:【ワンピース】 登場する場所の元ネタって実際にあるの? まとめ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

土日2日間(8月27~28日)の全国映画動員ランキングが29日に興行通信社より発表され、国内外で注目を集める新海誠監督の最新作『君の名は。』が初登場ナンバーワンとなったようです。

新海作品としては史上最大規模の301スクリーンで公開された同作は、動員68万8,000人、興行収入は、なんと「9億3,000万円」を記録しました。26日金曜日の初日を合わせた3日間では、動員95万9,834人、興収12億7,795万8,800円と早くも興収10億円を突破する大ヒットスタートを切った。客層の男女比は64対36で男性層が多め。鑑賞動機としては、「新海誠作品だから」「映像の美しさに期待して」に次いで、「RADWIMPSが音楽を担当しているから」がランクインしています。ということでヒットの理由というのは、「新海誠作品」というのが、1番多いようですね。

こうしたことから配給元では「興収60億円も狙える」としているようです。

また、ランキングでは、黒川博行の小説「後妻業」を大竹しのぶ、豊川悦司共演で映画化した『後妻業の女』が4位に初登場しています。動員18万2,555人、興収は「2億1,496万5,500円」を記録しました。50代以上の年配層中心の興行となっており、特に関西方面ではご当地映画として幅広い層から支持を集めているということです。

ニューヨークを舞台に活躍するカメの忍者4人組を描いたシリーズ第2弾『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』は10位で動員10万7,483人、興収「1億6,240万1,700円」という成績になったています。また『ルドルフとイッパイアッテナ』は11位でベストテン圏外に落ちたが、累計動員102万5,605人、累計興収「12億2,153万7,800円」と動員100万人を突破しています。

そして、3位の『シン・ゴジラ』は5週目にして好調をキープし、累計動員363万7,748人、累計興収「53億201万4,700」円を記録し絶好調です。また、公開6週目の『ONE PIECE FILM GOLD』も累計動員358万2,115人、累計興収「47億7,885万6,000円」で興収50億円突破は確実となっています。そして2位の『ペット』は累計動員257万4,961人、累計興収「31億4,593万8,300円」となり、公開3週目にして興収30億円を突破した様子です。

今週末は『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』『KARATE KILL/カラテ・キル』『みつばちマーヤの大冒険』『黒子のバスケ ウインターカップ総集編 ~影と光~』などが公開予定となっているようです。

  • laughy.jp 2
  • (出典:laughy.jp)

【2016年8月27~28日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『君の名は。』:1週目
2(1)『ペット』:3週目
3(2)『シン・ゴジラ』:5週目
4(初)『後妻業の女』:1週目
5(3)『青空エール』:2週目
6(5)『ファインディング・ドリー』:7週目
7(4)『ゴーストバスターズ』:2週目
8(6)『ジャングル・ブック』:3週目
9(7)『ONE PIECE FILM GOLD』:6週目
10(初)『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』:1週目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。