【ル・マン】ポルシェ911RSRのGT出走は伝説のカラーを復刻

この記事は2分で読めます

【ル・マン】ポルシェ911RSRのGT出走は伝説のカラーを復刻

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

あわせて読みたい記事:【シュパン・ポルシェ962CR】悲運な生産6台のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【BMW・M1 PROCAR】 グループ5仕様のスペックと軌跡

 

モータースポーツ界において常にトップチームとして活躍する「ポルシェ」社は「ポルシェ・919ハイブリッド」にて戦っていたル・マン24時間耐久レースのトップカテゴリー、「LMP1」からの撤退を表明しましたが、2018年はまだその下位の「GT」クラスに出場するようで、その参戦車両となる、「ポルシェ・911RSR」を公開しました。一台は1971年に走行した「ポルシェ・917/20」の「ピンク・ピッグ」と呼ばれるモデルで、もう一台は「ポルシェ・956」や「ポルシェ・962」、「ポルシェ・956」に採用されたロスマンズ・カラーとなっており、いずれも「ポルシェ」社のレーシングヒストリーを代表するカラーリングということで注目されそうです。やはりロスマンズカラーというと思い出すのは「ポルシェ・962」ですが、パリ・ダカール・ラリーを走った「ポルシェ・959」も有名なので思い起こす方も多いでしょう。その際には「サポートカー」として「ポルシェ」社がチューンした「メルセデス・ベンツGクラス(ロスマンズカラー)」も同行したことも知られています。

  • porsche-911-rsr-liveries-09

なお、現行の「ポルシェ・911RSR」はリアエンジンではなく「ミドシップ」となっています。これによって車体後半の設計自由度が増したとされており(もちろん運動性能も向上)、とくにリアディフューザー大型化によるダウンフォース向上が大きい、とされています(リアエンジンだとこのサイズのディフューザーはエンジンと干渉して取り付けできない)。

  • porsche-911-rsr-liveries-07

そして、下記は伝説のグループCカーの「ポルシェ・956C」です。カラーリングの「ロスマンズ」というのは、「タバコ」「ビール」の製造を行っていたメーカー(イギリス)で、1999年に「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ」に併合されたことで消滅しています。※そのためか、今回の「ポルシェ・911RSR」にはロスマンズ(Rothmans)のロゴが入っていないようです。

「ポルシェ・911RSR(ピンク・ピッグ)」

そして、もう一台のマシン、「ポルシェ・917/20」同様のカラーリングが施された「ピンク・ピッグ」カラーを身にまとう「ポルシェ・911RSR」です。

  • porsche-911-rsr-liveries-01

1971年以降、このカラーで「ポルシェ」社がレーシングカーを走らせたことは無いかもしれません。当時の「シェル」だったスポンサーは「エッソ」「モービル1」へと変更されています。

  • porsche-911-rsr-liveries-12

そしてこちらが1971年のル・マン24時間耐久レースに参戦した「ポルシェ・917/20(ピンクピッグ)」モデルです。

実に「ポルシェ・917」というとル・マン24時間耐久レースで大活躍したレーシングカーというイメージがあり、その多くは「ガルフ」やマルティニ」というスポンサーのカラーやロゴを身にまとっています。では、なぜこの「ピンクピッグ」は、そういったスポンサーカラーではないのかということになりますが、これにはストーリーがあるようです。この「ポルシェ・917/20」は「917」と名がつくものの、それまでの「ポルシェ・917」とは異なって「丸っこい」ボディを持っており、いかにも鈍重そうなこのクルマを見たときにスポンサーの「マルティニ」が「この豚みたいなクルマにはマルティニカラーやロゴを用いることはまかりならぬ」と「ポルシェ」社に通達し、例によって皮肉屋の「ポルシェ」社は「ポルシェ・917/20」に「豚」と誰が見てもわかるカラーリングを施してしまったというのが事の真相だとされています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。