【ポルシェ・935 DPⅢ】DPモータースポーツGr5カスタム

この記事は2分で読めます

【ポルシェ・935 DPⅢ】DPモータースポーツGr5カスタム

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】 シルエットフォーミュラで無敵だったマシン

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

あわせて読みたい記事:【シルエットフォーミュラ】火を噴く日産ターボ軍団グループ5仕様

「ポルシェ」社が1976年に発表した国際自動車連盟の「グループ5(シルエットフォーミュラ)」規定に合わせた「ポルシェ・911ターボ」ベースのレーシングモデル「935」は世界的な名車といわれている一台です。それでも1970年代の初頭においては「ポルシェ・917」でマニュファクチュアラーズ選手権を絶対的な強さを見せつけていたものの、5リットルスポーツのカテゴリーが成立しなくなり、アメリカのカナディアン-アメリカン・チャレンジカップに参戦することになりました。しかし、5リットルDOHCではアメリカ製の8リットルOHVエンジンに対抗できなかったために、ターボチャージャーを開発し、そのノウハウをヨーロッパに持ち帰るため「ポルシェ・911ターボ」を商品化し、その「ポルシェ・911ターボ」を元にグループ5のレーシングカー、「ポルシェ・935」を作り出したのです。そのヒストリーを振り返ると1984年にレーシングイベントに登場してから世界中で150勝以上の勝利を収め、さらには20クラスの勝利もしてきたことにあります。それゆえに伝説的な一台ですが、この個体を更にモデファイ&過激カスタムした「935 DPⅢ」が公開されているというのです。

今回、カスタムを施したのは「DPモータースポーツ」社で、同チューナの創設者である「エスハード」氏の息子である「パトリック・ジマーマン」氏によれば、「今回のモデルをドリームカーにすることは非常に光栄なことであり、最高の一台に仕上げました」とコメントしています。エクステリアデザインとしては、シルバーとグレーの中間色のようなデザインにてまとめられ、様々なカーボンファイバ強化材を使用した高級グラスファイバー製ボディキットを装着しています。

リヤには、新しく製造されたステンレススチール製のセンターデュアルタイプのエキゾーストシステムをインストールしています。


「ポルシェ・911(965)ターボ」のエンジンがベース

「ポルシェ・935 DPⅢ」に搭載されるエンジンは、1992年式の「ポルシェ・911(965)ターボ」がベースとなる排気量3.3L 水平対向6気筒ツインターボエンジンをダイヤルアップし、最高出力450hpを発揮します。また、ユニバーサルストラットベアリングと調整可能なストラットブレースにてH&Rによる調節可能なスポーツサスペンションも装備されています。

これにより足元ホイールはフロント9j×18インチ(タイヤ:245/40)、リヤ12.5j×18インチ(タイヤ:335/30)のダイナミックなアルミホイールを装着します。なお、インテリアは非常に上質なブラックとグレーのレザーを採用しています。

ステアリングホイールはスポーツタイプで、クラブスポーツロールオーバーバー、ロリポップタイプのスポーツシートにもブラックとグレーのデザインが施されています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。