【ホンダ・NSX-R】アメリカで高騰のNA1型の現在の価格とは

この記事は3分で読めます

【ホンダ・NSX-R】アメリカで高騰のNA1型の現在の価格とは

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ナニワトモアレ】ワンダーシビックSi改ブラディ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車両のミアのホンダNSX

国産スポーツモデルの中でも高い人気を誇る「ホンダ・NSX」。このモデルをベースにしたハイパフォーマンスグレードとして登場したのがNSXタイプR(Honda NSXType)となります。そして、アメリカ・マイアミの中古車市場の「Speedart Motorsports」で販売されているということで、スペックや価格が注目されています。


「ホンダ:NSX」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホンダNSX、最速ジャガーなどの登場車種

日本の名車の一台として挙げられる「ホンダ:NSX」は、「ホンダ」社の新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させた「New SportsCar X」の略名でデビューしました。初代のキャッチコピーは『our dreams come true』、『緊張ではない、解放するスポーツだ』というものでした。初代モデルは、もともと第2期F1参戦を機に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」との願いから開発された車であり、バブル景気絶頂期の1989年に発表、翌1990年9月14日の販売開始から2006年1月末までの16年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造され、(フルモデルチェンジに相当する内容の改良は幾度となく行われた)2005年12月まで販売がなされました。当時市販自動車として類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用していました。その特殊性から、大工場での産業用ロボットによる流れ作業製作ではなく、エンジン同様、生産は手作業で行っていたゆえに、日本車で唯一のスーパーカーとも評されたモデルです。


「ホンダ・NSX」:スペック

  • 年式:1995年モデル
  • 型式:E-NA1型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,430mm × 1,810mm × 1,170mm
  • ホイールベース:2,530mm
  • トレッド(F/R):1,510mm / 1,530mm
  • 車両重量:1,350kg
  • エンジン型式:C30A
  • エンジン形式:水冷V型6気筒DOHC24バルブ
  • 排気量:2,977cc
  • ボア×ストローク:90.0mm×78.0mm
  • 圧縮比:10.2
  • 最高出力:280ps(206kW)/ 7,300rpm
  • 最大トルク:30.0kg・m(294.2N・m)/ 5,400rpm
  • 駆動方式:MR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):205/50ZR15 / 225/50ZR16

「今回の個体のメンテナンス記録」

あわせて読みたい記事:【NSXアレックスザナルディエディション】限定51台のスペック

1990年~2005年まで製造されたこのモデルですが、今回中古車市場にて販売されている個体は、1992年12月に製造・1993年1月に納車されるも、その後2000年にオーストラリアのオーナーへと販売され、2016年にはマレーシアへと輸出→そして2018年にイギリスへと輸出されることになりました。その後はスーパーカーオーナーの手によって長期間ガレージ保管されること。その都度、必要な点検・メンテナンスは定期的に行われ、消耗品などもほぼ全て新品へと交換されているとのことでコンクールコンディション。


「今回の個体のスペックと価格」

あわせて読みたい記事:【NSX HSCコンセプト】ホンダがNSX後継モデルとして発表

「ホンダ・NSXタイプR」は、従来NSXに比べて軽量化に焦点を当てていて、消音材やアンダーコーティング、パワーステアリング、ステレオシステム、スペアホイール、エアコン、一部の電装機器等は可能な限り排除され、更にはリヤウィンドウのガラスを薄くしたり、バッテリーの小型化、レカロ製カーボンケブラーバケットシートの装着により、車体重量は約120kgも軽量化されています。

なお、先日発表された新型シビック・タイプR”Limited Edition”においても、従来シビック・タイプRに比べてエアコンやダッシュボード遮音材を徹底的に排除することで、欧州市場向けは47kgの軽量化に成功しているものの、それでも「ホンダ・NSXタイプR」の120kgという数字には及びません。

この他の改良ポイントとしては、車両のバッテリートレイ下とラジエーター前に、アルミ製ボディブレースが装着され、より剛性の高いブッシングやスウェイバー、ダンパー、コイルスプリング、サスペンションへと変更されることで、足回りも大幅に引き締められています。ハンドリング性能はスーパースポーツモデルに負けず劣らずでしなやかな走りもするとも説明されています。外観の変更については、従来に比べてEnkei製鍛造ホイールやエアインテーク、Type Rバッジが追加。

パワートレインについては、排気量3.0L C30A型V型6気筒VTECエンジンを搭載し、最高出力280ps/最大トルク294Nmを発揮、トランスミッションは5速MTを搭載します。

今回の個体の「ホンダ・NSXタイプR」の価格帯ですが、約3,050万円からとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。