【GRスープラ改ワイスピ9ジェットブレイク仕様】筑波1分4秒台のレプリカ

この記事は3分で読めます

【GRスープラ改ワイスピ9ジェットブレイク仕様】筑波1分4秒台のレプリカ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・シリーズ】劇中車両の人気車種総合ランキング

あわせて読みたい記事:【千原ジュニア】愛車プリンス・グロリアスーパー6のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【山本美月】結婚を発表した彼女の旧車への思いと真夜中のスーパーカーAE86のスペック

大人気カーアクション映画「ワイルドスピード(Fast and Furious)」シリーズ。映画の初期では、多くの日本国産のスポーツモデルが登場していましたが、その中でも代表的な車がブライアン・オコナ―(故ポール・ウォーカー)がドライブした「トヨタ・スープラ(A80型)」でした。そして、アイコン的な「オレンジ・スープラ」が最新作の「ワイルドスピード9ジェットブレイク」で登場することも明らかになっています。今回は、その最新作の「ワイルドスピード9ジェットブレイク」に登場する「A90型GRスープラ」のレプリカに注目です。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車


「トヨタ・スープラの登場」

あわせて読みたい記事:【A80型スープラ】映画ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

今となっては1990年代の旧車となりましたが、今回の情報では後継モデルとなるトヨタ・新型「GRスープラ(Toyota Supra)」が次回作となる「ワイルドスピード(Fast and Furious)9」において、登場することがわかりました。ちなみにシリーズ1作目でのストーリーとしては、ドラッグレースに負けたブライアン(故ポール・ウォーカー)がドミニク(ヴィン・ディーゼル)に譲るつもりだった「三菱・エクリプス」が爆破されたため、代わりに用意したスクラップ同然だった車が「トヨタ・スープラ」でした。スクラップ時は「2JZ-GE(NA)」エンジンでしたが、ターボチューン化され、ドミニクの工場で修理しさまざまなチューニングパーツを日本から取寄せ、完成させていきます。

完成させた直後に試乗し、ストリートで「フェラーリ・F355GTS」をぶっちぎるパフォーマンスをみせました。実際「ワイルドスピード」の撮影のためにレプリカが5台製作されたといわれています。


「ワイルドスピード9における復活」

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7フォーチュン】ワイルドスピード仕様のスペック

次回作の映画撮影中のところが公開された今回のショット、画像で見てもお分かりの通り、「ワイルドスピード」の1作目にて登場した故ポール・ウォーカー氏演じるブライアン・オコナ―が運転していたオレンジカラーの「80スープラ」がベースになっているようです。足元のホイールはもちろんのこと、もしかすると足回りやマフラー、車内のロールケージ、エンジンなども映画仕様で改造されている可能性があるかもしれません。

なお、映画において登場した「80スープラ」には、2JZ-GEの排気量3.0L 直列6気筒エンジンを搭載し、ホーリー・パフォーマンス・プロダクツのナイトラス・オキサイドが2本装備されていますが、今回の新型でも同様のエンジン且つ同じカスタムで是非とも復活してほしいところです。ちなみにシリーズ1作目の「トヨタ・スープラ(A80型)」のカスタム内容としてはエンジンは直列6気筒DOHC 3,000ccの「2JZ-GE:220馬力」、また映画と同様に、「ホーリー・パフォーマンス・プロダクツ」のナイトラス・オキサイド(Nos)が2本装備されているが、エンジンにはつながっていないということです。劇中車のモデルとなった「スープラ」は、エンジンがシングルターボ(最高出力:700ps仕様)を搭載、NOS.:ナイトロオキサイドシステム 100ps分も装着しています。また上の画像にもある通り、オレンジカラーの新型「スープラ」が複数台準備されていることから、過激な破壊シーン等も公開されるかもしれませんし、本映画の主役として登場することも期待できるかもしれません。


「GRスープラ改ワイルドスピード9ジェットブレイク仕様」:レプリカのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジャスティン・リンがハンの復活を理由語る

「ワイルドスピード9ジェットブレイク」の「GRスープラ・レプリカ」が現れたのは、2020年8月30日に福島県で開催された『Street Wheelers Summer Session 2020』でのことです。「神風ミルキーホワイト」社が展示した「GRスープラ」。実は以前、「谷口信輝」氏のドライブにより、クリアラップが取れない状況ながらも筑波1分4秒台をマークしたポテンシャルの高い「神風GRスープラ」。そのスープラを「ミルキーホワイト代表のまきじゅん(代表:牧野純也氏)」が「ワイルド・スピード ジェットブレイク」に登場する、GRスープラのレプリカ仕様にカスタムしたのです。

カスタムの内容としては、ボディのフルラッピングに注目が集まりますが、ホイールは18インチのボルクレーシングTE37SLをセット。そしてフルラッピングの施工を担当したのは、福島県郡山市のカーラッピングショップである「ラプラスデザイン」社。複雑なボディ形状を持つ「GRスープラ」のラインに沿った緻密な処理が施されています。ブレーキは神風オリジナルのZEKE(ジーク)システム。フロントが8ポットキャリパー(ダストブーツ付き)+380mmローター、リヤが電子サイドブレーキ対応の6ポットキャリパー(ダストブーツ付き)+356mmローター。このZEKEは、鍛造アルミキャリパー、ローター、車種別専用キャリパーブラケット等が全てが含まれたセミオーダータイプのビッグキャリパーキット。もちろんスープラを始めとした電子式パーキングブレーキ装着車にも幅広く対応しており、輸入車まで含めればそのマッチングは1900台以上。サスペンションもオリジナルの神風で、そのフラッグシップとなる別タンク付きの神風Competition for A90 Supra(39万6000円)をインストール。代表の「まきじゅん」氏自らが日本海間瀬サーキットを走り込んでセッティングを詰めたもので、フロント18kg/mm、リヤ20kg/mmというレートのスプリングが採用されている。エンジンはBMS製のエアクリーナーキットやFTP製のサクションキット、ワンオフ仕様のバルブ付きマフラーなどで吸排気環境をブラッシュアップ。そこにECUチューニングを組み合わせることで、エクステリアに相応しいパワースペックを獲得。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。