【特攻の拓のバイク】 カズ(今川一成)のFZR400RRの仕様

この記事は4分で読めます

【特攻の拓のバイク】 カズ(今川一成)のFZR400RRの仕様

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「爆音小僧」の7代目の「今川一成(カズ)」の愛車「ヤマハ・FZR400RR」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「カズ/今川 一成(いまがわ かずなり)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】ミツオのCB400Tホーク2(バブツー)

「爆音小僧」の旗持ち担当の通称「カズ」。小説版「Version29」で初めてフルネームが判明し「今川一成」という名前が明らかに。もちろん聖蘭高校1年D組。眼鏡をかけているのがポイント。同じ旗持ちであるジュンジと仲が良く、集会以外でも彼を単車の後ろに乗せて行動している場面が多い。愛車に対しての誇りは人一倍高いが、喧嘩の実力は今ひとつキャラクター。それでも中学時代は相当「鳴らしていた」らしく、「浅川拓」と相撲をとった時は、ちょっと小突いただけで「浅川拓」を吹っ飛ばしていた。横須賀のローラーに自身の単車を貶された時は、かなわぬながらも「浅川拓」と共に一歩も引かない根性を見せ漢をアピール。どちらかといえば穏健派で、同じFZR乗りという共通点もあり、乱校で「浅川拓」が初めて友達になった相手でもある。不良である事は親には秘密なのか、自宅では周囲の耳を気にしながら爆音メンバーと電話していた事もある。
愛車はカウルレス仕様の「ヤマハ・FZR400RR」でバラチョン仕様。


「爆音小僧(ばくおんこぞう)」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

横浜の暴走族で通称「ムッチャクチャの爆音」と言われている。現在は七代目で、メンバーは聖蘭高校1年D組の生徒だけで構成。先代である六代目の頭は「真嶋秋男(アキオ/アッちゃん)」の兄の「真嶋夏生」で、当時は「榊龍也(朧童幽霊:ロードスペクター)」や「那森須王」もメンバーに擁していたが、「暴走りの特攻:半村誠」の死により解散。その後、「マー坊」と「アキオ」を中心に再結成され、七代目として現在のチームになっています。チームのルールとしてアンパンは厳禁。また、”殺す気の殴り込み”の時には、紫色の襷とハチマキを巻く、という初代からの伝統。背中の看板は「天下無敵」「暴走天使」。主な敵対族は「魍魎」「朧童幽霊」。主な集合場所は「真嶋商会」「D突」「柿の木公園」。


「ヤマハ・FZR400RR(3TJ型)」:概要

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】乾青宗の愛車ヤマハRZ350ナナハンキラー

3代目のFZRは、1989年12月発売。型式は3TJ型(3TJ-1)。デザインを一新してFZR400RRとして登場しています。デルタボックスフレームは新設計になり、エンジンもシリンダの前傾が45度から35度に改められた新設計の物を搭載。ホイールはこれまでの前17/後18インチの異径から、前後17インチに変更。それと相まってタイヤサイズも前110/後140から前120/後160と、太いサイズになっている。外見上の大きな点は、従来型の二灯式から一体化された二灯式プロジェクターランプ化された点。カラーはシルキーホワイト/アップルレッドと、ブラックゴールドの2色。


「FZR400RR-SP(3TJ-2)」:変更点

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】河田ナホヤの愛車ヤマハRZ250のスペック

1990年 1月 クロスミッション、強化クラッチ、水冷式オイルクーラー、減衰力調整式フロントサスペンション、タンク別体式リアサスペンションなどを追加装備したSP(スポーツプロダクションレース)仕様(FZR400RR-SP、3TJ-2)が発売。標準モデルと異なり、シングシートの1名乗車となっている。カラーはシルキーホワイト/ファインレッドのみ。


「FZR400RR-SP(3TJ-6)」:変更点

あわせて読みたい記事:【永野芽郁】愛車と歴代彼氏や交際相手と注目の実写版コスプレ画像

1992年12月 FZR400RR-SPがFCRφ32キャブレターを装備し、ZR仕様タイヤを装備したモデルに変更(3TJ-6)。また、国内メーカーのエンジン出力の自主規制の関係で最大出力が53psになった。これより標準モデルは発売されず、SP仕様のみとなる。カラーはブルーイッシュホワイトカクテル1/ビビッドマゼンタカクテル1のみ。1994年生産終了。


「ヤマハ・FZR400RR(3TJ型)」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:1975/705/1090mm
  • シート高:760mm
  • 車軸距離:1370mm [1365mm]
  • 車体重量:160kg(乾)
  • 燃料消費率:50.0km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:15.0L
  • エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
  • 総排気量:399cc
  • 最高出力:59ps/12000rpm
  • 最高トルク:4.0kg-m/9500rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前120/60R17(55H)/後160/60R17(69H)
  • バッテリー:YTX9-BS
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 CR8EまたはU24ESR-N
  • オイル容量:※ゲージ確認を忘れずに 全容量3.4L/交換時2.3L/フィルター交換時2.6L[全容量3.5L/交換時2.3L/フィルター交換2.6L]
  • スプロケ:前19|リア55/[前19|リア52]
  • チェーン:サイズ428|リンク130/[サイズ428|リンク128]
  • 車体価格:739,000円(税別)/[839,000円(税別)]
  • ※[]内はFZR400RR/SP

「カズ/今川 一成のヤマハFZR400RR」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル

「爆音小僧」の「カズ/今川 一成(いまがわ かずなり)」の愛車はレーサーレプリカの「ヤマハ・FZR400RR」。実は、このマシンは、FZRシリーズにおいては3代目モデルで開発にはレーサーYZRの開発者が担当しているために車体は剛性アップ、エンジンはコンパクト化で軽量されています。市販車初のプロジェクターライトの採用や、FZR750同様サイズのフロントフォークやテールライト、SPモデルはFCRキャブレターが装備されるなど、非常に完成度の高いモデルとして知られています。「カズ」の愛車はフロントカウルレスにマフラーはエンジン下部でカットさrwたバラチョン仕様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。