【アウデイRS6 GTO】90IMSAオマージュモデルのスペック

この記事は3分で読めます

【アウデイRS6 GTO】90IMSAオマージュモデルのスペック

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7シルエットフォーミュラ】 IMSA仕様の軌跡

あわせて読みたい記事:【IMSA 300ZX-GTS-1】Z32レーシングがレストア

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2020年ベストバージョン

世界中のモータースポーツに影響を与えた「アウディ90クワトロ」。そして今回、アウディがかつてIMSA キャメル GT チャンピオンシップを走った「アウディ90クワトロ IMSA GTO」をオマージュしたカスタムマシンの「アウデイRS6 GTO」を公開。「アウディ90クワトロ IMSA GTO」は1989年に登場したレーシングカーですが、今回のRS6 GTOはそのカラーリング、サイドマフラー、ホイールカバー等の特徴を現代風にアレンジしながら再現モデルを公開。


「アウディRS6」:概要

あわせて読みたい記事:【FD3S型RX-7改】 シューティングブレイク仕様のスペック

究極の高性能プレミアムスポーツであり、ブランドの3要素「スポーティ」、「洗練」、「革新」を高いレベルで実現したRSモデル。「RS6アバント」は、卓越した走行性能とAvant(ステーションワゴンタイプ)ならではの高い実用性をあわせ持つ、日常で使えるスポーツカー。最高出力560馬力、最大トルク700Nmを発揮するV8 4L TFSIツインターボエンジンを搭載。8速ティプトロニックトランスミッションを組み合わせ、高性能エンジンやフルタイム4輪駆動クワトロ(quattro)システムなど先進技術を受け継ぎ、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立。従来モデル比100Kgの軽量化により、0-100km/h加速はわずか3.9秒。その一方でJC08モード燃費は10.4km/Lを実現。エクステリアは、LEDエクステリアライトパッケージ(ドアハンドル)/ルーフレール(マットアルミニウム)/リヤスポイラーなどを装備。インテリアでは、デコラティブパネル(アルミニウム/ビューフォートウッドブラック)に、RSスポーツシート/本革仕様(バルコナ)を装備する。セーフティー機能では、ESC(エレクトロニック スタビリゼーション コントロール)/プレセンス、アウディパーキングシステム(リヤビューカメラ付)を採用。


「アウディRS6アバント」:スペック

  • 価格:9万2750ポンド(1298万円)
  • 全長:4939mm(標準A6)
  • 全幅:1886mm(標準A6)
  • 全高:1470mm(標準A6)
  • 最高速度:249km/h(リミッター)
  • 0-100km/h加速:3.6秒
  • 燃費:7.8-8.0km/L
  • CO2排出量:−
  • 乾燥重量:2150kg
  • パワートレイン:V型8気筒3993ccツインターボチャージャー
  • 使用燃料:ガソリン
  • 最高出力:600ps/6000-6250rpm
  • 最大トルク:81.4kg-m/2050-4500rpm
  • ギアボックス:8速オートマティック

「アウディRS6GTOのデザインは研修生」

あわせて読みたい記事:【アレスデザイン・フェラーリ250GTO】新モデルが正式に発売

アウディといえば4WDシステムというほど代名詞ともなった4WDシステム「クワトロ」は1980年にはじめて登場。つまり2020年で40周年。ボディサイドの”40”はそれを表している。このシステムを考案したのはポルシェ一族出身でありながらメルセデス・ベンツ、アウディと渡り歩き、最終的にフォルクスワーゲングループ会長にまで上り詰めたフェルディナント・ピエヒ氏です。そして、この「アウディRS6GTO」をデザインしたのはアウディのマーク・リヒト氏が監修。アウディの公式プログラムに乗っ取り、デザイン部門の監督としてマーク・リヒト氏の監修によってデザインが行われています。ちなみにアウディ、フォルクスワーゲンは研修生や見習いの従業員に「カスタムカー」の製作を行わせることがあり、昨年バージョンだと「TTサファリ」が公開済みです。

なお、この「アウディRS6 GTO」については、実際に製作されているのか公式画像がCGなのかは不明ではあるものの、これまでの例からすると、研修も兼ねて実際に製作されていると考えてよく、しかし発売はまず望めないと考えたほうが良さそうです。ただしディティールとしては非常に魅力的でルーフスポイラー、そしてホイールカバーなど魅力的なパーツが装着されています。

インテリアはアウディRS6をベースとしながらも完全に「レース仕様」として製作されています。カーボン製のフルバケットシート、シュロス製ハーネス、内装全域にわたり張り巡らされたロールケージが目を引く部分です。

そしてこちらがベースとなったアウディ90クワトロ IMSA GTOです。

1989年にデビューし、搭載されるエンジンは2.2リッター5気筒、そしてKKK製のタービンを組み合わせ、最大700馬力を発生したと言われます。トランスミッションは6速マニュアル、そして0-100km/h加速は3.1秒、最高速は310km/hと言われます。戦ったのはわずか13戦、そのうちの7つで勝利を上げた、とのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。